More from: 心

糖質制限は一生ものなのか? → 数年がんばれば、だいぶゆるくできる

質問をいただきました。
MYさま 神奈川県座間市
 
 
 こんにちは、
 YouTubeでの動画を拝見させていただきました。
 ありがとうございます。

 私は、甘い物の過食で一度低血糖症と診断されました。

 過食以外では、朝起きれないとかだるいとかはあまり
 ありません。

 捕食などの栄養療法などは、一生していかなくてはな
らないのでしょうか?

 低血糖症は一生低糖質制限などしなくてはやはり
 だめなのでしょうか?

 ちなみに、わたしは、糖尿病予備群となってしまい
空腹時血糖値は98位なのですが、食後糖質をとると180以上上がってしまう時があります。

 
ダメだとわかっていても、焼き芋を食べたときは300まで上がってしまったときもあります。そこから過食が始まります。やっぱり、一生栄養療法をし続ける&糖質制限でコントロールしていく病気でしょうか?よろしくおねがいいたします。
 

 

___________
 
 
こんにちは橋本翔太です。
 
はい、血糖値の問題は、完治はありません。なので、一生続けていくことになります。
 
ただし、辛いことでも、怖いことでもありません。
 
 
・補食
・糖質制限
 
に加えて、
 
・サプリメント
 
で調整機能をしっかり整えていくと、
数年後には、かなりゆるい実践でも問題がおこらなくなってきます。
 
個人差はありますが、3~5年が目安になります。
 
ただし、この期間は、糖質制限とサプリメントの摂取はしっかり行う必要がありますし、
その後もサプリメントの摂取は必要です。
 
 
 
 
私は現在、ラーメンも普通に食べますし、デザートも食べます。
 
ただし以前と違うのは、血糖値をあげない工夫がしっかり身についていることです。
 
 
●ラーメンを食べる前にアミノ酸やプロテインや、牛乳などを必ずのみ、空腹で食べない。
●食後のデザートは食べるときもあるが、以前の様な、デザートバイキングにはいかない。もしどうしても行きたいのなら、そのあとにジムにいって糖質を燃やす
●甘いものを食べたい時には、運動の前にする
●甘いものを食べたあとに、次の食事の間を開けない(血糖値が下がりすぎる前に食べる)
 
などの工夫は行なっていますし、それがしっかり身についているのでこの実践の苦はありません。
 
今は上記のことは厳しいと感じるかもしれませんが、やっていくうちに、それほど大きな努力ではなくなります。何より、体調が整い、気分もよくなりますから、それがモチベーションにもなります。
 
 
 
空腹で焼き芋などは、今はぜったい避けなければなりません。せめて何か、たんぱく質の食事を前もって食べてください。
 
ほうっておいて、よくなるものではないので、食事とサプリメントは必須です。
取り組んだぶん、体もやがてこたえてくれます。
 
 
このことは、どこかで動画でもご紹介したいと思います。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 
 
 
 
 

フェリチンが私より低いのに姉はパニック症状がない理由は?

ご質問いただきました。

東京都足立区Sさま

 

先月から定期購入させていただいている、Sと申します。

少し質問があってメールさせていただきますm(_ _)m

8月頃からDHCのヘム鉄10mgを服用
10月から橋本さまのヘム鉄を服用

橋本さまのヘム鉄を飲んでから一ヶ月、フェリチンを測っ
てもらいました。フェリチンは43でした。20年近くパニックなので、思ったよりも多くてびっくりしたのですが、サプリの影響で上がったのか、元々ある程度あったのかは不明です。

急激に上がるという事はありえますか?パニックなど全くない、
姉の方が25と低かったので気になっています。

炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上がる可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫でしょうか?
ご意見宜しくお願い致します(>人<;)

 

______

 

こんにちは、橋本翔太です。お返事がすっかり遅くなりました。
今後もお時間いただくことがあるかもしれませんが、私が回答しますので、どうぞお待ちいただけましたら幸いです。
 
早速お答えいたします。
 
 
●サプリの影響で上がったのか、元々ある程度
あったのかは不明です。急激に上がるという事はありえますか?
 
