More from: スピリチュアル

糖質制限は一生ものなのか? → 数年がんばれば、だいぶゆるくできる

質問をいただきました。
MYさま 神奈川県座間市
 
 
 こんにちは、
 YouTubeでの動画を拝見させていただきました。
 ありがとうございます。

 私は、甘い物の過食で一度低血糖症と診断されました。
 過食以外では、朝起きれないとかだるいとかはあまり
 ありません。

 捕食などの栄養療法などは、一生していかなくてはな
らないのでしょうか?

 低血糖症は一生低糖質制限などしなくてはやはり
 だめなのでしょうか?

 ちなみに、わたしは、糖尿病予備群となってしまい
空腹時血糖値は98位なのですが、食後糖質をとると180以上上がってしまう時があります。
 
ダメだとわかっていても、焼き芋を食べたときは300まで上がってしまったときもあります。そこから過食が始まります。やっぱり、一生栄養療法をし続ける&糖質制限でコントロールしていく病気でしょうか?よろしくおねがいいたします。
 

 

___________
 
 
こんにちは橋本翔太です。
 
はい、血糖値の問題は、完治はありません。なので、一生続けていくことになります。
 
ただし、辛いことでも、怖いことでもありません。
 
 
・補食
・糖質制限
 
に加えて、
 
・サプリメント
 
で調整機能をしっかり整えていくと、
数年後には、かなりゆるい実践でも問題がおこらなくなってきます。
 
個人差はありますが、3~5年が目安になります。
 
ただし、この期間は、糖質制限とサプリメントの摂取はしっかり行う必要がありますし、
その後もサプリメントの摂取は必要です。
 
 
 
 
私は現在、ラーメンも普通に食べますし、デザートも食べます。
 
ただし以前と違うのは、血糖値をあげない工夫がしっかり身についていることです。
 
 
●ラーメンを食べる前にアミノ酸やプロテインや、牛乳などを必ずのみ、空腹で食べない。
●食後のデザートは食べるときもあるが、以前の様な、デザートバイキングにはいかない。もしどうしても行きたいのなら、そのあとにジムにいって糖質を燃やす
●甘いものを食べたい時には、運動の前にする
●甘いものを食べたあとに、次の食事の間を開けない(血糖値が下がりすぎる前に食べる)
 
などの工夫は行なっていますし、それがしっかり身についているのでこの実践の苦はありません。
 
今は上記のことは厳しいと感じるかもしれませんが、やっていくうちに、それほど大きな努力ではなくなります。何より、体調が整い、気分もよくなりますから、それがモチベーションにもなります。
 
 
 
空腹で焼き芋などは、今はぜったい避けなければなりません。せめて何か、たんぱく質の食事を前もって食べてください。
 
ほうっておいて、よくなるものではないので、食事とサプリメントは必須です。
取り組んだぶん、体もやがてこたえてくれます。
 
 
このことは、どこかで動画でもご紹介したいと思います。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 
 
 
 
 


フェリチンが私より低いのに姉はパニック症状がない理由は?

ご質問いただきました。

東京都足立区Sさま

 

先月から定期購入させていただいている、Sと申します。

少し質問があってメールさせていただきますm(_ _)m

8月頃からDHCのヘム鉄10mgを服用
10月から橋本さまのヘム鉄を服用

橋本さまのヘム鉄を飲んでから一ヶ月、フェリチンを測っ
てもらいました。フェリチンは43でした。20年近くパニックなので、思ったよりも多くてびっくりしたのですが、サプリの影響で上がったのか、元々ある程度あったのかは不明です。

急激に上がるという事はありえますか?パニックなど全くない、
姉の方が25と低かったので気になっています。

炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上がる可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫でしょうか?
ご意見宜しくお願い致します(>人<;)

 

______

 

こんにちは、橋本翔太です。お返事がすっかり遅くなりました。
今後もお時間いただくことがあるかもしれませんが、私が回答しますので、どうぞお待ちいただけましたら幸いです。
 
早速お答えいたします。
 
 
●サプリの影響で上がったのか、元々ある程度
あったのかは不明です。急激に上がるという事はありえますか?
 
→こちらは、摂取まえのデータがわからないので、なんともお答えできないのですが、
フェリチンの回復には個人差があり、数ヶ月でぐんと回復する方もします。
 
ただし、  80mg/ml 以下の場合、なんらかの不定愁訴がでることがわかっており、
たとえ40でもそれは十分ではないのです。パニックの症状が落ち着いてくるのは80を超えて、
かつ、その状態がしばらく続いた頃になります。
 
 
 

●パニックなど全くない、姉の方が25と低かったので気にな
っています。
 
→フェリチンが低いことで、全ての人がメンタルにでるわけではないんです。
偏頭痛や肩こりに出る人も入れば、お肌の老化がどんどん進む方もいますし、
心疾患に繋がる人もいます。アレルギーになって出てくる人もいます。脅かすわけではありませんが、お姉様も、80を目指された方が、心にも体にもおすすめです。
 
低血糖症も同じで、みなさんがメンタルに出るわけではないんです。
橋本翔太は、低血糖症や栄養欠損の中でも、心に問題が出てしまう人に特化してサポートをしています。




●炎症が起きている可能性もあると思いますが、急激に上が
る可能性があるならば、このまま一日6錠続けても大丈夫で
しょうか?
 
