More from: ヘム鉄

糖質制限は一生ものなのか? → 数年がんばれば、だいぶゆるくできる

質問をいただきました。
MYさま 神奈川県座間市
 
 
 こんにちは、
 YouTubeでの動画を拝見させていただきました。
 ありがとうございます。

 私は、甘い物の過食で一度低血糖症と診断されました。
 過食以外では、朝起きれないとかだるいとかはあまり
 ありません。

 捕食などの栄養療法などは、一生していかなくてはな
らないのでしょうか?

 低血糖症は一生低糖質制限などしなくてはやはり
 だめなのでしょうか?

 ちなみに、わたしは、糖尿病予備群となってしまい
空腹時血糖値は98位なのですが、食後糖質をとると180以上上がってしまう時があります。
 
ダメだとわかっていても、焼き芋を食べたときは300まで上がってしまったときもあります。そこから過食が始まります。やっぱり、一生栄養療法をし続ける&糖質制限でコントロールしていく病気でしょうか?よろしくおねがいいたします。
 

 

___________
 
 
こんにちは橋本翔太です。
 
はい、血糖値の問題は、完治はありません。なので、一生続けていくことになります。
 
ただし、辛いことでも、怖いことでもありません。
 
 
・補食
・糖質制限
 
に加えて、
 
・サプリメント
 
で調整機能をしっかり整えていくと、
数年後には、かなりゆるい実践でも問題がおこらなくなってきます。
 
個人差はありますが、3~5年が目安になります。
 
ただし、この期間は、糖質制限とサプリメントの摂取はしっかり行う必要がありますし、
その後もサプリメントの摂取は必要です。
 
 
 
 
私は現在、ラーメンも普通に食べますし、デザートも食べます。
 
ただし以前と違うのは、血糖値をあげない工夫がしっかり身についていることです。
 
 
●ラーメンを食べる前にアミノ酸やプロテインや、牛乳などを必ずのみ、空腹で食べない。
●食後のデザートは食べるときもあるが、以前の様な、デザートバイキングにはいかない。もしどうしても行きたいのなら、そのあとにジムにいって糖質を燃やす
●甘いものを食べたい時には、運動の前にする
●甘いものを食べたあとに、次の食事の間を開けない(血糖値が下がりすぎる前に食べる)
 
などの工夫は行なっていますし、それがしっかり身についているのでこの実践の苦はありません。
 
今は上記のことは厳しいと感じるかもしれませんが、やっていくうちに、それほど大きな努力ではなくなります。何より、体調が整い、気分もよくなりますから、それがモチベーションにもなります。
 
 
 
空腹で焼き芋などは、今はぜったい避けなければなりません。せめて何か、たんぱく質の食事を前もって食べてください。
 
ほうっておいて、よくなるものではないので、食事とサプリメントは必須です。
取り組んだぶん、体もやがてこたえてくれます。
 
 
このことは、どこかで動画でもご紹介したいと思います。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 
 
 
 
 


フェリチンが私より低いのに姉はパニック症状がない理由は?

ご質問いただきました。

東京都足立区Sさま

 

先月から定期購入させていただいている、Sと申します。

少し質問があってメールさせていただきますm(_ _)m

8月頃からDHCのヘム鉄10mgを服用
10月から橋本さまのヘム鉄を服用

橋本さまのヘム鉄を飲んでから一ヶ月、フェリチンを測っ
てもらいました。フェリチンは43でした。20年近くパニックなので、思ったよりも多くてびっくりしたのですが、サプリの影響で上がったのか、元々ある程度あったのかは不明です。

急激に上がるという事はありえますか?パニックなど全くない、
姉の方が25と低かったので気になっています。

炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上がる可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫でしょうか?
ご意見宜しくお願い致します(>人<;)

 

______

 

こんにちは、橋本翔太です。お返事がすっかり遅くなりました。
今後もお時間いただくことがあるかもしれませんが、私が回答しますので、どうぞお待ちいただけましたら幸いです。
 
早速お答えいたします。
 
 
●サプリの影響で上がったのか、元々ある程度
あったのかは不明です。急激に上がるという事はありえますか?
 