→こちらは、摂取まえのデータがわからないので、なんともお答えできないのですが、
フェリチンの回復には個人差があり、数ヶ月でぐんと回復する方もします。
 
ただし、  80mg/ml 以下の場合、なんらかの不定愁訴がでることがわかっており、
たとえ40でもそれは十分ではないのです。パニックの症状が落ち着いてくるのは80を超えて、
かつ、その状態がしばらく続いた頃になります。
 
 
 
●パニックなど全くない、姉の方が25と低かったので気にな
っています。
 
→フェリチンが低いことで、全ての人がメンタルにでるわけではないんです。
偏頭痛や肩こりに出る人も入れば、お肌の老化がどんどん進む方もいますし、
心疾患に繋がる人もいます。アレルギーになって出てくる人もいます。脅かすわけではありませんが、お姉様も、80を目指された方が、心にも体にもおすすめです。
 
低血糖症も同じで、みなさんがメンタルに出るわけではないんです。
橋本翔太は、低血糖症や栄養欠損の中でも、心に問題が出てしまう人に特化してサポートをしています。

●炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上が
る可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫で
しょうか?

 
 
→ 炎症がおきている場合、数値はもっと高くなります。200を超える方もいます。
血液検査をして、肝臓や腎臓の数値に問題がなければ心配いりません。血液検査の他の数値も一緒に見てください。
 
六錠続けて大丈夫です。80を目指してください。80にたどり着くことが、そしてそれをキープすることが大切です。
 
 
橋本翔太
 
 
 

 



コーダサプリで元気になった。81歳の母にはどうだろう

感想とご質問いただきました。
 
 
Y様
 
橋本様のサプリを続けて、以前に比べてだいぶ元気になりました。
他のサプリも検討中です。
81歳になる母親にもサプリは良いのかどうかと思っています。
大病はしていないものの、今年の夏に体調を崩したのと、足腰が弱り、歩きずらそうです。そのせいで外出が控えめになり、以前より愚痴っぽくなっています。本人はいまさら、とか言って、耳鼻科等からもらった薬を飲んでいます。年のせいもあり、意外に頑固です。まあ、あまり干渉しないようにします。いつもありがとうございます。
 
 __________
橋本回答
 
 
Y様

 
感想ありがとうございます、以前よりだいぶ元気になられたとのことで、こんなに嬉しいことはありません。ご報告ありがとうございます。お母様へのサプリメントですが、無理のない範囲で、少量、つまり1粒ずつからはじめられて、様子をみてください。また、カプセル型のものは、嚥下の力が弱っていると、うまくのみこめない恐れもありますので、注意してください。当方のヘム鉄ジェントルや腸内フローラのタブレットサイズであれば、みなさん慣れているのですが、日本人はカプセル型に馴染みが薄いため、最初はカプセルを大きく感じられるかもしれません。嚥下が難しい時は、カプセルから内容粉を取り出し、粉薬のように飲んできただければ嚥下の心配は無くなります。まずは一粒ずつお試しいただき、2週間ごとに増量しながら、様子を見てためしてみてください。Y様に効果があったと言うことは、お母様にも、嬉しい効果をもたらしてくれます。またご質問お待ちしておりますね。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 

糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。

糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。
 
 
ご質問いただきましたので、ご紹介させてください。
 
 
 
______
 
神奈川県足柄下郡 Y様
 
 
コーダサプリメントのビタミンB郡複合、ヘム鉄ジェントル、心のニュートリショナル亜鉛、心のアミノ酸を定期購入させていただいています。
飲んでいるのは20歳の息子なのですが、便秘になることが増えたので、鉄サプリが原因?かと思いまして一度や
めてみたら、良くなったというのでまた再開しましたが、また便秘気味になるようなのです。

鉄サプリが原因なのか、たまたまなのかよく解らないのですが、鉄サプリで便秘になることはありますか? 又、その場合解消方法はありますでしょうか?

