More from: 疲れた


サプリメントも慣れが必要な人がいる。その場合は少量からスタート

本当に本当に稀なのですが、サプリメントを初めて飲んだ時に、胃に違和感がある、という方がいるとのことで、今回、当方にも初めてお問い合わせをいただいたのでお答えします。
 
 
まず、サプリメントは食品であり、これによって体調が崩れたり、副作用が出たりすることはありません。脂溶性ビタミンのAやDでも、高容量のものを一気に1瓶を飲むなど、よほどバカなことをしない限りは問題にはなりません。
 
 
これは、普通の食事を考えても同じことで、たまねぎを一気に20個も食べたら誰だって気持ち悪くなりますよね。それと同じで、そんなことは意図的にしない限り起こりません。
 
なので、サプリメントを飲むことを恐れないでください。
 
 
ます、最初にお伝えしたいのは、仮に気持ち悪くなったとしても、どうか、これを機会にサプリメントを諦めることはしないでください。
 
コーダサプリメントは、吸収面までしっかり考えており、心と体の回復をサポートします。ただし、治療レベルのサプリメントなので、他のサプリメントよりも、容量が多いのは事実です。
 
 
よって気持ち悪くなる、ということは、理由として
 
 
 
今までその栄養素に慣れていなかったため、  
 
 
1現在の身体にとっては量が多い
2身体の消化吸収力がかなり落ちている
 
のどちらかが、まずは考えられます。
 
 
●1の対処法
 
とにかく少量からスタートしてください。日本人はたまに辛いものを食べると、大便の後にお尻がヒリヒリすることがあります。これはチリを上手に消化できなかったから。なぜなら食べ慣れていないからです。つまりチリを、食べる機会がほとんどなかったから。
 
一方でマレーシアやインドの人たちはお尻が痛くなることはありません。なぜなら彼らは辛いものに慣れているから。
 
 
なお、そんな彼らでもしばらく辛いものから遠ざかると、久しぶりに辛いものを食べた後は大便の後にお尻が痛くなります。(友人より実証済み)
 
 
つまり、日頃からその食品を食べてないところにたくさんその食べ物や栄養素が入ってくると体がびっくりしてうまく対処できないことがあるのです。
 
その場合は、タブレットは砕いて、カプセルなら、割って中身を分けて飲んでみてください。
 
例えばタブレットの半分、もしくは1/4を飲むことから始めてもらいます。最初は胃のあたりに違和感があった方も、一週間から二週間かけて少しずつ増量していきます。
 
 
タブレットの砕き方ですが、ピルカッターなどがない場合は、ティシュなどでくるみ、ハンマーや調理器具の持ち手の部分で、砕いてください。
 
ひとかけらからスタートしていただき、そこから二週間程度かけて少しずつ増量していきます。焦らないでください。
 
 
サプリメントは食品です。特にサプリメントを今まで摂取されたことがない方は、このやり方をおすすめしております。
 
 
 
 
 
●2の対処法
 
 
そもそもの、消化の力が弱っている可能性があります。サプリメントは食品です。食品を食べて気持ち悪くなるというのは、胃もたれの可能性があるんです。単純に消化吸収能力が落ちているんです。
 
日頃から、少食であまり食べられない、食欲がない、お腹の調子が変わりやすい、などに当てはまるのならなおさら、胃腸の調子を整える必要があります。
 
 
消化の力をあげるには、いくつか方法がありますが、腸内環境改善とたんぱく質の摂取が強い胃腸をつくります。
 
お腹の調子のための気軽に始められる身近な食べ物として、プレーンのヨーグルト、これを間食にして、少量頻回で食べる量を増やしてください。たくさん食べなくてよいので、こまめにたんぱく質を食べることで、胃腸が改善していきます。
 
加えて腸内フローラのサプリメントも役に立ちます。
 
 
サプリメントで体調も心も回復するのは間違い無いので、最初のスタートで少し違和感を感じても、ここであきらめず、少量からスタートしていきましょう。必ず結果がついてきます。
 
 
 

 


コーダサプリで元気になった。81歳の母にはどうだろう

感想とご質問いただきました。
 
 
Y様
 
橋本様のサプリを続けて、以前に比べてだいぶ元気になりました。
他のサプリも検討中です。

81歳になる母親にもサプリは良いのかどうかと思っています。
大病はしていないものの、今年の夏に体調を崩したのと、足腰が弱り、歩きずらそうです。そのせいで外出が控えめになり、以前より愚痴っぽくなっています。本人はいまさら、とか言って、耳鼻科等からもらった薬を飲んでいます。年のせいもあり、意外に頑固です。まあ、あまり干渉しないようにします。いつもありがとうございます。
 
 __________
橋本回答
 
 
Y様
 
感想ありがとうございます、以前よりだいぶ元気になられたとのことで、こんなに嬉しいことはありません。ご報告ありがとうございます。お母様へのサプリメントですが、無理のない範囲で、少量、つまり1粒ずつからはじめられて、様子をみてください。また、カプセル型のものは、嚥下の力が弱っていると、うまくのみこめない恐れもありますので、注意してください。当方のヘム鉄ジェントルや腸内フローラのタブレットサイズであれば、みなさん慣れているのですが、日本人はカプセル型に馴染みが薄いため、最初はカプセルを大きく感じられるかもしれません。嚥下が難しい時は、カプセルから内容粉を取り出し、粉薬のように飲んできただければ嚥下の心配は無くなります。まずは一粒ずつお試しいただき、2週間ごとに増量しながら、様子を見てためしてみてください。Y様に効果があったと言うことは、お母様にも、嬉しい効果をもたらしてくれます。またご質問お待ちしておりますね。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 

銀歯がある人、要チェック! 心の不調は銀歯かも 重金属の蓄積、重金属除去の前に。副腎疲労・アドレナルファティーグ

栄養療法をやっていると、重金属の除去を提案されることがあります。
 
 
橋本翔太自身の経験では、まずは、栄養と食事をしっかりとることから初めて、そのうちに重金属が流れていくこともあるので、その上で調子が改善しない時に、検査をする形でもいいと思っています。
 
心の回復の基本は、
 
1糖質制限と高たんぱく質の食事と血糖値の安定
2サプリメントで心の栄養素をしっかり補充
3腸内フローラの改善
 
の3点です。
 
 
ただし、一点だけ。
 
歯の治療で、銀歯がある方。しかも、昔治療して、しばらく詰め物を変えていない方は、詰め物を、変えましょう。
 
 
歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメしています。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、レジンなどの白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。見た目もいいですし、それで心の不調の原因が取れるかもしれません。
 
なお、そのプラスチック素材の詰め物は、セラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。こちらから聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(保険治療外で6万円~くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。
 
 
重金属の蓄積、重金属の除去がきになる方は、まずはお口の中をチェックです。