More from: 自殺


コーサダプリメントで三ヶ月で劇的に回復!メンタル面が非常に良好に!

コーダサプリメントの感想をいただきました

奈良県生駒市Tさま

お世話になっております。Tと申します。昨年12月より、こちらのサプリメントを定期購入させていただいております。昨年11月の人間ドックで貧血と診断されましたが、今年の2月の血液検査では、劇的に改善していると医師から言われました。鉄剤などは不要、そのサプリメントをずっと続けなさいと言われ非常に嬉しかったです。フェリチンの値は35でした。

私は7年前に低血糖症(無反応性)を診断されましたが、その時のフェリチンの値は9でした。(その時の処方されたサプリメントは高く、続きませんでした)途中で、面倒になり治療を放り出して症状がどんどん悪化し、生きるのも辛い状態になりました。ですので、こちらのサイトで同じ症状が詳しく書いてあるのを読みもう1度、真剣に取り組もうと考えました。現在3月中旬時点で、メンタル面が非常に良好です。色々なことにワクワクできる自分に戻りつつあります。

振り返ってみれば、中学生、高校生頃から低血糖の症状が出ていたと思われますので健康レベルでいうと今が一番良い状態ではないかなと思っています。ですので、この調子でフェリチン80以上の維持が出来ればどのような自分になれるのか、ワクワクしている状態です。これもひとえに橋本翔太さんのご苦労のお陰だと思っております。有難うございます。 

_____

Tさん、感想をありがとうございました。大変嬉しいです。感謝申し上げます。低血糖症、サプリメントの治療は、根気が必要ですよね。病院で処方されるサプリメントは非常に高価なものが多いです。僕も最初は病院のサプリメントを利用していましたが、莫大な費用がかかり、大変でした。それをなんとかしたいと思ったのが、そもそも、コーダサプリメントを作ったきっかけです。厚生省の規約に基づき、栄養療法院内で処方されるものと遜色のないものを、提供しています。

こうやって、Tさんが回復されていることが、何よりの励みになります。みなさんにも伝えたいのですが、まずは、鉄です。フェリチンが80ng/ml以上あるのか、それがメンタル不調があるかどうかの分かれ目です。すでに貧血がある方は、メンタルに不調がでて当然なんです。早い人で、三ヶ月程度で、メンタルと体の不調が楽になります。

心の不調を、トラウマや心理の問題で解決しようとしないことです。薬も役に立ちますが、根本の治療にはならないことが多いのです。根本的に変えるためには、脳の栄養不足を補う必要があります。そのために、サプリメントが必要なんです。橋本自身、患者として、症状に、サプリメントの値段に、続けていく大変さに苦しんで着ました。だから、コーダサプリメントを作り、かつ、この体験をみなさんにお伝えしています。


問題を解決するのに、ここから一歩、進んでいきましょう。

栄養ボディ療法、コーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/

 

 


ピアノレイキの感想をご紹介させてください。

このブログでは栄養療法について書いていますが、

今日は、橋本翔太のもうひとつの活動である音楽療法の分野について、

 

感想をいただきましたので、ご紹介させてください。 

 

 

  

兵庫県西宮市Hさま、、、

 

 

こんにちは。

いつもお世話になっております。

 

早速なのですが、

現在、御社のCDでナチュラリング デトックス とソウルセルフケアを聴いていまして、

 

ソウルセルフケアを1日に一回、その後にデトックスを1日に二回聴いています。

 

ソウルセルフケアは聴くと毎回、強い怒り(憎しみに近い感じです)が出ますので、辛いのですが、自分を守ってくれる思考も出てきていまして、嬉しくて聴いています。

 

デトックスはまだ聴いて一週間なのですが、時々みぞおちの当たりから「もっと幸せになっていいよ」と言う言葉が出てきてとても嬉しいです。

 

まだソウルセルフケアも5日しか聴いていないのに、タイミングがいい事が何回かあり、びっくりしています。ただ悪い思考が働くとやはり悪い気がします。(私は思考が止まらなく人の影響をわりと簡単に受けてしまうタイプです)それもありまして、グラウディングをいただきたいと思うのですが、ここにプラスしても大丈夫でしょうか?