→こちらは、摂取まえのデータがわからないので、なんともお答えできないのですが、
フェリチンの回復には個人差があり、数ヶ月でぐんと回復する方もします。
 
ただし、  80mg/ml 以下の場合、なんらかの不定愁訴がでることがわかっており、
たとえ40でもそれは十分ではないのです。パニックの症状が落ち着いてくるのは80を超えて、
かつ、その状態がしばらく続いた頃になります。
 
 
 

●パニックなど全くない、姉の方が25と低かったので気にな
っています。
 
→フェリチンが低いことで、全ての人がメンタルにでるわけではないんです。
偏頭痛や肩こりに出る人も入れば、お肌の老化がどんどん進む方もいますし、
心疾患に繋がる人もいます。アレルギーになって出てくる人もいます。脅かすわけではありませんが、お姉様も、80を目指された方が、心にも体にもおすすめです。
 
低血糖症も同じで、みなさんがメンタルに出るわけではないんです。
橋本翔太は、低血糖症や栄養欠損の中でも、心に問題が出てしまう人に特化してサポートをしています。




●炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上が
る可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫で
しょうか?
 
 
→ 炎症がおきている場合、数値はもっと高くなります。200を超える方もいます。
血液検査をして、肝臓や腎臓の数値に問題がなければ心配いりません。血液検査の他の数値も一緒に見てください。
 
六錠続けて大丈夫です。80を目指してください。80にたどり着くことが、そしてそれをキープすることが大切です。
 
 
橋本翔太
 
 
 

 



コーサダプリメントで三ヶ月で劇的に回復!メンタル面が非常に良好に!

コーダサプリメントの感想をいただきました

奈良県生駒市Tさま

お世話になっております。Tと申します。昨年12月より、こちらのサプリメントを定期購入させていただいております。昨年11月の人間ドックで貧血と診断されましたが、今年の2月の血液検査では、劇的に改善していると医師から言われました。鉄剤などは不要、そのサプリメントをずっと続けなさいと言われ非常に嬉しかったです。フェリチンの値は35でした。

私は7年前に低血糖症(無反応性)を診断されましたが、その時のフェリチンの値は9でした。(その時の処方されたサプリメントは高く、続きませんでした)途中で、面倒になり治療を放り出して症状がどんどん悪化し、生きるのも辛い状態になりました。ですので、こちらのサイトで同じ症状が詳しく書いてあるのを読みもう1度、真剣に取り組もうと考えました。現在3月中旬時点で、メンタル面が非常に良好です。色々なことにワクワクできる自分に戻りつつあります。

振り返ってみれば、中学生、高校生頃から低血糖の症状が出ていたと思われますので健康レベルでいうと今が一番良い状態ではないかなと思っています。ですので、この調子でフェリチン80以上の維持が出来ればどのような自分になれるのか、ワクワクしている状態です。これもひとえに橋本翔太さんのご苦労のお陰だと思っております。有難うございます。 

_____

Tさん、感想をありがとうございました。大変嬉しいです。感謝申し上げます。低血糖症、サプリメントの治療は、根気が必要ですよね。病院で処方されるサプリメントは非常に高価なものが多いです。僕も最初は病院のサプリメントを利用していましたが、莫大な費用がかかり、大変でした。それをなんとかしたいと思ったのが、そもそも、コーダサプリメントを作ったきっかけです。厚生省の規約に基づき、栄養療法院内で処方されるものと遜色のないものを、提供しています。

こうやって、Tさんが回復されていることが、何よりの励みになります。みなさんにも伝えたいのですが、まずは、鉄です。フェリチンが80ng/ml以上あるのか、それがメンタル不調があるかどうかの分かれ目です。すでに貧血がある方は、メンタルに不調がでて当然なんです。早い人で、三ヶ月程度で、メンタルと体の不調が楽になります。

