More from: 低血糖症


ピアノレイキの感想をご紹介させてください。

このブログでは栄養療法について書いていますが、

今日は、橋本翔太のもうひとつの活動である音楽療法の分野について、

 

感想をいただきましたので、ご紹介させてください。 

 

 

  

兵庫県西宮市Hさま、、、

 

 

こんにちは。

いつもお世話になっております。

 

早速なのですが、

現在、御社のCDでナチュラリング デトックス とソウルセルフケアを聴いていまして、

 

ソウルセルフケアを1日に一回、その後にデトックスを1日に二回聴いています。

 

ソウルセルフケアは聴くと毎回、強い怒り(憎しみに近い感じです)が出ますので、辛いのですが、自分を守ってくれる思考も出てきていまして、嬉しくて聴いています。

 

デトックスはまだ聴いて一週間なのですが、時々みぞおちの当たりから「もっと幸せになっていいよ」と言う言葉が出てきてとても嬉しいです。

 

まだソウルセルフケアも5日しか聴いていないのに、タイミングがいい事が何回かあり、びっくりしています。ただ悪い思考が働くとやはり悪い気がします。(私は思考が止まらなく人の影響をわりと簡単に受けてしまうタイプです)それもありまして、グラウディングをいただきたいと思うのですが、ここにプラスしても大丈夫でしょうか?

 

 

また、既に手元にありますストリーミングもいずれは足したいと思っていますし、夜のピアノレイキも足したいのですが、1日に何種類も聴いても大丈夫ですか?

 

 

またもし何種類もはだめなようでしたら、デトックス、グラウディング、ストリーミングへの移行のタイミングなどがありましたら教えていただけたら助かります。

 

 

長々とすみません。

どうぞよろしくお願いいたします。

==================

 

 

 

 

こんにちは、橋本です。

まずは、CDの効果を体感いただき大変うれしく思っております。お名前を伏せて、ぜひブログなどでもご紹介させてください。

 

CDですが、何種類もきいてもらっても大丈夫です。特に組み合わせで問題になることもありません。

 

以降のタイミングですが、ご自身の直感にしたがって、CDを選んでください。その日に聞きたいものが、その日に必要なものだと思ってください。CDの効果がしっかりでてますので、引き続きご活躍ください。

 

 

 

、、、、、、、

いただいたお返事

、、、、、、、

 

橋本先生

 

こんにちは。いつもお世話になっております。この度は、アドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました。感激しました。すごく嬉しかったです!

 

体験談ですが、お役にたてましたら嬉しいです。

 

 

前回質問させていただいてから、また嬉しい変化がありました。

 

ソウルセルフケアとデトックスにメンタルセルフケアをプラスして聴いていましたが、初めて聴いて苦手だったストリーミングもなんだかいける気がしてきてプラスして聴いてしまいました。

 

 

私事なのですが、6年前に離婚を経験していまして、その後は、頑張らなきゃと働き続けて、3年前にストレスからメニュエール病を発症しまして、自宅療養を続けていますが、たくさんの後悔や怒り、燃え尽き症候群のような症状も出て、日がたつと同時にメンタルが悪くなっていました。

 

ピアノレイキは、8年前に知っていたのですが、その時は、自分が良くなる事に許可を出せていなくて、すごく良かったのに聴くのをやめてしまいました。

 

 

 

昨年の秋に、目覚めた瞬間、ふとピアノレイキと言う言葉がよぎり、CDを買わしていただいたのですが、怒りの気持ちが出てくるのが辛く、一時お休みをして、また聴きたくなり最近聴き始めました。

 

 

最近はもっと自分を大切にしていいよと言うメッセージが自分の中から出てきたり、自分に自信が出たのか、自分を信頼する気持ちが少しずつ戻ってきました。

 

 

 

ひとりぼっちだと思って寂しくて泣いていたのですが、自分がいる、と思えて嬉しかったです。

 

びっくりしたのが、再婚したいなと心から思った事です。

 

 