 

 

また、既に手元にありますストリーミングもいずれは足したいと思っていますし、夜のピアノレイキも足したいのですが、1日に何種類も聴いても大丈夫ですか?

 

 

またもし何種類もはだめなようでしたら、デトックス、グラウディング、ストリーミングへの移行のタイミングなどがありましたら教えていただけたら助かります。

 

 

長々とすみません。

どうぞよろしくお願いいたします。

==================

 

 

 

 

こんにちは、橋本です。

まずは、CDの効果を体感いただき大変うれしく思っております。お名前を伏せて、ぜひブログなどでもご紹介させてください。

 

CDですが、何種類もきいてもらっても大丈夫です。特に組み合わせで問題になることもありません。

 

以降のタイミングですが、ご自身の直感にしたがって、CDを選んでください。その日に聞きたいものが、その日に必要なものだと思ってください。CDの効果がしっかりでてますので、引き続きご活躍ください。

 

 

 

、、、、、、、

いただいたお返事

、、、、、、、

 

橋本先生

 

こんにちは。いつもお世話になっております。この度は、アドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました。感激しました。すごく嬉しかったです!

 

体験談ですが、お役にたてましたら嬉しいです。

 

 

前回質問させていただいてから、また嬉しい変化がありました。

 

ソウルセルフケアとデトックスにメンタルセルフケアをプラスして聴いていましたが、初めて聴いて苦手だったストリーミングもなんだかいける気がしてきてプラスして聴いてしまいました。

 

 

私事なのですが、6年前に離婚を経験していまして、その後は、頑張らなきゃと働き続けて、3年前にストレスからメニュエール病を発症しまして、自宅療養を続けていますが、たくさんの後悔や怒り、燃え尽き症候群のような症状も出て、日がたつと同時にメンタルが悪くなっていました。

 

ピアノレイキは、8年前に知っていたのですが、その時は、自分が良くなる事に許可を出せていなくて、すごく良かったのに聴くのをやめてしまいました。

 

 

 

昨年の秋に、目覚めた瞬間、ふとピアノレイキと言う言葉がよぎり、CDを買わしていただいたのですが、怒りの気持ちが出てくるのが辛く、一時お休みをして、また聴きたくなり最近聴き始めました。

 

 

最近はもっと自分を大切にしていいよと言うメッセージが自分の中から出てきたり、自分に自信が出たのか、自分を信頼する気持ちが少しずつ戻ってきました。

 

 

 

ひとりぼっちだと思って寂しくて泣いていたのですが、自分がいる、と思えて嬉しかったです。

 

びっくりしたのが、再婚したいなと心から思った事です。

 

 

そしてストリーミングを足してからは行動力が半端なく(まだ3回しか聴いていません)、2週間前の私からは想像がつかない位、メンタルと行動力が上がってきまして、タイミングがいい事が増えてきています。びっくりしていますし、本当に嬉しいです。

 

 

やっと本当の自分の人生に近づいている気がしています。あんなに辛かった私をここまで変えて下さって、本当にありがとうございます。

 

 

これからも綺麗な音色に癒され楽しみながら、感謝しながら、聴き続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

 

、、、、、

 

Hさま

 

こちらこそ、素敵なメールを送ってくださりありがとうございました、心がイキイキとされてきたこと、私のCD、音楽がそのお手伝いをできたこと、本当に嬉しく思います。

 

ピアノレイキ、ナチュラリングが誕生したしてから12年になります。

 

この間に多くの人からたくさんの奇跡、ご報告いただきました。

 

みなさんも是非ためしてみてください。

 

 

CDの試聴など

shotashop.com/?tid=&mode=f1

 

 

 

0ED5AEFB-B83C-4253-B87A-6907D5D7CF51.jpg

 

 

 

 

 

 


糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。

糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。
 
 
ご質問いただきましたので、ご紹介させてください。
 
 
 
______
 
神奈川県足柄下郡 Y様
 
 
コーダサプリメントのビタミンB郡複合、ヘム鉄ジェントル、心のニュートリショナル亜鉛、心のアミノ酸を定期購入させていただいています。

飲んでいるのは20歳の息子なのですが、便秘になることが増えたので、鉄サプリが原因?かと思いまして一度や
めてみたら、良くなったというのでまた再開しましたが、また便秘気味になるようなのです。

鉄サプリが原因なのか、たまたまなのかよく解らないのですが、鉄サプリで便秘になることはありますか? 又、その場合解消方法はありますでしょうか?
 