心の不調を、トラウマや心理の問題で解決しようとしないことです。薬も役に立ちますが、根本の治療にはならないことが多いのです。根本的に変えるためには、脳の栄養不足を補う必要があります。そのために、サプリメントが必要なんです。橋本自身、患者として、症状に、サプリメントの値段に、続けていく大変さに苦しんで着ました。だから、コーダサプリメントを作り、かつ、この体験をみなさんにお伝えしています。


問題を解決するのに、ここから一歩、進んでいきましょう。

栄養ボディ療法、コーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/

 

 


マルチビタミンは効くのか? 重金属の除去は? カンジダ除菌は? 検査が高いし治療も高い。栄養療法の基本とは。

 
 
 
_____
 
ご質問をいただきました。とても大切な話なので、シェアさせてください。
 
 
大阪府大阪市 T様 30代女性
 
こんにちは。今コーダサプリのアミノ酸を購入して待っているのですが、私は今統合医療内科というところに行っていて検査を20万ぐらいで色々受けたのですがカンジダ除菌や重金属の蓄積のための治療などを勧められています。

ですがその病院は血液検査はあまり重視してなく鉄なども調べなかったりしています。一応マルチビタミンと亜鉛は処方されているのですが、私は自分で色々調べたりして絶対鉄やビタミンB群やタンパク質も不足しているからこんなにしんどいと思ってこちらで購入させてもらいました。

カンジダ除菌や重金属の排出等もお金がけっこうかかる感じなのですが、サプリだけで体調不良が改善するのは難しいと思いますか?>_<  その病院の医師が鉄やタンパク質、ビタミンB等をあまり重要視してる感じや処方しないので不信感があります。今はH社というところのマルチビタミンと亜鉛等を飲んでいるのですがそこまで改善されている感じはありません>_<
 
同じような検査もされた橋本様に1度質問してみたくメールさせていただきました。長々と文章失礼しました。
 
 
 
 
_________
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。ご質問ありがとうございます。一患者として、闘病してきた経験から、お話しますね。
 
 
まず、マルチビタミンなんですが、栄養療法において、特にメンタル面の改善においては、ほぼ、役に立たないと思ってください。コーダサプリメントも、あえてマルチビタミンは作っていません。
 
 
なぜかというと、一粒の中に、複数の栄養素を入れるということは、それだけ、各栄養素の絶対容量が減る、ということです。
 
うつやパニックなどの心の回復や、無気力、不安、イライラ、不眠の改善、さらにやる気アップ、や感情の安定のためには、圧倒的な量のビタミンが必要です。しかも優先順位があります。
 
例えば、ビタミンEやAは、摂取できればそれに越したことはないですが、心の回復の視点で考えると、
 
ビタミンB
ビタミンD
 
に比べるて、優先順位はグン、と下がります。ビタミンB群は心の回復にはダントツの一位です。
 
 
 
加えて、
 
ヘム鉄
亜鉛、
アミノ酸も非常に大切なわけですが、
 
マルチミネラルのサプリメントで考えると、カルシウムなどの、メンタル回復においては、優先順位の低いものが含まれるために、心のための必須のミネラルの絶対量が足りなくなります。アミノ酸も、スポーツに特化したものではなく、心の回復のために、各種アミノ酸を調整したものが、コーダサプリメントです。これは、全て、私の闘病から培ったものです。病院の先生は、患者ではないですし、心の回復の過程をくぐってきた訳ではないので、治療方針に納得ができないことが多々あり、それがコーダサプリメントや栄養ボディ療法の制作へと繋がりました。
 
 
さて、
 
マルチビタミンを、例えば必要なビタミンBが満たされる量まで、大量に摂取できれば問題ないのですが、そうすると、結果的にコストが高くなります。なぜなら、マルチビタミンの方が、制作費がかかるからです。制作費がかかるということは、必須のビタミン量に対して、値段が高くなるということです。 組み合わせられる素材も限られますから、しっかりした質のものが入っているとは限りません。
 