 
→ 炎症がおきている場合、数値はもっと高くなります。200を超える方もいます。
血液検査をして、肝臓や腎臓の数値に問題がなければ心配いりません。血液検査の他の数値も一緒に見てください。
 
六錠続けて大丈夫です。80を目指してください。80にたどり着くことが、そしてそれをキープすることが大切です。
 
 
橋本翔太
 
 
 

 



栄養以外の身体のアプローチ 浄化。ホーリースプリングプール

IMG_9435

栄養の記事からずれます。


色々自分でも体験してきましたが、やっぱりエネルギー、気の流れって、あります。

身体の栄養が足りなくなると、当然、生き物個体ときたのエネルギー、気の流れも滞りますし、

 

単純に、毎日を生きてると、外部から負のエネルギーを浴びることって、やっぱりりどうしてもあるんですよね。

仏陀のように、怒りなど、全く他人の影響を受けないようになれればいいのですが、凡人はなかなかそうはいきません。

 

何か対処していかないと。


拙著にも書いてますが、

寝る前には、シャワーなりお風呂なり、入りましょう。疲れていても。むしろ疲れている時ほど、シャワーで洗い流すのが大切。それが身体だけではなくエネルギーの、浄化になるので。


イライラするとき、落ち込んでいるとき、気持ちが晴れない時も、栄養以外の身体のアプローチとして、水(お湯)を浴びる、ということをしてみてください。

落ち込んでいるときなんかはとくに、シャワーなんて浴びる元気がないから、こまってるわけで、それはよくわかります。


それでも、えいやっと、浴びるのです。そうしたら、断然ラクになるから。


神社の手水
イスラム教のウドゥ
滝行
そして以下のホーリースプリング、

全部、身を清める浄化であり、ネガティヴなエネルギーも水が流してくれるんです。

それを日常でも取り入れるのは、単純にシャワー、入浴で良いんです。

ムスリムの友人も、ストレスによるイライラ、不安や悲しみを感じてる時で、祈る時間や気力がないときは、ウドゥ(水で身を清める一連の手順)を行うそうです。

、、、、、


この前、バリに行った時の禊の様子。

.albumtemp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーリースプリングウォーターテンプルという、バリはウブドにある、お寺で、禊をしてきました。

水はすごく冷たく、入るのは勇気がいります。神聖な場所なんですが、理解のない観光客が土足で水に入ってきたりしてるのはとても残念。


実際に中に入ってるのはバリ人が多く、僕も友人の手引きがなければはいれませんでした。


男性も女性もサロンをまといます。あらかじめ然るべき格好できている地元の人も多くいます。


この湧き水を左から右へと、順に浴びていくのですが、

.albumtemp

面白いのは、途中二箇所、陰の場所があって、生きてる人間はそこで祈ったり水を浴びてはいけないです。

死体を清める場所なんです。


特に目印もなく、突然その二箇所の場所があるのですが、何も知らずに僕はそこで水を浴びようとして、隣にいた地元の女性に

Stoooooop!!!!

と、止められました、彼女が止めてくれたおかげで謝って隠の場所で水をあびたり、祈ることなく住むことができました。


本当に大きな声で止めてくれたので、絶対やっちゃいけない行為だったんだと思います。

とにかく、心が不調なときは、シャワーを浴びてください。

また、ただあびるのではなく、水がネガティヴなエネルギーを洗い流してくれてるイメージも大切です。本当に気持ちが整ってくるから不思議。でも、これだけ各地で儀式としておこなわれているわけだから、当然のことなのかもしれない。

寝る前にシャワーや入浴で一日あびたエネルギーを洗い流すこともとても大切です。水で流さずにそのままねてしまうと、疲れも抜けません。

 

栄養以外なも身体からアプローチできるメンタルサポートって沢山あります。

 


イスラム教、キリスト教、一神教を勉強しています。

今、一神教の神様について、イスラム教とキリスト教、両サイドから学んでいます。(ユダヤ教は学べる友達がいない)

シンガポールでは、ムスリムの友達から、日本ではクリスチャンの友達から、ガイドしてもらいながら、神様、を学んでるんです。

なんでかって、今年に入って気づいた大きな学びが、神様を信じている、(というと擦り切れた表現なんですが)神様とつながっている、というのかな、信仰心がしっかりある人って、すごく強いんですよ。ぶれない。

なんでそんなに優しいの?なんでそんなに強いの?って話を聞くうちに、ムスリムの友達(Yasser)は、誰にも依存してないけど、頼らないけど、神様には頼ってることがわかったんです。だから強い。神様は絶対ブレない。

日本人のクリスチャンの友人(みぎは)も、生きてく姿勢というか、強さ、親身になってくれる優しさ、ぶれない感じが素晴らしくて、やはり彼女も、神様との繋がりをしったりもったクリスチャンです。

もともと、ニューエイジをベースとしたスピリチュアルや自己啓発って、アメリカ発で、キリスト教をベースに、信仰心と宗教色を取り除いた、テクニック集でもあるんですよね。

でも、多くの人がなんでうまくいかないのかっていうと、肝心の、信仰心、信じる力が、足りない。表面だけのスキルではとても補えないからなんだと気付きました。


例えるならピンポン玉。

僕も表面だけのスキルなら、心理学やらスピリチュアルやら、沢山もってますが、中身が空洞で、何かあったら、ピンポン玉のように簡単に凹んでしまう。

では中身は何で埋めるか?