そしてストリーミングを足してからは行動力が半端なく(まだ3回しか聴いていません)、2週間前の私からは想像がつかない位、メンタルと行動力が上がってきまして、タイミングがいい事が増えてきています。びっくりしていますし、本当に嬉しいです。

 

 

やっと本当の自分の人生に近づいている気がしています。あんなに辛かった私をここまで変えて下さって、本当にありがとうございます。

 

 

これからも綺麗な音色に癒され楽しみながら、感謝しながら、聴き続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

 

、、、、、

 

Hさま

 

こちらこそ、素敵なメールを送ってくださりありがとうございました、心がイキイキとされてきたこと、私のCD、音楽がそのお手伝いをできたこと、本当に嬉しく思います。

 

ピアノレイキ、ナチュラリングが誕生したしてから12年になります。

 

この間に多くの人からたくさんの奇跡、ご報告いただきました。

 

みなさんも是非ためしてみてください。

 

 

CDの試聴など

shotashop.com/?tid=&mode=f1

 

 

 

0ED5AEFB-B83C-4253-B87A-6907D5D7CF51.jpg

 

 

 

 

 

 


サプリメントも慣れが必要な人がいる。その場合は少量からスタート

本当に本当に稀なのですが、サプリメントを初めて飲んだ時に、胃に違和感がある、という方がいるとのことで、今回、当方にも初めてお問い合わせをいただいたのでお答えします。
 
 
まず、サプリメントは食品であり、これによって体調が崩れたり、副作用が出たりすることはありません。脂溶性ビタミンのAやDでも、高容量のものを一気に1瓶を飲むなど、よほどバカなことをしない限りは問題にはなりません。
 
 
これは、普通の食事を考えても同じことで、たまねぎを一気に20個も食べたら誰だって気持ち悪くなりますよね。それと同じで、そんなことは意図的にしない限り起こりません。
 
なので、サプリメントを飲むことを恐れないでください。
 
 
ます、最初にお伝えしたいのは、仮に気持ち悪くなったとしても、どうか、これを機会にサプリメントを諦めることはしないでください。
 
コーダサプリメントは、吸収面までしっかり考えており、心と体の回復をサポートします。ただし、治療レベルのサプリメントなので、他のサプリメントよりも、容量が多いのは事実です。
 
 
よって気持ち悪くなる、ということは、理由として
 
 
 
今までその栄養素に慣れていなかったため、  
 
 
1現在の身体にとっては量が多い
2身体の消化吸収力がかなり落ちている
 
のどちらかが、まずは考えられます。
 
 
●1の対処法
 
とにかく少量からスタートしてください。日本人はたまに辛いものを食べると、大便の後にお尻がヒリヒリすることがあります。これはチリを上手に消化できなかったから。なぜなら食べ慣れていないからです。つまりチリを、食べる機会がほとんどなかったから。
 
一方でマレーシアやインドの人たちはお尻が痛くなることはありません。なぜなら彼らは辛いものに慣れているから。
 
 
なお、そんな彼らでもしばらく辛いものから遠ざかると、久しぶりに辛いものを食べた後は大便の後にお尻が痛くなります。(友人より実証済み)
 
 
つまり、日頃からその食品を食べてないところにたくさんその食べ物や栄養素が入ってくると体がびっくりしてうまく対処できないことがあるのです。
 
その場合は、タブレットは砕いて、カプセルなら、割って中身を分けて飲んでみてください。
 
例えばタブレットの半分、もしくは1/4を飲むことから始めてもらいます。最初は胃のあたりに違和感があった方も、一週間から二週間かけて少しずつ増量していきます。
 
 
タブレットの砕き方ですが、ピルカッターなどがない場合は、ティシュなどでくるみ、ハンマーや調理器具の持ち手の部分で、砕いてください。
 
ひとかけらからスタートしていただき、そこから二週間程度かけて少しずつ増量していきます。焦らないでください。
 
 
サプリメントは食品です。特にサプリメントを今まで摂取されたことがない方は、このやり方をおすすめしております。
 
 
 
 
 