乳酸菌はサプリで摂っています。宜しくお願い致します。
 
 
____
 
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。当方のサプリメントのご活用ありがとうございます。
息子さんにご活用いただいているということで、早速お答えしますね。
 
ヘム鉄ジェントルのコーダサプリメントですが、便秘の原因になることはないのですが、
その解消法をご提案いたしますね。
 
 
まず、乳酸菌サプリメントの摂取はぜひ続けていただきたいのですが、その際、コーダサプリメントの「心とメンタルの腸内フローラサプリメント」をを推薦させてください。
 
 
橋本も一般の乳酸菌サプリメントや、栄養療法病院でのの超高額、腸内サプリメントを試してきましたが、それらの市販の乳酸菌サプリメントは効果がよくわからず、また病院処方のサプリメントではとてもではないですが価格的に継続できるものではありませんでした。
 
しっかり効果の出て、続けやすい価格で、かつ日本人の腸に合ったものを作ろうと研究を続けた結果、長野県で特許をとった菌を見つけました。そ子から腸内フローラ活性のサプリメントが誕生します。日本人のための、「心の回復に特化した」、腸内フローラサプリメントです。
 
 
腸内のバランスが整うまでにはある程度時間がかかるのと、サプリメントなどの栄養素の吸収が圧倒的によくなるため、掛け算でサプリメントの効果が上がり、心の回復や無気力やだるさの改善が進みます。
 
 
また、腸内環境とメンタルの関係は特に最近の栄養療法では、取り組むべき項目として必須になってきていますので、腸内フローラサプリメントはとても大切です。
 
 
 
 
さて、肝心の便秘の解消なのですが、油分が足りないと思われます。
日本人は油を避ける傾向にあるのですが、メンタルの活性化においても、油の摂取はとても大切です。脳は油の中に浮いているので、普段からどんな油を摂取するか、がとても大切です。
 
 
1 バターを多めに食べる
2 ココナッツオイル(もしくは亜麻仁油)をコーヒーなどに混ぜて(もしくは直接)食べる
3 調理する際に、オリーブオイルを多めに使用する
 
 
まずはこの3点を試してみましょう。(サラダ油を含め他の油は避けてください)
 
 
 
さらに、上記の油よりも圧倒的に上質で、体の脂肪として蓄積せず、かつメンタルの活性化(脳のエネルギー源に即なります)につながる、直接、ティースプーンで飲みたい油があります。摂取の仕方も含めて、詳しくは以下のビデオ講座で紹介していますので、参考にいただけたら幸いです。
 
 
この油で、その日には便秘が改善します。ただし、分量調整が時に難しく、時にお腹が緩くなりすぎる場合もあるので、その対策もご紹介しています。
 
 
 
 
橋本翔太
 
 
______
 
 
しつこいようですが、心のためのアプローチ、引き寄せの法則から、心理メソッド、スピリチュアル全般や認知療法に到るまで、体と脳の状態が整っていないと、効果が出ません。これは橋本翔太自身が体験済みです。
 
 
いくら、波動をよくしよう、気分よくなるように努力しようとしても、栄養が足りていないと、また血糖値が安定していないと、いくら頭で努力しても体が言うことを聞いてくれないのです。
 
 
生理前の落ち込みをコントールできなかったり、眠気が気合いではどうにもならなかったり、高熱がある時にはネガティヴになるの同じです。願望実現のためのメソッドも、体に栄養が満ちていないと、いくらメンタルや波動のアプローチをしても効果が出ません。波動も自動的に下がります。
 
 
そして、その効果をしっかり体感いただくために、ぜひ、コーダサプリメントを活用してください。
これで本当に脳と心が変わり、心の問題が改善し、人生がよくなっていきます。
 
 
 
 
supply.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

 


