More from: 副腎疲労

コーサダプリメントで三ヶ月で劇的に回復!メンタル面が非常に良好に!

コーダサプリメントの感想をいただきました

奈良県生駒市Tさま

お世話になっております。Tと申します。昨年12月より、こちらのサプリメントを定期購入させていただいております。昨年11月の人間ドックで貧血と診断されましたが、今年の2月の血液検査では、劇的に改善していると医師から言われました。鉄剤などは不要、そのサプリメントをずっと続けなさいと言われ非常に嬉しかったです。フェリチンの値は35でした。

私は7年前に低血糖症(無反応性)を診断されましたが、その時のフェリチンの値は9でした。(その時の処方されたサプリメントは高く、続きませんでした)途中で、面倒になり治療を放り出して症状がどんどん悪化し、生きるのも辛い状態になりました。ですので、こちらのサイトで同じ症状が詳しく書いてあるのを読みもう1度、真剣に取り組もうと考えました。現在3月中旬時点で、メンタル面が非常に良好です。色々なことにワクワクできる自分に戻りつつあります。

振り返ってみれば、中学生、高校生頃から低血糖の症状が出ていたと思われますので健康レベルでいうと今が一番良い状態ではないかなと思っています。ですので、この調子でフェリチン80以上の維持が出来ればどのような自分になれるのか、ワクワクしている状態です。これもひとえに橋本翔太さんのご苦労のお陰だと思っております。有難うございます。 

_____

Tさん、感想をありがとうございました。大変嬉しいです。感謝申し上げます。低血糖症、サプリメントの治療は、根気が必要ですよね。病院で処方されるサプリメントは非常に高価なものが多いです。僕も最初は病院のサプリメントを利用していましたが、莫大な費用がかかり、大変でした。それをなんとかしたいと思ったのが、そもそも、コーダサプリメントを作ったきっかけです。厚生省の規約に基づき、栄養療法院内で処方されるものと遜色のないものを、提供しています。

こうやって、Tさんが回復されていることが、何よりの励みになります。みなさんにも伝えたいのですが、まずは、鉄です。フェリチンが80ng/ml以上あるのか、それがメンタル不調があるかどうかの分かれ目です。すでに貧血がある方は、メンタルに不調がでて当然なんです。早い人で、三ヶ月程度で、メンタルと体の不調が楽になります。

心の不調を、トラウマや心理の問題で解決しようとしないことです。薬も役に立ちますが、根本の治療にはならないことが多いのです。根本的に変えるためには、脳の栄養不足を補う必要があります。そのために、サプリメントが必要なんです。橋本自身、患者として、症状に、サプリメントの値段に、続けていく大変さに苦しんで着ました。だから、コーダサプリメントを作り、かつ、この体験をみなさんにお伝えしています。


問題を解決するのに、ここから一歩、進んでいきましょう。

栄養ボディ療法、コーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/

 

 


銀歯がある人、要チェック! 心の不調は銀歯かも 重金属の蓄積、重金属除去の前に。副腎疲労・アドレナルファティーグ

栄養療法をやっていると、重金属の除去を提案されることがあります。
 
 
橋本翔太自身の経験では、まずは、栄養と食事をしっかりとることから初めて、そのうちに重金属が流れていくこともあるので、その上で調子が改善しない時に、検査をする形でもいいと思っています。
 
心の回復の基本は、
 
1糖質制限と高たんぱく質の食事と血糖値の安定
2サプリメントで心の栄養素をしっかり補充
3腸内フローラの改善
 
の3点です。
 
 
ただし、一点だけ。
 
歯の治療で、銀歯がある方。しかも、昔治療して、しばらく詰め物を変えていない方は、詰め物を、変えましょう。
 
 
歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメしています。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、レジンなどの白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。見た目もいいですし、それで心の不調の原因が取れるかもしれません。
 
なお、そのプラスチック素材の詰め物は、セラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。こちらから聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(保険治療外で6万円~くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。
 
 
重金属の蓄積、重金属の除去がきになる方は、まずはお口の中をチェックです。
 
 
 