マルチビタミンは、各種ビタミンを揃えるよりも、一本で安く済む気がしますが、結果的に、改善にはほど遠い、薄まった容量を高い値段で摂取することになります。
 
一見手軽で面倒のなさそうなマルチビタミンなんですが、栄養療法の観点からだと、圧倒的に不利なんです。面倒でも、単体のサプリメントを根気強く摂取しないと、時間とお金の無駄になってしまいます。
 
_______
 
さて、重金属とカンジダ菌ですが、こちらも、優先順位としては後半に当たると橋本は考えます。糖質制限と高たんぱく質の食事、そして充分な量のサプリメント、腸内フローラ改善とそのためのサプリメント摂取を続けたあとで、それがしっかり習慣化した後に、体調の様子をみて、必要であれば取り組んでも充分間に合います。食事やサプリメントのおかげで、結果的に重金属が排出され、カンジダ菌も改善した方も多いんです。
 
 
橋本翔太も重金属の除去を経験したことがありますが、結果的には、腸内フローラの改善と、高タンパク、糖質制限、サプリメントの活用で改善していきました。個人差があるので一概には言えませんが、個人的には、何よりも大切なのは、食事と栄養素、腸のバランスを整えることです。
 
 
(ただし、歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメします。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。なお、その保険のきくプラスチック素材だと、セラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(セラミックは保険外治療で6万円〜くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。)
 
 
カンジダ除菌に関しては、どこかで行っても良いと思いますが、それも、サプリメントと糖質制限の後、まずはある程度心が回復してきてからでも良いと思います。カンジダの餌になる、糖質をカットする糖質制限と、腸内フローラの改善で、かなり状態がよくなる人も多く、治ったという人もいるようです。
 
 
栄養療法が広がるにつれて、いろんな意見のドクターが出てきていますが、どう考えても、利益主義のドクターもいるように私には見えてしまいます。ドクター自身が、心の病で苦しんでいるわけではないので、患者の本当の苦しみや、経済面での苦慮についてまで、全く想像ができず、患者さんの不調に漬け込んで、保険外の検査や治療をどんどん勧めてくるドクターがいるのはとても残念です。患者としては、藁をもすがる思いで必死で取り組んでいるのに。
 
 
私の回復の過程から言えることは、とにかく、基本を続けること。
 
 
1糖質制限と高タンパク質の食事
2心の回復に必須のビタミンとミネラルの、しっかりとした量の摂取
3腸内フローラへのアプローチ
 
 
この3点、特に栄養素の摂取ですね、これは最優先、かつ必須事項です。コーダサプリメントで作っているサプリメントは、心の回復のための、最優先ビタミンとミネラルなので、参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
橋本翔太
 
supply.jpg

 


糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。

糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。
 
 
ご質問いただきましたので、ご紹介させてください。
 
 
 
______
 
神奈川県足柄下郡 Y様
 
 
コーダサプリメントのビタミンB郡複合、ヘム鉄ジェントル、心のニュートリショナル亜鉛、心のアミノ酸を定期購入させていただいています。

飲んでいるのは20歳の息子なのですが、便秘になることが増えたので、鉄サプリが原因?かと思いまして一度や
めてみたら、良くなったというのでまた再開しましたが、また便秘気味になるようなのです。

鉄サプリが原因なのか、たまたまなのかよく解らないのですが、鉄サプリで便秘になることはありますか? 又、その場合解消方法はありますでしょうか?
 

乳酸菌はサプリで摂っています。宜しくお願い致します。
 
 
____
 
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。当方のサプリメントのご活用ありがとうございます。
息子さんにご活用いただいているということで、早速お答えしますね。
 
ヘム鉄ジェントルのコーダサプリメントですが、便秘の原因になることはないのですが、
その解消法をご提案いたしますね。
 
 
まず、乳酸菌サプリメントの摂取はぜひ続けていただきたいのですが、その際、コーダサプリメントの「心とメンタルの腸内フローラサプリメント」をを推薦させてください。
 
 
橋本も一般の乳酸菌サプリメントや、栄養療法病院でのの超高額、腸内サプリメントを試してきましたが、それらの市販の乳酸菌サプリメントは効果がよくわからず、また病院処方のサプリメントではとてもではないですが価格的に継続できるものではありませんでした。
 