日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

海外ではじめて出会った人と、会話がスタートすると、かなり頻繁に聞かれることがあります。自分が心理カウンセラーや音楽療法をやっているからかもしれませんが、なんで自殺が多いのか、最初の会話でよく聞かれるんです。多くの外国人が日本人に対して抱いているイメージが、極端にいうと、

●ハイテク
●物価が高い
●自殺が多い

の3点なんです。物価が高いのは、もう過去の話で、しばらく日本に旅行に来てない人が言います。ハイテクというのは、ロボットなどの最新の産業をはじめ、モニターフォンや風呂やトイレにいたるまで、ボタンひとつで湯沸かしや、洗浄ができ、あらゆるところに、ボタンがついている、というイメージを持っている人が多いから、だと思います。そこら中にボタンがあるのよ! と日本旅行から帰ってきた友達がいってました。確かに公衆トイレにまでウォシュレットがついているのは日本だけだと思います。

そして3番目。なんで日本人は自殺がおおいのか? これを毎回聞かれます。そして、みんな、ストレスが高いから、ストレス社会だからでしょ? と、という意見を持っています。 日本のイメージ映像として、朝のラッシュの新宿駅の山手線を、係員がぐいぐい人を押し込んでいる。みんな暗い顔で、中にはマスクをして、うつむいている。そんな映像が、ちょっと悪意をかんじるのですが、海外でのイメージとして捉えられています。

もう15年くらい前から、聞かれていた質問で、そのたびに、僕も、ストレスが強いから、社会が成熟して心の問題が増えているから、過去に切腹など自殺を美化する文化があるから、自殺で責任をとる、という風潮があるから。などと回答してきました。きっとそのどれも、一つの要因になっているとは思います。


しかし、多くの友人と接するうちに、一番、影響を与えている因子、それは宗教の強制力だと、確信するようになりました。

日本人は無宗教がほとんどで、なにかのセレモニーのときだけ、主に仏教、もしくは神道を選びます。神社にいけば手を合わせますが、それが【信仰】とよべるかというと、実際はもっと自由で、お参りのときだけ、お願い事をしたり、感謝をのべたりするけれど、強い信仰心だとか、そこまで気にしませんし、あまり重要ではありません。


そして何より、仏教も、神道も、自殺を禁忌としていないんです。そしてヒンドゥー教も。まして仏教なら即身仏、ヒンドゥー教なら焼身自殺が、信仰心の表現や、悟りを開いて涅槃にたどりつくためのひとつの手段になっていたりと(細かい理由はここでカットさせてください)、自殺が信仰のひとつの手段になっている場合もあるくらいです。

一方、イスラム教、キリスト教は、自殺は禁忌です。してはいけないんです。絶対にしてはいけない。


世界の自殺率を国別に見てみると、イスラム教圏の自殺率が非常に低いことに気づきます。なぜでしょうか。なぜなら、禁止されているから。例えばイスラム教圏のドバイ(UAE)はそこに加えて自殺は犯罪です。もしも未遂で生き残ってしまったら、刑務所に入れられます。同じ法律はシンガポールにもあります。シンガポールも、もともとはマレーシアであり、イスラム教の影響が根強いです。

経済発展が成熟した先進国で、心の問題が社会問題になっていくのは、どの国も同じです。しかし例えばアメリカやドイツの自殺率は、日本に比べてぐっと低い。ストレスの強さははかれませんが、それなりにストレス社会のはずです。でも日本のほうが圧倒的に高い。これは、キリスト教の教えが、自殺はしてはいけないという教えが影響していると考えるべきだと思います。もちとん皆がキリスト教徒ではないでしょうが、マジョリティなのは間違いありません。


もちろん、これが全て、方程式のように当てはあるわけではないでしょう。

しかし例えばスリランカ。僕も、去年三週間滞在しましたが、この国は仏教もしくはヒンドゥー教徒がほとんどです。そして、第三国であり、経済発展をとげているものの、自殺率は非常に高く、4から5位です。うらみや、あてつけ、としての自殺が多いそうです。