 
乳酸菌はサプリで摂っています。宜しくお願い致します。
 
 
____
 
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。当方のサプリメントのご活用ありがとうございます。
息子さんにご活用いただいているということで、早速お答えしますね。
 
ヘム鉄ジェントルのコーダサプリメントですが、便秘の原因になることはないのですが、
その解消法をご提案いたしますね。
 
 
まず、乳酸菌サプリメントの摂取はぜひ続けていただきたいのですが、その際、コーダサプリメントの「心とメンタルの腸内フローラサプリメント」をを推薦させてください。
 
 
橋本も一般の乳酸菌サプリメントや、栄養療法病院でのの超高額、腸内サプリメントを試してきましたが、それらの市販の乳酸菌サプリメントは効果がよくわからず、また病院処方のサプリメントではとてもではないですが価格的に継続できるものではありませんでした。
 
しっかり効果の出て、続けやすい価格で、かつ日本人の腸に合ったものを作ろうと研究を続けた結果、長野県で特許をとった菌を見つけました。そ子から腸内フローラ活性のサプリメントが誕生します。日本人のための、「心の回復に特化した」、腸内フローラサプリメントです。
 
 
腸内のバランスが整うまでにはある程度時間がかかるのと、サプリメントなどの栄養素の吸収が圧倒的によくなるため、掛け算でサプリメントの効果が上がり、心の回復や無気力やだるさの改善が進みます。
 
 
また、腸内環境とメンタルの関係は特に最近の栄養療法では、取り組むべき項目として必須になってきていますので、腸内フローラサプリメントはとても大切です。
 
 
 
 
さて、肝心の便秘の解消なのですが、油分が足りないと思われます。
日本人は油を避ける傾向にあるのですが、メンタルの活性化においても、油の摂取はとても大切です。脳は油の中に浮いているので、普段からどんな油を摂取するか、がとても大切です。
 
 
1 バターを多めに食べる
2 ココナッツオイル(もしくは亜麻仁油)をコーヒーなどに混ぜて(もしくは直接)食べる
3 調理する際に、オリーブオイルを多めに使用する
 
 
まずはこの3点を試してみましょう。(サラダ油を含め他の油は避けてください)
 
 
 
さらに、上記の油よりも圧倒的に上質で、体の脂肪として蓄積せず、かつメンタルの活性化(脳のエネルギー源に即なります)につながる、直接、ティースプーンで飲みたい油があります。摂取の仕方も含めて、詳しくは以下のビデオ講座で紹介していますので、参考にいただけたら幸いです。
 
 
この油で、その日には便秘が改善します。ただし、分量調整が時に難しく、時にお腹が緩くなりすぎる場合もあるので、その対策もご紹介しています。
 
 
 
 
橋本翔太
 
 
______
 
 
しつこいようですが、心のためのアプローチ、引き寄せの法則から、心理メソッド、スピリチュアル全般や認知療法に到るまで、体と脳の状態が整っていないと、効果が出ません。これは橋本翔太自身が体験済みです。
 
 
いくら、波動をよくしよう、気分よくなるように努力しようとしても、栄養が足りていないと、また血糖値が安定していないと、いくら頭で努力しても体が言うことを聞いてくれないのです。
 
 
生理前の落ち込みをコントールできなかったり、眠気が気合いではどうにもならなかったり、高熱がある時にはネガティヴになるの同じです。願望実現のためのメソッドも、体に栄養が満ちていないと、いくらメンタルや波動のアプローチをしても効果が出ません。波動も自動的に下がります。
 
 
そして、その効果をしっかり体感いただくために、ぜひ、コーダサプリメントを活用してください。
これで本当に脳と心が変わり、心の問題が改善し、人生がよくなっていきます。
 
 
 
 
supply.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

 


夏場は注意!鉄と亜鉛が汗でどんどん排出されるので、注意してください。橋本も汗で流れてしまいました。栄養素なしの運動はうつ、メンタルの悪化につながります

ご質問をいただいたので、ご紹介いたします。

東京都調布市 Mさま

コーダサプリメントを低血糖症の改善の為に服用していますが、大分、症状も安定してきたので、ヘム鉄ジェントルを2袋から1袋への変更を考えています。ただ、具体的にフェリチンの数値を計っていないこと、足の冷えが気になっているので、減らすべきかどうか迷ってもいます。