しっかり効果の出て、続けやすい価格で、かつ日本人の腸に合ったものを作ろうと研究を続けた結果、長野県で特許をとった菌を見つけました。そ子から腸内フローラ活性のサプリメントが誕生します。日本人のための、「心の回復に特化した」、腸内フローラサプリメントです。
 
 
腸内のバランスが整うまでにはある程度時間がかかるのと、サプリメントなどの栄養素の吸収が圧倒的によくなるため、掛け算でサプリメントの効果が上がり、心の回復や無気力やだるさの改善が進みます。
 
 
また、腸内環境とメンタルの関係は特に最近の栄養療法では、取り組むべき項目として必須になってきていますので、腸内フローラサプリメントはとても大切です。
 
 
 
 
さて、肝心の便秘の解消なのですが、油分が足りないと思われます。
日本人は油を避ける傾向にあるのですが、メンタルの活性化においても、油の摂取はとても大切です。脳は油の中に浮いているので、普段からどんな油を摂取するか、がとても大切です。
 
 
1 バターを多めに食べる
2 ココナッツオイル(もしくは亜麻仁油)をコーヒーなどに混ぜて(もしくは直接)食べる
3 調理する際に、オリーブオイルを多めに使用する
 
 
まずはこの3点を試してみましょう。(サラダ油を含め他の油は避けてください)
 
 
 
さらに、上記の油よりも圧倒的に上質で、体の脂肪として蓄積せず、かつメンタルの活性化(脳のエネルギー源に即なります)につながる、直接、ティースプーンで飲みたい油があります。摂取の仕方も含めて、詳しくは以下のビデオ講座で紹介していますので、参考にいただけたら幸いです。
 
 
この油で、その日には便秘が改善します。ただし、分量調整が時に難しく、時にお腹が緩くなりすぎる場合もあるので、その対策もご紹介しています。
 
 
 
 
橋本翔太
 
 
______
 
 
しつこいようですが、心のためのアプローチ、引き寄せの法則から、心理メソッド、スピリチュアル全般や認知療法に到るまで、体と脳の状態が整っていないと、効果が出ません。これは橋本翔太自身が体験済みです。
 
 
いくら、波動をよくしよう、気分よくなるように努力しようとしても、栄養が足りていないと、また血糖値が安定していないと、いくら頭で努力しても体が言うことを聞いてくれないのです。
 
 
生理前の落ち込みをコントールできなかったり、眠気が気合いではどうにもならなかったり、高熱がある時にはネガティヴになるの同じです。願望実現のためのメソッドも、体に栄養が満ちていないと、いくらメンタルや波動のアプローチをしても効果が出ません。波動も自動的に下がります。
 
 
そして、その効果をしっかり体感いただくために、ぜひ、コーダサプリメントを活用してください。
これで本当に脳と心が変わり、心の問題が改善し、人生がよくなっていきます。
 
 
 
 
supply.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

 


夏場は注意!鉄と亜鉛が汗でどんどん排出されるので、注意してください。橋本も汗で流れてしまいました。栄養素なしの運動はうつ、メンタルの悪化につながります

ご質問をいただいたので、ご紹介いたします。

東京都調布市 Mさま

コーダサプリメントを低血糖症の改善の為に服用していますが、大分、症状も安定してきたので、ヘム鉄ジェントルを2袋から1袋への変更を考えています。ただ、具体的にフェリチンの数値を計っていないこと、足の冷えが気になっているので、減らすべきかどうか迷ってもいます。

服用量を減らす目安がありましたら、教えて頂けますと助かります

******
橋本回答(サプリメントの個人的なご質問受付は、定期購入の方のみとさせていただいております)
******

こんにちは、橋本翔太です。
いつもご利用ありがとうございます。
 
一番良いのは、やはりフェリチン(貯蔵鉄。メンタル安定に必須)を計ることなんですね。特に女性は生理で鉄が毎月失われるため、数値で定期的に判断いただくのが一番です。80ng/mlのキープは必須です。
 