マレーシアを見ると、もっと興味深いことがわかります。マレーシアの自殺率はとても低いものの、内訳を見てみると、中華系マーレシア人と、インド系マレーシア人が、ほとんどを占め、マレー系マレーシア人、つまり生粋のマレーシア人の自殺率は非常にわずかなんです。しかし、マーレシアではマレー系マレーシア人が人口のメインです。つまり、人口的にはマレー系マレーシア人が圧倒的に多いのに、それでも、自殺する人はほとんどいない。


なぜか。これも、宗教の違いだとしか思えません。マレーシアで生まれたマレー系マレーシア人は、生まれたときからムスリム(イスラム教徒)として育てられます。他にタイでも、県別の自殺率では、最も低いのはイスラム教徒が多い南部パタニー県です。


同じ社会、同じ国ににいて、自殺してしまうか、しないか、はこの宗教が何か、何の信仰をもっているか、が、一番影響をもっているのではと思うんです。もちろん、日照時間の問題だとか、情勢不安だとか、独裁者政府だとか、いろんな要素が絡んでくるのはもちろんですが、


僕たちが見落としがちなのが、この宗教観です。宗教の強制力って、本当に強いです。信仰のもとにあるルールは、神から与えられたルールですから、それは絶対です。僕たちが、鳥居を蹴ったり、仏像を割るとか、そんなことが怖くてできない、バチが当たる。この感覚と近いかもしれません。

日本人は、子供の頃から、他人に迷惑をかけてはいけないと、しっかり教育、あるいは洗脳されているので、うつ病になって自殺を考えて苦しくなっているときでも、電車の中で大音量で音楽を聞くとか、道ですれ違うときに、決っしてゆずらずに、バンバン相手にぶつかるとか、そういうことはしません。(今シンガポールにいますが、そんな人たちが多くてびっくり!)どんなにフラフラでも、社会の中で、自分が他人に迷惑をかけないように、というのは徹底しています。

おじぎだってそう。無意識に、おじぎをしてしまうでしょう? 


こういう、無意識にできてしまうレベルで、自殺のことを子供の頃可から、しかも宗教を通して、禁止されていたら、苦しくても、自殺をしよう、という発想がそもそも、浮かばないんです。

死にたい、という気持ちは、とにかく、楽になりたい。この苦しみが続くくらいなら、早く終わらせたい。そのためには死ぬことしか方法が浮かばない。という状態です。つまり、死ぬことが非常口になる。ここから脱出するために、最後の出口が自殺なんです。


ところが、ムスリムたちには、自殺という選択肢がそもそもない。なので、どんなに苦しくても、神に祈りながら、他の選択肢を模索していくんですね。


今シンガポールでムスリムの友達から、イスラム教のことを、クリスチャンの友達からはキリスト教のことを教えてもらっており、たくさんの気づきをもらっています。


宗教、とかくだけで、日本ではアレルギー反応をおこされ、すぐに、カルト? 変なのに入信するなよ、とか、そういう話になりがちです。イスラム教も、最近のテロのせいで、生粋のイスラム教まで怖がられていたり、キリスト教も、カルトの影響で、抵抗がある人が多いでしょう。実際僕もそうでした。でも、本当のイスラム教やキリスト教を、真摯に取り組んでいる人はとても強いし、芯がある、とここ最近強く思うようになりました。

 

じゃあ、今信仰もなく、特に宗教もない、そして日本人として育った人は、自分はどうしたらいいのかというと、常に本などを読んで、自分の思考が偏らないように意識していくことしかないと思います。その際、イスラム教徒やキリスト教徒の価値観や宗教観にふれていくのも、とても大切で大きな意義があると感じている次第です。

 


信仰や宗教、というと日本で嫌がられるので、これを、マイルドにして、伝えていく方法がないか、考えているところです。


何しろ、今後、海外で、なんで日本人は自殺がおおいの? と言われたら、いろんな要素があるけれど、宗教観は大きい。と答えます。

一方、メンタル部分ではなく、身体面が原因で、自殺へとコミットしてしまうこともわかっています。すべて精神論や心の問題で語れるわけではないのです。

身体の機能、つまり脳機能やホルモンバランスが崩れるだけでも、死にたい気持ちに襲われます。
適切な栄養素や食事の仕方で、死にたい気持ちがなくなってしまうこともあるのです。

栄養のことも知ってください。
supplement.reiki-de-kirei.com/

 

 

 