服用量を減らす目安がありましたら、教えて頂けますと助かります

******
橋本回答(サプリメントの個人的なご質問受付は、定期購入の方のみとさせていただいております)
******

こんにちは、橋本翔太です。
いつもご利用ありがとうございます。
 
一番良いのは、やはりフェリチン(貯蔵鉄。メンタル安定に必須)を計ることなんですね。特に女性は生理で鉄が毎月失われるため、数値で定期的に判断いただくのが一番です。80ng/mlのキープは必須です。
 
加えて、半年程度で症状が安定してきたのであれば、かなり効果が早く出ていますから、その調子もう少し、身体症状が改善されるまで2袋続けられるのはいかがでしょうか。
 
この調子で冷えの症状も含めもっと回復が期待できますから、
秋口の冷えてくるあたりまでを目標に、もう少しだけ、2袋を試されることをオススメします。その頃には、低血糖症やメンタルの症状もさらに回復していると思います。
 
ある程度、しっかり底上げされた、コンディションの良い状態を知っておくと、今後、鉄が足りなくなってきたときに、そろそろ、また追加したほうがいいかな、という目安にもなりますので、可能であれば、もう少し、一月に2袋を摂取してみてください。
 
 
**********
夏場の汗、運動の汗で流れてしまう
*****************
 
特に夏は、汗と共にミネラル、特に鉄分や亜鉛といったメンタルの安定に大切な栄養素が汗と一緒に流れていきます。
 
一般的に、男性でフェリチン(メンタル安定に必須の貯蔵鉄)が少ない方は、女性と比べると少数です。(その代わり、亜鉛などが足りない方が多いです)なぜかというと、男性には生理がなく、貯蔵鉄を定期的に失うことがないから。
 
 
ただし、汗をよくかく、運動をする、方は、男性も女性も要注意なんです。
夏場は誰もが大量の汗をかきますが、このときに、鉄も失われるんです。
 
あるいは、マラソンのような、有酸素運動でも、鉄が流れます。マラソンをする方、特に女性のマラソンランナーは鉄分が圧倒的に不足しがちです。
 
オリンピック含めプロのマラソン選手は、この鉄分を補うことが勝利の鍵になることは、少なくともアメリカでは、常識になっているそうです。
 
実際日本でも、栄養療法の病院に通いながら、コンディションを整えてるランナーは増えています。
 
 
プロの選手でなくとも、汗をかく機会が多いと、鉄は流れます。なので夏場は要注意です。
 
橋本翔太は汗っかきで、しかもジムで運動もしていました。
実はこれらの要因が、鉄不足を引き起こし、心の状態を悪化させました。皮肉ですよね。うつ病や心の病気、不調、不安だとかやる気が出ないとか、これらのメンタルの問題には運動がいい、と闇雲に言われがちですが、まずは栄養状態が整わないと、運動によってかえって悪化します。
 
脳に必要な栄養素が足りないのに、運動のためのエネルギーや汗でさらに体の中の栄養素を流してしまったら、心の安定に必要な脳の栄養素はさらに失われていまいます。
 
 
運動は良いことですが、そのぶん、栄養素が使われるわけですから、見合った分量の栄養素をしっかり吸収しなければなりません。
 
 
夏場は、ただ、日々過ごしているだけで、脳に大切な栄養素、鉄、亜鉛、ビタミンB群が失われます。どうか、夏だからこそ、コーダサプリメントを活用してください。
 
 
 

 

 


【メルマガ限定SALE!】心のアミノ酸 45%OFF

メルマガ読者さま限定のセールです。

以下のアミノ酸をご希望の場合は、以下のメルマガにご登録後、ご購入いただけます。
www.reiki-de-kirei.com/profile/melmaga.html

 

 

【メルマガ限定SALE!】心のアミノ酸 45%OFF

メルマガ読者さん限定のセールのご案内です。
3月19日まで!