加えて、半年程度で症状が安定してきたのであれば、かなり効果が早く出ていますから、その調子もう少し、身体症状が改善されるまで2袋続けられるのはいかがでしょうか。
 
この調子で冷えの症状も含めもっと回復が期待できますから、
秋口の冷えてくるあたりまでを目標に、もう少しだけ、2袋を試されることをオススメします。その頃には、低血糖症やメンタルの症状もさらに回復していると思います。
 
ある程度、しっかり底上げされた、コンディションの良い状態を知っておくと、今後、鉄が足りなくなってきたときに、そろそろ、また追加したほうがいいかな、という目安にもなりますので、可能であれば、もう少し、一月に2袋を摂取してみてください。
 
 
**********
夏場の汗、運動の汗で流れてしまう
*****************
 
特に夏は、汗と共にミネラル、特に鉄分や亜鉛といったメンタルの安定に大切な栄養素が汗と一緒に流れていきます。
 
一般的に、男性でフェリチン(メンタル安定に必須の貯蔵鉄)が少ない方は、女性と比べると少数です。(その代わり、亜鉛などが足りない方が多いです)なぜかというと、男性には生理がなく、貯蔵鉄を定期的に失うことがないから。
 
 
ただし、汗をよくかく、運動をする、方は、男性も女性も要注意なんです。
夏場は誰もが大量の汗をかきますが、このときに、鉄も失われるんです。
 
あるいは、マラソンのような、有酸素運動でも、鉄が流れます。マラソンをする方、特に女性のマラソンランナーは鉄分が圧倒的に不足しがちです。
 
オリンピック含めプロのマラソン選手は、この鉄分を補うことが勝利の鍵になることは、少なくともアメリカでは、常識になっているそうです。
 
実際日本でも、栄養療法の病院に通いながら、コンディションを整えてるランナーは増えています。
 
 
プロの選手でなくとも、汗をかく機会が多いと、鉄は流れます。なので夏場は要注意です。
 
橋本翔太は汗っかきで、しかもジムで運動もしていました。
実はこれらの要因が、鉄不足を引き起こし、心の状態を悪化させました。皮肉ですよね。うつ病や心の病気、不調、不安だとかやる気が出ないとか、これらのメンタルの問題には運動がいい、と闇雲に言われがちですが、まずは栄養状態が整わないと、運動によってかえって悪化します。
 
脳に必要な栄養素が足りないのに、運動のためのエネルギーや汗でさらに体の中の栄養素を流してしまったら、心の安定に必要な脳の栄養素はさらに失われていまいます。
 
 
運動は良いことですが、そのぶん、栄養素が使われるわけですから、見合った分量の栄養素をしっかり吸収しなければなりません。
 
 
夏場は、ただ、日々過ごしているだけで、脳に大切な栄養素、鉄、亜鉛、ビタミンB群が失われます。どうか、夏だからこそ、コーダサプリメントを活用してください。
 
 
 

 

 


シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法、副腎疲労

シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法について、研究のため、改めて自分が診察をうけることにしました。日本と違って何か発見があるかもしれないし。日本にない検査項目とかあるかもしれないし。
 
医療も、日本とちがってガチガチではないところを感じてます。
例えば日本だと、検査結果の数値が、平均値以内だったら、どんなにそれが、平均値の低いところであっても、問題なしにされると僕は感じてました。
 
ルールはルール、という頑なな感じ。
 
もちろんドクターによりますが、こちらはその辺の融通とか相談がしやすいように思います。良くも悪くもゆるいというか、フレンドリー。
62E97E3A-378F-439C-9CAB-A1D673C166A7.jpg

日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

海外ではじめて出会った人と、会話がスタートすると、かなり頻繁に聞かれることがあります。自分が心理カウンセラーや音楽療法をやっているからかもしれませんが、なんで自殺が多いのか、最初の会話でよく聞かれるんです。多くの外国人が日本人に対して抱いているイメージが、極端にいうと、