●2の対処法
 
 
そもそもの、消化の力が弱っている可能性があります。サプリメントは食品です。食品を食べて気持ち悪くなるというのは、胃もたれの可能性があるんです。単純に消化吸収能力が落ちているんです。
 
日頃から、少食であまり食べられない、食欲がない、お腹の調子が変わりやすい、などに当てはまるのならなおさら、胃腸の調子を整える必要があります。
 
 
消化の力をあげるには、いくつか方法がありますが、腸内環境改善とたんぱく質の摂取が強い胃腸をつくります。
 
お腹の調子のための気軽に始められる身近な食べ物として、プレーンのヨーグルト、これを間食にして、少量頻回で食べる量を増やしてください。たくさん食べなくてよいので、こまめにたんぱく質を食べることで、胃腸が改善していきます。
 
加えて腸内フローラのサプリメントも役に立ちます。
 
 
サプリメントで体調も心も回復するのは間違い無いので、最初のスタートで少し違和感を感じても、ここであきらめず、少量からスタートしていきましょう。必ず結果がついてきます。
 
 
 

 


コーダサプリで元気になった。81歳の母にはどうだろう

感想とご質問いただきました。
 
 
Y様
 
橋本様のサプリを続けて、以前に比べてだいぶ元気になりました。
他のサプリも検討中です。

81歳になる母親にもサプリは良いのかどうかと思っています。
大病はしていないものの、今年の夏に体調を崩したのと、足腰が弱り、歩きずらそうです。そのせいで外出が控えめになり、以前より愚痴っぽくなっています。本人はいまさら、とか言って、耳鼻科等からもらった薬を飲んでいます。年のせいもあり、意外に頑固です。まあ、あまり干渉しないようにします。いつもありがとうございます。
 
 __________
橋本回答
 
 
Y様
 
感想ありがとうございます、以前よりだいぶ元気になられたとのことで、こんなに嬉しいことはありません。ご報告ありがとうございます。お母様へのサプリメントですが、無理のない範囲で、少量、つまり1粒ずつからはじめられて、様子をみてください。また、カプセル型のものは、嚥下の力が弱っていると、うまくのみこめない恐れもありますので、注意してください。当方のヘム鉄ジェントルや腸内フローラのタブレットサイズであれば、みなさん慣れているのですが、日本人はカプセル型に馴染みが薄いため、最初はカプセルを大きく感じられるかもしれません。嚥下が難しい時は、カプセルから内容粉を取り出し、粉薬のように飲んできただければ嚥下の心配は無くなります。まずは一粒ずつお試しいただき、2週間ごとに増量しながら、様子を見てためしてみてください。Y様に効果があったと言うことは、お母様にも、嬉しい効果をもたらしてくれます。またご質問お待ちしておりますね。
 
 
橋本翔太
 
 
 
 


シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法、副腎疲労

シンガポールの病院で、低血糖症や栄養療法について、研究のため、改めて自分が診察をうけることにしました。日本と違って何か発見があるかもしれないし。日本にない検査項目とかあるかもしれないし。
 
医療も、日本とちがってガチガチではないところを感じてます。
例えば日本だと、検査結果の数値が、平均値以内だったら、どんなにそれが、平均値の低いところであっても、問題なしにされると僕は感じてました。
 
ルールはルール、という頑なな感じ。
 
もちろんドクターによりますが、こちらはその辺の融通とか相談がしやすいように思います。良くも悪くもゆるいというか、フレンドリー。
62E97E3A-378F-439C-9CAB-A1D673C166A7.jpg