心のアミノ酸 240粒 
1袋 10980円 → 45%OFF  5999円 

にて、ご提供いたします。

 

アミノ酸は、心を整えるための脳内神経伝達物質をつくる基本のキであり、肉体面でも、美容や老化防止、免疫改善に注目を集めています。

なにしろ、心の元気には必須です。アミノ酸だけで、不安や無気力、イライラするなどのメンタルの問題が楽になったのを体感する方がいます。低血糖の方であれば、アミノ酸をこまめに摂取していただくことで、血糖値の安定、ひいては心の安定にもつながります。

普段肉や魚をしっかり食べられない人、プロテインだとお腹の調子がわるくなり、たくさん飲めない方ならなおさら必要です。

摂取しすぎるということはないので、

●現在継続されている方は増量を試してみる、
●試したことがない方は、これを機会にのみはじめてみる
●二ヶ月集中で、一日16粒〜32粒(1ヶ月で2袋〜4袋) をしっかり摂取して効果を体感してみる(朝と寝る前など、数回にわけてください)

など、期間限定で、お試しいただくチャンスです。ほとんど半額でのご提供です。気軽に増量、お試しができます。

お一人さま3袋までとさせていただきますが、ご友人やご家族の分までご購入の場合、それ以上お買い求めいただけます。

ご注文はこちらへ 締切3月19日(在庫なくなり次第終了)
shotashop.com/?pid=114925795


上記はメルマガ読者さま限定のセールです。

以下のアミノ酸をご希望の場合は、以下のメルマガに登録後、ご購入いただけます。
www.reiki-de-kirei.com/profile/melmaga.html

アミノ酸で心が元気になる理由はこちらへ。このアミノ酸は、心に必要なアミノ酸をブレンドした総合アミノ酸サプリメントです。
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-03/

 


30万円の検査代/You come first!

臨床心理専攻教育修士/音楽療法家 の橋本翔太です。

******

●You come first!

イギリスから日本にきて、長いこと日本に住んでいる友達がいます。
ご両親がジャマイカからイギリスに渡ったので、2世のイギリス人です。

長いこと友達で、いろんな話をしたり、
時々、英語でわからないことをきいたり、

西洋圏の思想でイマイチわからないことがあると連絡したりと、
何かとコンタクトをとっている友人です。

英語で会話するので、日本にいながら英語力が落ちないようにしてくれる
僕のトレーナーでもあります。

プライベートから仕事のことまで、
いろんな相談にも乗ってもらいます。

そのときに、僕が彼によくいわれてしまうのが、

You come first!

直訳すると、あなたが先にくる。
つまり、自分を第一に考えろ、ということです。

僕もさることながら、僕のサイトやブログ、メルマガ読者さん、そしてクライアントさんは、
自己犠牲の傾向があるんです。

自己犠牲というと大げさに感じるかもしれませんが、つまり自分よりも他人のことを心配し、気をつかってしまう。
自分が疲れていても、家族のために無理してしまう。結果、さらに疲れてしまう。でも頑張ってしまう。

自分が欲しいものは無意識に我慢して、家族や友人、誰かのためなら、与えることができる。
自分は二の次になってしまう。自分を第一に考え行動すると、罪悪感を感じてしまう。

そこには、嫌われたくない、好かれたい、という思いもあり、本気で相手の役に立ちたいという
愛もあり、自分以外の誰かに幸せや喜びを与えることで、生きがいを見出すことができて、
それはとても素敵なことなのですが、行き過ぎると、自分を大切にできなくなってしまう弊害があります。

特に日本人は、自分を第一に考える、という教育をうけません。他人のこと、周囲のことを第一に
考えるように指導されているため、誰もが、多かれ少なかれ、他者を思いやる傾向にあり、
それはとても素晴らしいのですが、いきすぎすと、自分が苦しくなってしまいます。

個人差があるにせよ、あたなは、自分よりも相手を優先しがちな傾向はありませんか?
僕も悪い意味で、自分を後回しにしがちなようで、

そんなとき、
イギリス育ちで、西洋の教育を受けているその友達が、僕によくいうのが、

● You come first! (自分を第一に考えろ、自分を一番重要視しろ)、という言葉なんです。

なので、僕も人間関係で悩んだり、迷ったりしたときは、

I come first. I come first  と唱えます。

自分が第一、自分のことを第一に考えろ、と日本語でいうよりも、
より適切に言葉が響いてくるんですよね。

自分を第一に、というと、わがままな感じがするんですが、
I come first と唱えると、しっくりくる。 自分を優先していいんだ、という感じがよくわかる。

みなさんも、迷ったときは、I come first, を思い出して下さい。
僕もカウンセリングで、彼の言葉を借りて、 You come first! をよくお伝えしています。

*******

●検査代金は30万円でした。

先日、新しく発売した、 心とメンタルの腸内フローラ サプリメントですが、
僕が実際、栄養療法の専門病院で支払った金額の質問がきましたので、おこたえします。

ずばり、30万近くを支払いました…!!!