それは栄養療法などの身体のアプローチに加えて、この、神様との関係、信じる力で、芯をつくり、ピンポン玉の中身をうめることができるのだと気付きました。

友人は、神様はいつも隣にいてくれると信じてるので、乗り越えちゃうんですよ。神様は、一見辛く感じる出来事も、よりよくなるための種で、必ずより良いものを与えてくれると信じている。それがブレない。

そして、感謝も当然のように、日常のあらゆる瞬間に組み込まれている。

しかもそのやり方は、人生を、心を楽にするための、科学的な要素が沢山つまってることにも気付きました。

もっとうまく説明できるように、とにかく今は神様、について学んでいるのです。

写真はシンガポールにて。今、ラマダンの最中なんですが、断食はしないものの、タラウェイの祈りには参加していて、2時間ほど、祈りに参加します。(他に一日五回の祈りも、できる範囲で実践)最初はきついかなと思ったんですが、参加したらあっという間の2時間。感極まって泣きそうになる瞬間もあって、このラマダン期間の特別なエネルギーを感じてます。シンガポールのムスリムはほとんどマレー系シンガポール人です。なのでモスクでは、コーランの教義や説明も、マレー語が使われるので、全然わからないんですけどね。それでもエネルギーは感じる。

イスラム教やキリスト教、どちらに入信するとかではなく、一神教の「神様」ということを、ニュートラルに学んでいる最中です。


I’m studying about ”God” from Islam and Christianity.

I realised that my Muslim and Christian friends who practice their faith are kind, calm, and strong. They are independent, have a high self esteem and believe in themselves because they know that God with them.

I have a profound respect my friends and their faith thus the reason why I begin to study it.

It is now the month of Ramadan and I have started to follow my Muslim friends to perform Solat (prayers)Teraweeh at the mosque.

 


【動画でわかりやすい!】その心の不調の原因は、カラダにあるかもしれませんよ!

動画でも、僕がお伝えしたいこと

心理学の話、
心のための体づくりの話、
音楽療法や、ピアノのこと、
ヒーリングやスピリチュアル、願望実現の話


を、動画でも、発信していこうと思います!!
更新されたことがわかるので、チャンネル登録も、ぜひお願いします。

 

 

 

 


心のことやスピリチュアルが好きな人ほど、身体が置いてけぼり

最近どうしても、僕の記事に栄養の話が増えてますが、

それもこれも、かつての僕のように心のことが大好きな方ほど、
栄養と身体、食事の分野で非常に偏っていて、疎くなりがち、という理由からです。

スピリチュアルや潜在意識については詳しいのに、
身体のことが抜け落ちている方が、ほんとに多いんです。

あるいは、気をつかっているのだけど、
マクロビやオーガニック、菜食主義など、偏ったほうへエネルギーを注いでいる
人も多いようです。

心が快調ならよいのですが、なんらかの不調があるのなら、
マクロビなどは決しておすすめできません。

■ここにきて、食事とサプリで心が回復した、という報告を以前よりも
ますますいただくようになりました。

そのくらい、多くの人が、心の問題でなやんでいて、
それを心のメソッドや自分の性格改善で直そうとしてがんばってきて、

それが的違いの努力で、本当は栄養素がたりない、身体の問題だった、
そんな人が、やはりたくさんいるんだと、つくづく感じています。

ずっと自分の生い立ちや自分の落ち込みやすい性格や、
弱い自分を責めてきたけど、

栄養だったのかよ。。。
脳機能の問題だったのか。。。

と、安堵と、なんだか悔しい気持ちと、もっと早く気づきたかった、という気持ち、
でも今きづけてよかった、という気持ち、

そんな気持ちが入り乱れる複雑な感情を抱く方も多いようです。
すごくわかります。。。

そして身体がしっかりしてきてからだと、
今までのスピリチュアルや心理的な話も、距離を上手に保ちながら、
ずっと上手に実践できるようになるんです。

自然と地に足がつくんですね。
だからこそ、行動が自然と伴うようになり、
結果的に夢が叶う、などの願望実現にもつながっていきます。

実際僕も、心の回復だけはなく、演奏能力があがりましたらかね。
何もしてないのにピアノも歌もうまくなってました。
集中力や、洞察力、声帯の状態が向上したからだと思います。

やはり、身体半分、心半分、それが合致して、やる気、安定、前向きさ、などが
出てくるのだと思います。

心のアプローチは大切です。
でも心だけのアプローチだけでは、半円しかうまらないんですね。

栄養ボディ療法
supplement.reiki-de-kirei.com/