 
 
 

 


シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法、副腎疲労

シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法について、研究のため、改めて自分が診察をうけることにしました。日本と違って何か発見があるかもしれないし。日本にない検査項目とかあるかもしれないし。
 
医療も、日本とちがってガチガチではないところを感じてます。
例えば日本だと、検査結果の数値が、平均値以内だったら、どんなにそれが、平均値の低いところであっても、問題なしにされると僕は感じてました。
 
ルールはルール、という頑なな感じ。
 
もちろんドクターによりますが、こちらはその辺の融通とか相談がしやすいように思います。良くも悪くもゆるいというか、フレンドリー。
62E97E3A-378F-439C-9CAB-A1D673C166A7.jpg

栄養療法で、専門医にかかる必要があるかどうか

よく質問をいただきます。それは、


低血糖症と、低フェリチンによる貧血、あるいは副腎疲労だと思うが、

大きな総合病院にいっても、低血糖症をわかってもらえず、かつ貧血も問題なく

(フェリチンをみてもらえない。見ても数値的に問題ないといわれる。一般的な病院だとそういう反応をされます。今まで書いてきましたが、一般的な検査、表面上の鉄の数値は問題ない方がほとんどです。橋本もそうでした。しかし、フェリチンが80ng/mlは、あきらかに何らかの問題がでる数値なんですよ!

なお、栄養療法の専門病院のドクターも、一般の病院、内科や心療内科の先生はまだまだ、栄養療法について理解がない、と嘆いています。ドクター自身、他の先生には栄養療法のことは話さなくていいし、話してもわかってもらえない、といいますね)

とにかく、相手にされないどころか、その先生や病院に否定されたようで、すごく落ち込んでしまった、というお話を聞くことがたびたびあります。


また、地方におすまいの方で、検査をしたいのだけれど、栄養療法をやってくれる病院はないか、という相談もうけます。


橋本の意見ですが、

栄養療法の病院で検査をうけると、保険適用外のために、初回で10万円近くかかり、さらにサプリメント代だけで1月に8万円近く請求されるのが、ざらです。橋本翔太もそうでした。


しかし、

診察後も、検査後も、結局やることは、特に治療のはじめにとりくむこと、やることは同じで、


●サプリメントの摂取
●たんぱく質の多い食事
●糖質制限

の3本だて、なんです。

5時間糖負荷検査をして、自分のパターンを知ることも、
コルチゾールの数値をしらべて、副腎の疲労具合を知ることも、人によっては必要な場合がありますが、

低血糖症も副腎疲労も、低フェリチンによる貧血も、これらによるメンタルの不調や身体の不調は、


結局のところ、パターンを知ろうが知るまいが、

空腹の時間が続かないようにする
糖質の低いものを食べる
食べる順番に気をつける
食事と食事の間をあけすぎないこと、チーズやナッツや豆乳などを捕食にとること
サプリメントで、絶対必須のヘム鉄、ビタミンB群、できれば亜鉛、ビタミンC,ビタミンDを摂取していく。


という、基本は変わらないんです。やることは、検査をしようがしまいが、同じなんですね。


ですから、

●糖質制限をする
●アミノ酸なども追加して、意識的にたんぱく質をたくさん食べる
●サプリメントの摂取

この3本だて、は検査しようが、しまいが、同じなので、


周囲に相談できる機関がない方は、
一般の病院、かかりつけの病院に引き続き通いながら、
特別に栄養療法の病院に通わなくてもいいので、

まずは、自分で取り組んでみることを橋本はおすすめします。
早い人だと二週間で、少なくとも三ヶ月もすれば、変化は起きてきますから。


定期購入の方にはアドバイスもしていますから、
橋本翔太が責任をもっておすすめできる、コーダサプリをはじめてみませんか。


栄養ボディ療法では、食事をどうしていったらいいかの具体的な指導ものせています。


橋本翔太は実践してきた体験者であり、そこから立ち直ってきた経験があります。
活用してください。

supplement.reiki-de-kirei.com/