栄養療法の欠点は、保険がきかないことです。さらに、アメリカの検査機関に空輸で便や血液を送るため、
金額がべらぼうなんです。

そして、先日かいたとおり、30万の検査代をはらっても、診察は15分でおわり、
やるべきことは、結局、腸内フローラのサプリメントを飲み続けること。

僕の腸に問題がなかったわけではなく、それなりに問題が見つかったのですが、
その問題を解決するには、結局、腸内フローラのサプリメントを摂取する、ということだけなんです。

だったら、そんな検査を受ける必要なんてなくて、その代金で、腸内フローラのサプリメントを飲めば
いいんじゃんかよ…… と、正直かなりショックでした。

みなさんには、おなじ道を踏んでほしくありません。
僕を踏み台にして、いち早く元気になってくださ


心の痛みは、誰にも『わかってもらえない』ということが『わかった』

心がつらいとき、

ましてそれが、ちょっとした落ち込みの程度ではなく、

低血糖症や、
うつ病、
パニック症候群、
その他の精神症状を、伴っている場合、

つまり、脳内の神経伝達物資の乱れによって、心の状態がつらく、くるしく、おかしくなっている場合、

精神論や、カウンセリングで、それを解決するのは、どうしても限界があります。
それを身をもって体感したので、

僕は栄養療法、サプリメントの指導をはじめたわけです。
脳が機能してくれないと、いくら心のアプローチをしても、効果はでません。

心理的なアプローチが効果を発揮するのは、ある程度、脳の状態が回復してからです。

実際、うつ病などの臨床現場でも、認知行動療法を行うのは、軽度のうつか、回復期にあたる
人が対象になります。

****

本当につらいときほど、だれかにわかってほしくて、相談したり、話したり、
自分の苦しみをわかってほしいと思うものです。

でも、

悲しいかな、

この苦しみは、想像を絶する苦しみは、ある意味、生き地獄、という状態は、わかってもらえません。
人は、体験したことしか、結局理解できないのです。

まして、心の苦しみは、骨折でギブスをはめているような、外からみえるものではありません。
見た目は普通なので、その不自由さを想像しづらく、何でそんなに苦しいのか、理解してもらえないんです。

相談しても、叱咤激励されてしまう、そんなことくらいで、落ち込んでどうするの、と言われてしまう、
わたしもがんばっているのよ、みんな辛いけど頑張って生きているのよ、と諭されてしまう。

ちがう、そうじゃない、本当に、この苦しみは、もう、どうにもできないんだ、
自分を自分でコントロールできないんだよ。。。

そんな声は、相手には届きません。だって、経験してないし、わからないんです。

家族や、パートナー、身近な人ほど、理解してほしい、わかってほしい、この苦しみを、わかってほしい。

でも、身近な人ほど、やっぱりわかってもらえないんです。わからないんです。
これは仕方ない。
本当に、残酷な現実ですが、仕方ない。

僕がどんなに切実に、出産の痛みを説明されても、陣痛の想像がつかないのと、ある意味一緒です。

ある程度、似たような状況を体験した人のみ、その苦しみを理解できると思います。
けれども、全く同じ苦しみを経験しているわけではないので、やはり近いところで、わかるだけで、

本当の意味でわかってもらうことはできない。

悲しいけど、

わかってもらえない。 ということを、 僕は わかりました。

だから、僕は、体験者として、少しでも、相手の痛みを『わかる』存在として活動していきたいですし、
解決のために、効果のあるものをどんどん紹介していくつもりです。

だって、今苦しいのは、あなたのせいじゃないんだから、あなたが悪いわけではないのだから。
脳が、ちょっとバランスを崩しているだけなのだから。

それでも、心の隅においておかなければならないのは、

心の痛みは、本当の意味で、誰にも『わかってもらえない』ということを、『わかって』おくこと。

それをわかっているだけで、傷つくことは少なくなります。

そして、わかってもらえなくても、必ず回復できます。
大丈夫だから。良くなる日がくる、楽になれる日がくる。

それを忘れないで。

 