死にたい、消えたい、自殺。弱いとかワガママとか、精神論だけで語らないでください。

自殺の報道が出ると、必ず生きなきゃだめだ、死ぬなんてワガママだ、という精神論が出てきますが、ストレスなど何らかの理由により脳機能、つまり身体の疾患で思考が正常ではなくなってしまった、という、病気や肉体面の問題が多いにあるという認識が驚くほど不足しているのに悲しくなります


本来生きるようにプログラムされている生き物が、死にたいという思考に長期間囚われている時点で、脳、肉体、ホルモンバランスなど、本人の意思ではどうにもできないダメージを負っているわけで、そこを、無視して周囲が精神論をふりかざすと、ますます追い詰められてしまうという矛盾がでてきます


叱咤激励で元気になれる人は、ある意味まだ、脳や身体にエネルギーが残っている人です。そのエネルギーも枯れ果てた人は、そんなこといわれなくても、頑張れない、死にたいと思ってしまう自分のことが情け無い、苦しいのは誰より本人が葛藤していたりするわけで。


死にたい、とは、よりよく生きたい。の裏構えしです。自分の望むように思うように生きたい。という気持ちが強いから、生きることに前向きで、こうありたい。という想いが強いからこそ、その反動で出てくる気持ちでもあるんです。


それと、精神科のお薬を真っ向から否定する人がいますが、それは割れそうな酷い頭痛の時に、頭痛薬を飲むな、我慢して働けというのと同じです。薬を上手に利用して、気持ちを落ち着けて、日常をまずは取り戻す、普段の自分に近い状態を取り戻すことは、大切なことです。いろんな精神科の先生がいるのは事実です。相性があわない先生のほうが多いと思います。


けれども、かならず、
真面目で、本気で考えてくれるドクターもちゃんといます。薬漬けが問題になるケースもわかりますが、薬に依存せず、上手に活用していく、というスタンスが一番大切。薬漬けか、薬を、飲まないか、という100か0ではなく中庸が大切です。今は心に効く漢方も、保険適用されますし、選択肢はあります。
 
 
短冊切りは包丁、皮をむくのはピーラー、煮込むなら圧力鍋、炒めるならフライパン、手ごねよりフードミキサー、そんな風にいろんな道具を使うと、料理がカンタンになります。片手鍋と包丁一本で料理はできますが、今は色んな道具があるのですから、それを使って楽になるなら、利用したほうがいい。
 


僕自身、実家福島での震災などが重なりどうにもひどい体調で、西洋の治療、薬が必要なのに、それを否定し続けた結果、回復が遅れ、悪化しました。あの時の僕に必要なのは、活用できるものは素直に活用しよう、という謙虚さ。また、心の問題は絶対に心のアプローチでしか解決できない、という狭い価値観のせいで自分の首を絞めてました
 
 
 
西洋のお薬でも、スピリチュアルでも、民間療法でも、何かそれだけでよくなろうとしないで、道具として活用する感覚を忘れないでください。依存して、治してもらおう、ではなく、あなたが自ら活用していく、その感覚が大切だと僕は思います。
 

そのひとつとして、とても有効で、お肌まで綺麗になって風邪もひかなくなって、基礎体力もついて健康になってしかも心が元気になってくる身体のアプローチとして、栄養ボディ療法を特に最近は取り上げています。
supplement.reiki-de-kirei.com/

いろんな方向からのアプローチが大切なんです。いろんな道具を使っていけばいいんです。


 
 


栄養療法や糖質制限にとりくんでいても、不調の日はきます、そんなときどうするか

変化・回復・上昇の途中が一番キツイわけ

 