心の痛みは、誰にも『わかってもらえない』ということが『わかった』

心がつらいとき、

ましてそれが、ちょっとした落ち込みの程度ではなく、


低血糖症や、
うつ病、
パニック症候群、
その他の精神症状を、伴っている場合、

つまり、脳内の神経伝達物資の乱れによって、心の状態がつらく、くるしく、おかしくなっている場合、


精神論や、カウンセリングで、それを解決するのは、どうしても限界があります。
それを身をもって体感したので、

僕は栄養療法、サプリメントの指導をはじめたわけです。
脳が機能してくれないと、いくら心のアプローチをしても、効果はでません。


心理的なアプローチが効果を発揮するのは、ある程度、脳の状態が回復してからです。

実際、うつ病などの臨床現場でも、認知行動療法を行うのは、軽度のうつか、回復期にあたる
人が対象になります。


****

本当につらいときほど、だれかにわかってほしくて、相談したり、話したり、
自分の苦しみをわかってほしいと思うものです。


でも、


悲しいかな、


この苦しみは、想像を絶する苦しみは、ある意味、生き地獄、という状態は、わかってもらえません。
人は、体験したことしか、結局理解できないのです。

まして、心の苦しみは、骨折でギブスをはめているような、外からみえるものではありません。
見た目は普通なので、その不自由さを想像しづらく、何でそんなに苦しいのか、理解してもらえないんです。


相談しても、叱咤激励されてしまう、そんなことくらいで、落ち込んでどうするの、と言われてしまう、
わたしもがんばっているのよ、みんな辛いけど頑張って生きているのよ、と諭されてしまう。


ちがう、そうじゃない、本当に、この苦しみは、もう、どうにもできないんだ、
自分を自分でコントロールできないんだよ。。。

そんな声は、相手には届きません。だって、経験してないし、わからないんです。


家族や、パートナー、身近な人ほど、理解してほしい、わかってほしい、この苦しみを、わかってほしい。


でも、身近な人ほど、やっぱりわかってもらえないんです。わからないんです。
これは仕方ない。
本当に、残酷な現実ですが、仕方ない。


僕がどんなに切実に、出産の痛みを説明されても、陣痛の想像がつかないのと、ある意味一緒です。


ある程度、似たような状況を体験した人のみ、その苦しみを理解できると思います。
けれども、全く同じ苦しみを経験しているわけではないので、やはり近いところで、わかるだけで、

本当の意味でわかってもらうことはできない。

悲しいけど、

わかってもらえない。 ということを、 僕は わかりました。


だから、僕は、体験者として、少しでも、相手の痛みを『わかる』存在として活動していきたいですし、
解決のために、効果のあるものをどんどん紹介していくつもりです。

だって、今苦しいのは、あなたのせいじゃないんだから、あなたが悪いわけではないのだから。
脳が、ちょっとバランスを崩しているだけなのだから。


それでも、心の隅においておかなければならないのは、


心の痛みは、本当の意味で、誰にも『わかってもらえない』ということを、『わかって』おくこと。

それをわかっているだけで、傷つくことは少なくなります。

そして、わかってもらえなくても、必ず回復できます。
大丈夫だから。良くなる日がくる、楽になれる日がくる。

それを忘れないで。

 

 

橋本翔太のメルマガ
www.reiki-de-kirei.com/ml.html

橋本翔太の本
www.reiki-de-kirei.com/profile/book.html

心のためのコーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/

橋本翔太のヒーリングピアノシリーズ
shotashop.com/?tid=8&mode=f1


頑張って は禁句。じゃあ、なんていえばいいの?

心が辛い人に「頑張って!」も「頑張らないで!」も、負担になってしまいます。わかてっててもできない、ダメな自分を再認識して苦しめてしまうから

じゃあなんて言えばいい?「頑張ってきたんだね」「頑張ってるんだね」って言ってあげてください。

 

 

その人は、たしかに頑張ってきたし、

今も頑張ってるのが本当だから

アドバイスはいらないから、

それをわかってあげてください。

そして、今苦しい人は、まずは自分に

ここまで、よく頑張ってきたよね

って、

声をかけてあげてください。

 

 

 

あなたはそう思えないかもしれない。

何も成し遂げられなかった、

何もできてない、

役立たず、

生きてる意味なんてない、

存在価値なんてない、

 

 

でもでも、

そんな思いを抱えながら、

ここまで、頑張ってきたのは本当。

だから。

 

 

 