 

橋本翔太のメルマガ
www.reiki-de-kirei.com/ml.html

橋本翔太の本
www.reiki-de-kirei.com/profile/book.html

心のためのコーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/

橋本翔太のヒーリングピアノシリーズ
shotashop.com/?tid=8&mode=f1


死にたい、消えたい、自殺。弱いとかワガママとか、精神論だけで語らないでください。

自殺の報道が出ると、必ず生きなきゃだめだ、死ぬなんてワガママだ、という精神論が出てきますが、ストレスなど何らかの理由により脳機能、つまり身体の疾患で思考が正常ではなくなってしまった、という、病気や肉体面の問題が多いにあるという認識が驚くほど不足しているのに悲しくなります

本来生きるようにプログラムされている生き物が、死にたいという思考に長期間囚われている時点で、脳、肉体、ホルモンバランスなど、本人の意思ではどうにもできないダメージを負っているわけで、そこを、無視して周囲が精神論をふりかざすと、ますます追い詰められてしまうという矛盾がでてきます

叱咤激励で元気になれる人は、ある意味まだ、脳や身体にエネルギーが残っている人です。そのエネルギーも枯れ果てた人は、そんなこといわれなくても、頑張れない、死にたいと思ってしまう自分のことが情け無い、苦しいのは誰より本人が葛藤していたりするわけで。

死にたい、とは、よりよく生きたい。の裏構えしです。自分の望むように思うように生きたい。という気持ちが強いから、生きることに前向きで、こうありたい。という想いが強いからこそ、その反動で出てくる気持ちでもあるんです。

それと、精神科のお薬を真っ向から否定する人がいますが、それは割れそうな酷い頭痛の時に、頭痛薬を飲むな、我慢して働けというのと同じです。薬を上手に利用して、気持ちを落ち着けて、日常をまずは取り戻す、普段の自分に近い状態を取り戻すことは、大切なことです。いろんな精神科の先生がいるのは事実です。相性があわない先生のほうが多いと思います。

けれども、かならず、
真面目で、本気で考えてくれるドクターもちゃんといます。薬漬けが問題になるケースもわかりますが、薬に依存せず、上手に活用していく、というスタンスが一番大切。薬漬けか、薬を、飲まないか、という100か0ではなく中庸が大切です。今は心に効く漢方も、保険適用されますし、選択肢はあります。
 
 
短冊切りは包丁、皮をむくのはピーラー、煮込むなら圧力鍋、炒めるならフライパン、手ごねよりフードミキサー、そんな風にいろんな道具を使うと、料理がカンタンになります。片手鍋と包丁一本で料理はできますが、今は色んな道具があるのですから、それを使って楽になるなら、利用したほうがいい。
 

僕自身、実家福島での震災などが重なりどうにもひどい体調で、西洋の治療、薬が必要なのに、それを否定し続けた結果、回復が遅れ、悪化しました。あの時の僕に必要なのは、活用できるものは素直に活用しよう、という謙虚さ。また、心の問題は絶対に心のアプローチでしか解決できない、という狭い価値観のせいで自分の首を絞めてました
 
 
 
西洋のお薬でも、スピリチュアルでも、民間療法でも、何かそれだけでよくなろうとしないで、道具として活用する感覚を忘れないでください。依存して、治してもらおう、ではなく、あなたが自ら活用していく、その感覚が大切だと僕は思います。
 

そのひとつとして、とても有効で、お肌まで綺麗になって風邪もひかなくなって、基礎体力もついて健康になってしかも心が元気になってくる身体のアプローチとして、栄養ボディ療法を特に最近は取り上げています。
supplement.reiki-de-kirei.com/

いろんな方向からのアプローチが大切なんです。いろんな道具を使っていけばいいんです。