寒くなったり、かと思ったら日中はジャケットがいらなかったり、
そう思ったら夕方からものすごく冷え込んだり、、、。

この時期の気温の変化はきついですよね。
風邪をひいたと何人かの友人からメールをもらいました。


いつもこの時期になると思います。

本当になにごとにも当てはまるのですが、
物事って、変化していくときに、

じわじわ、きれいに、すんなり変化していくことはありません。


秋から冬にかわるときや、
冬から春にかわるとき、

この気温の変化のように、

ぼこぼこ、でこぼこ、すすんだり、もどったり、
寒くなったり、暑くなったり、かとおもったらまた寒くなったり。

そうやって、目的地へと向かっていきます。

こちらとしては、激しい揺れのバスのせいで気持ち悪くなるように、参ってしまうのが正直です。
実際、この時期に体調を崩す人は多いです。


変な話ですが、ずっっと、うつ状態で寝込んでいるほうが、
まだ、変化がない分、回復途中のアップダウンがない分、楽なときもあります。


ピアノだって、練習は続けているのに、なぜか急に下手になったりする時期があるんです。落ち込みますよ。そしてある日、なぜか理由はわからないけど、弾けなかったフレーズが急にひけるようになったり。


*****

例えば、冬から春に向かう気温を考えてみましょう。
それは、ちょうど、元気のない状態から、回復してく過程、
あるいは、望みを叶えていく過程にもとても似ています。


うまくいくかも、、、最近調子いいな。。。気温がちょっとずつあがって気持ちがいい日が続いていた時に、そんなときに、ガクンと気温がさがるように、ガクンとまたうまくいかなくなる時がきます。

その時、多くの人が、僕もふくめ
せっかくここまできたのに、せっかくここまで回復してきていたのに、


結局、なにもかわらなかった。
今までの努力は意味がなかったんだ。無駄だったんだ。
こんなにがんばってきたのに。もうよくならないんだ。
私は、もう、ダメなんだ。


と。ものすごく落ち込んでしまう。
これが、変化の時の一番こわいことなんです。


本当は、また悪くなったように見えても、気温が春に向かっている途中で下がるのと同じように、
客観的に見たら、そこまで下がってはいないんです。

気温でいうなら、9度からマイナス7度まで下がってしまったわけではないんですよ。

 

でも、上昇して、9度くらいまで上がると、そこから6度下がって、3度になると、そのギャップが大きく感じらえるので、なんだか前よりも悪くなってしまったような、前の状態にもどってしまったような感覚を味わいます。


うまくいくかも、いいかんじかも、と前向きな気持ちだった分、余計に落ち込みます。


もともとの底の状態はマイナス10度くらいの凍えるような場所だったのを忘れてしまっています。なぜなら人間は、いつも比較と相対で判断する生き物だから。

あなたが回復の途中で、かならず揺り戻し、不調を感じるときはきます。少し長く続く場合もあります。叶えたいことに対して問題がでてきて、もう、今までの努力がすべて無駄のように感じる日もあるかもしれません。


しかしそれは、冬から春へと向かう過程で起きる、気温の揺れ戻しと同じなんです。


特に、次のステージへと変化してく季節は、びっくりするくらいコロコロ、体調も、状況も変化したりするのです。


だから、落ち込まないで、そういうものだ。と思って、これは自然現象とおなじくらい、当たり前のことなんだ、と冷静になりましょう。

ご紹介している「栄養ボディ療法」や「心のコーダサプリメント」で心が回復してきても、同じように、まるで何の意味もなかったように体調が悪く感じられる日があるかもしれません。

橋本翔太の心理メソッドを試してきたのに、落ち込んでしょうがない日があるかもしれません。

夢が頓挫してしまったように感じる時期があるかもしれない。


けれども、
それは、

あなたが昔の状態にもどったわけではないんです。それを忘れないでください。
決して、すごく辛かったあの頃より悪くなっているわけではないんです。

変化の時期は、この時期の気温のアップダウンのように、気温差を強く感じやすいのです。
あなたの落ち込みも、この、気温差、から起きていることを思い出しましょう。

それを知っているだけでも、焦ったり、自分を責めることはなくなります。


大丈夫、あなたは良い方向にむかっているんです。今、不調に感じられても、また浮上してきます。大丈夫。


サンマが食べられなくなる不安と亜鉛の関係

■キンモクセイが香る季節になりましたね。このキンモクセイの感じ方、僕のなかでバロメーターになっていて、
体調がわるいとき、落ち込んでいる時期は、このキンモクセイをかぐと、気持ちが落ち込むというか、
悲しい気持ちになるんです。いじめにあっていたとき、失恋したとき、震災の後、いつだってキンモクセイは、悲しい香りがしました。