よく頑張ってきたよね。

今も頑張ってるね。

って、つぶやいて、自分に声をかけてあげてください。

まずはそこから、それだけで、また一歩進むから。


栄養療法で、専門医にかかる必要があるかどうか

よく質問をいただきます。それは、


低血糖症と、低フェリチンによる貧血、あるいは副腎疲労だと思うが、

大きな総合病院にいっても、低血糖症をわかってもらえず、かつ貧血も問題なく

(フェリチンをみてもらえない。見ても数値的に問題ないといわれる。一般的な病院だとそういう反応をされます。今まで書いてきましたが、一般的な検査、表面上の鉄の数値は問題ない方がほとんどです。橋本もそうでした。しかし、フェリチンが80ng/mlは、あきらかに何らかの問題がでる数値なんですよ!

なお、栄養療法の専門病院のドクターも、一般の病院、内科や心療内科の先生はまだまだ、栄養療法について理解がない、と嘆いています。ドクター自身、他の先生には栄養療法のことは話さなくていいし、話してもわかってもらえない、といいますね)

とにかく、相手にされないどころか、その先生や病院に否定されたようで、すごく落ち込んでしまった、というお話を聞くことがたびたびあります。


また、地方におすまいの方で、検査をしたいのだけれど、栄養療法をやってくれる病院はないか、という相談もうけます。


橋本の意見ですが、

栄養療法の病院で検査をうけると、保険適用外のために、初回で10万円近くかかり、さらにサプリメント代だけで1月に8万円近く請求されるのが、ざらです。橋本翔太もそうでした。


しかし、

診察後も、検査後も、結局やることは、特に治療のはじめにとりくむこと、やることは同じで、


●サプリメントの摂取
●たんぱく質の多い食事
●糖質制限

の3本だて、なんです。

5時間糖負荷検査をして、自分のパターンを知ることも、
コルチゾールの数値をしらべて、副腎の疲労具合を知ることも、人によっては必要な場合がありますが、

低血糖症も副腎疲労も、低フェリチンによる貧血も、これらによるメンタルの不調や身体の不調は、


結局のところ、パターンを知ろうが知るまいが、

空腹の時間が続かないようにする
糖質の低いものを食べる
食べる順番に気をつける
食事と食事の間をあけすぎないこと、チーズやナッツや豆乳などを捕食にとること
サプリメントで、絶対必須のヘム鉄、ビタミンB群、できれば亜鉛、ビタミンC,ビタミンDを摂取していく。


という、基本は変わらないんです。やることは、検査をしようがしまいが、同じなんですね。


ですから、

●糖質制限をする
●アミノ酸なども追加して、意識的にたんぱく質をたくさん食べる
●サプリメントの摂取

この3本だて、は検査しようが、しまいが、同じなので、


周囲に相談できる機関がない方は、
一般の病院、かかりつけの病院に引き続き通いながら、
特別に栄養療法の病院に通わなくてもいいので、

まずは、自分で取り組んでみることを橋本はおすすめします。
早い人だと二週間で、少なくとも三ヶ月もすれば、変化は起きてきますから。


定期購入の方にはアドバイスもしていますから、
橋本翔太が責任をもっておすすめできる、コーダサプリをはじめてみませんか。


栄養ボディ療法では、食事をどうしていったらいいかの具体的な指導ものせています。


橋本翔太は実践してきた体験者であり、そこから立ち直ってきた経験があります。
活用してください。

supplement.reiki-de-kirei.com/


【フェリチン】で、メンタル回復!性格まで改善!心の必須栄養素ヘム鉄で人生が変わる

もう、とにかく、心の安定にも、夢をかなえるにも、アンチエイジングにも、朝に強い身体をつくるのも、生理前のつらさを緩和するのも、うつやパニックも、鉄分、そしてフェリチン値の上昇がないと、先に進みません。動画を作りました。

 

メルマガ(無料広告なし)もこの機会に登録してください。
www.reiki-de-kirei.com/ml.html

ヘム鉄、コーダサプリ、フェリチンについての詳細
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-01/