●ハイテク
●物価が高い
●自殺が多い

の3点なんです。物価が高いのは、もう過去の話で、しばらく日本に旅行に来てない人が言います。ハイテクというのは、ロボットなどの最新の産業をはじめ、モニターフォンや風呂やトイレにいたるまで、ボタンひとつで湯沸かしや、洗浄ができ、あらゆるところに、ボタンがついている、というイメージを持っている人が多いから、だと思います。そこら中にボタンがあるのよ! と日本旅行から帰ってきた友達がいってました。確かに公衆トイレにまでウォシュレットがついているのは日本だけだと思います。

そして3番目。なんで日本人は自殺がおおいのか? これを毎回聞かれます。そして、みんな、ストレスが高いから、ストレス社会だからでしょ? と、という意見を持っています。 日本のイメージ映像として、朝のラッシュの新宿駅の山手線を、係員がぐいぐい人を押し込んでいる。みんな暗い顔で、中にはマスクをして、うつむいている。そんな映像が、ちょっと悪意をかんじるのですが、海外でのイメージとして捉えられています。

もう15年くらい前から、聞かれていた質問で、そのたびに、僕も、ストレスが強いから、社会が成熟して心の問題が増えているから、過去に切腹など自殺を美化する文化があるから、自殺で責任をとる、という風潮があるから。などと回答してきました。きっとそのどれも、一つの要因になっているとは思います。


しかし、多くの友人と接するうちに、一番、影響を与えている因子、それは宗教の強制力だと、確信するようになりました。

日本人は無宗教がほとんどで、なにかのセレモニーのときだけ、主に仏教、もしくは神道を選びます。神社にいけば手を合わせますが、それが【信仰】とよべるかというと、実際はもっと自由で、お参りのときだけ、お願い事をしたり、感謝をのべたりするけれど、強い信仰心だとか、そこまで気にしませんし、あまり重要ではありません。


そして何より、仏教も、神道も、自殺を禁忌としていないんです。そしてヒンドゥー教も。まして仏教なら即身仏、ヒンドゥー教なら焼身自殺が、信仰心の表現や、悟りを開いて涅槃にたどりつくためのひとつの手段になっていたりと(細かい理由はここでカットさせてください)、自殺が信仰のひとつの手段になっている場合もあるくらいです。

一方、イスラム教、キリスト教は、自殺は禁忌です。してはいけないんです。絶対にしてはいけない。


世界の自殺率を国別に見てみると、イスラム教圏の自殺率が非常に低いことに気づきます。なぜでしょうか。なぜなら、禁止されているから。例えばイスラム教圏のドバイ(UAE)はそこに加えて自殺は犯罪です。もしも未遂で生き残ってしまったら、刑務所に入れられます。同じ法律はシンガポールにもあります。シンガポールも、もともとはマレーシアであり、イスラム教の影響が根強いです。

経済発展が成熟した先進国で、心の問題が社会問題になっていくのは、どの国も同じです。しかし例えばアメリカやドイツの自殺率は、日本に比べてぐっと低い。ストレスの強さははかれませんが、それなりにストレス社会のはずです。でも日本のほうが圧倒的に高い。これは、キリスト教の教えが、自殺はしてはいけないという教えが影響していると考えるべきだと思います。もちとん皆がキリスト教徒ではないでしょうが、マジョリティなのは間違いありません。


もちろん、これが全て、方程式のように当てはあるわけではないでしょう。

しかし例えばスリランカ。僕も、去年三週間滞在しましたが、この国は仏教もしくはヒンドゥー教徒がほとんどです。そして、第三国であり、経済発展をとげているものの、自殺率は非常に高く、4から5位です。うらみや、あてつけ、としての自殺が多いそうです。


マレーシアを見ると、もっと興味深いことがわかります。マレーシアの自殺率はとても低いものの、内訳を見てみると、中華系マーレシア人と、インド系マレーシア人が、ほとんどを占め、マレー系マレーシア人、つまり生粋のマレーシア人の自殺率は非常にわずかなんです。しかし、マーレシアではマレー系マレーシア人が人口のメインです。つまり、人口的にはマレー系マレーシア人が圧倒的に多いのに、それでも、自殺する人はほとんどいない。