今年は、すごく懐かしい、心地のいい、気持ちのいい気分を感じていまして、

本当に、ここまでよく回復してきたな、と思います。

食事とサプリメントをはじめる前の体調不調のときは、不安感が強すぎて、

キンモクセイの香りすら、よく覚えてないくらいひどい状態でした。
ただ、秋がくる、冬がはじまる、というだけで、気持ちが重苦しくなっていたのを思い出します。

つまり、何か外部の状況で不安になるのではなく、

心の不調、とくに身体が原因の心の不調で、外部の様々な事で簡単に不安になったり、
落ち込んだりしてしまうのが、ヒトなんです。

ポジティブ思考というのも、ちゃんと脳やホルモンのバランスが整っている上で、やっとできるようになる
ことなんですよ。

ここまでこれたのも、心の問題を心だけのアプローチにたよらずに、

脳の栄養不足や血糖調整、ホルモンバランスが心に影響を与えていることを認めたこと(これが最初は屈辱すら感じて難しかった)
身体の視点を取り入れて、それを実践してきたからこそだと、胸を張っていうことができます。

■最近近隣諸国が魚を食べるようになった影響で、さんまや鯖の漁獲量が減り、

将来、日本でこれらの魚を食べられなくなるかもしれない、ということがニュースになりました。

気持ちのいいニュースではないですし、不安にもなりますよね。

ただし、
かなり不安になってしまう、という方は、

そもそも、心の状態がよくない方だと自覚する必要があります。

「大丈夫、あなたの心は必ず復活する(KADOKAWA)」 でも書きましたが、

あなたの中の、不安な気持ちが普段から活発だと、
どんな情報からも、不安な気持ちが強く出るようになります。

つまり、さんまが値上がりするかもしれない、と聞いても不安になり、イライラし、
将来、富士山が噴火するかもしれない、と聞いても不安になり、
当然、自分の未来は不安だらけで、

ちょっと人間関係でつまずいても、ものすごい不安におそわれます。

外的要因が原因で不安になっているのではなく、
あなたの中の不安定な心が刺激されて、どんなものにでも不安を抱くようになっているんです。

おできができると、ちょっと触れるだけでも、いたい! と感じるのと同じイメージです。

そしてこの人は、何かひとつの不安を解決しても、

心の不調が、次に新しい不安材料をみつけてきては、何かにつけて、ずっと不安がります。

■で、この状態が続く人は、心理学的なアプローチ、認知療法なども効くものの、

それ以上に必要なこと、基礎部分として、

・血糖値とホルモンバランスの乱れ、
・脳の栄養素不足
・神経伝達物質の材料(栄養素)不足

を疑った方がいいです。
なにより僕がそうでした。だからしつこく、今はこのお話を何かにつけてしているのです。

サンマがとれなくなってしまう事が、不安の原因ではないのです。
あなたの性格の問題でもないです。

【普通の人なら、ある程度は流せるようなことにまで、不安で仕方ないあなたの心のバランス状態】なんです。

こういう症状は心理分析よりも、食事療法と、サプリメント摂取でかなり改善します。

言い方を変えると、心のアプローチやら、癒しやら、たくさんしてきたのに回復しないのは、
土台である身体、脳の状態に問題があるから。

不安で敏感な心は、栄養不足の証拠です。
健全な、図太さ、を持っている人は、心のバランス、ひいては脳の栄養状態とホルモンバランスが整っているからなんです。

あなたの性格に問題があるのでもなく、
育った環境のせいでもなく、
心が弱いとか、そういう精神論ではなく、(それはもう充分なので)

食事と栄養を疑ってください。

*********
その場合、血糖値のアップダウンも大きな問題です。
不安のもとになるアドレナリンが必要以上に放出されている可能性があります。

糖質制限と、心の亜鉛の摂取、考えてみてください。
心の亜鉛は、血糖調整に必要なインスリンのバランスを整えて、低血糖症の改善に必要な栄養素です。

この心の亜鉛を試してもらい貯め、初回限定の値段を下げています。
このメルマガをご覧の方は、初回限定を以前注文済の方でも、再度、注文することができます。

亜鉛不足のチェックも以下でできますよ
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-05/