なぜか。これも、宗教の違いだとしか思えません。マレーシアで生まれたマレー系マレーシア人は、生まれたときからムスリム(イスラム教徒)として育てられます。他にタイでも、県別の自殺率では、最も低いのはイスラム教徒が多い南部パタニー県です。


同じ社会、同じ国ににいて、自殺してしまうか、しないか、はこの宗教が何か、何の信仰をもっているか、が、一番影響をもっているのではと思うんです。もちろん、日照時間の問題だとか、情勢不安だとか、独裁者政府だとか、いろんな要素が絡んでくるのはもちろんですが、


僕たちが見落としがちなのが、この宗教観です。宗教の強制力って、本当に強いです。信仰のもとにあるルールは、神から与えられたルールですから、それは絶対です。僕たちが、鳥居を蹴ったり、仏像を割るとか、そんなことが怖くてできない、バチが当たる。この感覚と近いかもしれません。

日本人は、子供の頃から、他人に迷惑をかけてはいけないと、しっかり教育、あるいは洗脳されているので、うつ病になって自殺を考えて苦しくなっているときでも、電車の中で大音量で音楽を聞くとか、道ですれ違うときに、決っしてゆずらずに、バンバン相手にぶつかるとか、そういうことはしません。(今シンガポールにいますが、そんな人たちが多くてびっくり!)どんなにフラフラでも、社会の中で、自分が他人に迷惑をかけないように、というのは徹底しています。

おじぎだってそう。無意識に、おじぎをしてしまうでしょう? 


こういう、無意識にできてしまうレベルで、自殺のことを子供の頃可から、しかも宗教を通して、禁止されていたら、苦しくても、自殺をしよう、という発想がそもそも、浮かばないんです。

死にたい、という気持ちは、とにかく、楽になりたい。この苦しみが続くくらいなら、早く終わらせたい。そのためには死ぬことしか方法が浮かばない。という状態です。つまり、死ぬことが非常口になる。ここから脱出するために、最後の出口が自殺なんです。


ところが、ムスリムたちには、自殺という選択肢がそもそもない。なので、どんなに苦しくても、神に祈りながら、他の選択肢を模索していくんですね。


今シンガポールでムスリムの友達から、イスラム教のことを、クリスチャンの友達からはキリスト教のことを教えてもらっており、たくさんの気づきをもらっています。


宗教、とかくだけで、日本ではアレルギー反応をおこされ、すぐに、カルト? 変なのに入信するなよ、とか、そういう話になりがちです。イスラム教も、最近のテロのせいで、生粋のイスラム教まで怖がられていたり、キリスト教も、カルトの影響で、抵抗がある人が多いでしょう。実際僕もそうでした。でも、本当のイスラム教やキリスト教を、真摯に取り組んでいる人はとても強いし、芯がある、とここ最近強く思うようになりました。

 

じゃあ、今信仰もなく、特に宗教もない、そして日本人として育った人は、自分はどうしたらいいのかというと、常に本などを読んで、自分の思考が偏らないように意識していくことしかないと思います。その際、イスラム教徒やキリスト教徒の価値観や宗教観にふれていくのも、とても大切で大きな意義があると感じている次第です。

 


信仰や宗教、というと日本で嫌がられるので、これを、マイルドにして、伝えていく方法がないか、考えているところです。


何しろ、今後、海外で、なんで日本人は自殺がおおいの? と言われたら、いろんな要素があるけれど、宗教観は大きい。と答えます。

一方、メンタル部分ではなく、身体面が原因で、自殺へとコミットしてしまうこともわかっています。すべて精神論や心の問題で語れるわけではないのです。

身体の機能、つまり脳機能やホルモンバランスが崩れるだけでも、死にたい気持ちに襲われます。
適切な栄養素や食事の仕方で、死にたい気持ちがなくなってしまうこともあるのです。

栄養のことも知ってください。
supplement.reiki-de-kirei.com/