More from: ビタミンD

知人が30代で急死しました。たった数日で

 

シンガポール人の友人から突然、

「どうかお願い! いますぐお花を東京の病院に送って欲しいの! お金は後で払うから。場所は、、、」
と、かなりパニック状態で連絡がきました。


その友人の友人にあたる、僕は面識のない、シンガポール人カップルが二週間前から東京に遊びに来ていたそうなのですが、
彼氏が急性肺炎になり、今病院の集中治療室で、もう余命数日と告知されたそうなんです。


僕の友人は最初、肺炎(Pneumonia)のことを、現象(Phenomena)と間違えてしまうくらいパニックで、僕もそれで意味がわからなくて、一方で、lung(肺)の単語を繰り返すので、「ちょっと落ち着いて、どういうこと?」というやりとりが、必要でした。


僕は肺炎には無知なので、ざっと調べたのですが、若い人でも、肺炎で命を落とす方が少なくないんですね。特にインフルエンザになったあとに併発することが多いみたいで、その彼はまさに、インフルエンザ治りかけで日本に遊びにきていたのでした。


きっと、二週間の旅行、休みをとって、前から計画していて、病み上がりでちょっと体調が悪いくらいでキャンセルしようなんて、思わなかったんだと思います。まして肺炎でこんなことになるなんて、誰が想像できたでしょうか。

僕「そんな状態じゃ、植物を送っても、菌の問題で病室に持ち込めないはずだよ」
友人「たしかに、、しかも集中治療室だもんね」
僕「電報はどう? ヌイグルミ付きのやつとかあるよ」
友人「ちょっと確認する、待ってて」

数分後、、、
友人「もう、電報とか、そういうのも受け取れる状態じゃないって…。騒がせてごめんね」


30代前半のその彼は、二週間の旅程の途中で急性肺炎になり、この世を去りました。面識は全くないものの、そんなことがあるのか、という思いで沈みました。旅行に来れるくらいの元気があったのに、普通に健康だったのに、まだまだ若いのに、たった数日で、あっけなく病死してしまうなんて。もちろんそういう事例は知ってしましたが、今回はより身近に、リアルに感じました。


僕にはマレーシア、タイ、シンガポール、インドネシア人の友人がいますが、みんな、冬や雪への憧れが強くて、日本には桜の季節か、雪の季節に来たい!と口をそろえて言います。近年は北海道が人気です。(先週東京に降った雪、きっとその彼は嬉しかっただろうな)

でも一方で、僕たちが暑い国で、現地人は平気な食べ物にあたって体調を崩すのと同じように、この寒さから体調を崩す人は僕の友人関係でも結構いました。生まれた時から何十年も冬を経験し風邪を何度もひいてきた日本人と、年間30度より気温が下がらない熱帯の国から来た人では、冬に対する免疫の違い(もしくは寒さへの対処法や経験値の違い)は大きいのかもしれません。


かといって、僕たちが肺炎にならない保証はないので、(当然日本人も若くして肺炎でなくなっている人が少なくないことに驚きました)
単純に、先日もお伝えしたビタミンD3のサプリメント摂取などで、免疫をあげること、マ物理的な予防を心がけること、は、大切なことですよね。(とにかく、結局は免疫が下がっている時が一番危ないそうです)。実際、日本の幼稚園での実験データーで、ビタミンD群を摂取した子どもたちは、ビタミンDを飲まなかったグループと比べて圧倒的に感染率が減った報告があります(ビタミンD インフルエンザ)で検索すると、いろんな記事がでてきます。

そうやって、できることはやる。
それにしても、いつもニュースの中で、どこかで人事に感じている【人の死】が自分に降りかかって、旅行にこれるくらい、健康で若いにも関わらず、数日で息絶えてしまうようなことが、2016年になっても起きているんです。

明日死んでもおかしくない


って、みんなわかっているのに、この言葉が擦り切れてしまって、なんの効力もなくなっていますが、
改めて、
明日死んでもおかしくない。

とかみしめました。

僕は、何度か死にかけた経験もあってか、死んでしまうこと自体に、ものすごい恐怖を感じることはないのですが、(その時になったらわかりませんが)


はっきり言えるのは、今、あと数日で死ぬことになったら、


したかったのにできなかったこと、
行こうと思いながら、行かなかった場所
連絡をとろうとしながら、まだしてない人がいること、
やりたかったのに実現できなかったこと、
先延ばしにして、結局まだできていないこと、

作れなかった、曲、うた、本、
世に出せなかった、作品や文章
録音できなかった歌やピアノ
誰かに伝えられなかった言葉があること、
もっとできたであろうに、やらなかったこと


を、思い、くやしく、悲しくなるのは間違いないと思います。

そして、自分じゃなく、大切な誰かが、数日で、たった数日で亡くなってしまうことも、当然あるわけです。
だから、ありがとう、や、優しさ、は、思い立ったら、ちゃんと伝えたほうがいい。
意地を張っている間に、伝えそびれてしまうことがあるから。

僕は10歳で倒れて15で亡くなった父親に、一度も、ありがとう、を伝えられなかった。
歌の作品、【伝えそびれた言葉】は、そんな思いでそのまま作りました。だからといって、その思いが消えるわけではないんです。


その亡くなった彼の、恋人のことを思うといたたまれません。
それでも生きていかなければならない残された人は辛い。

あなたは、あと数日、いや、数年の余命だと宣告されて、
何を思うでしょうか。

勇気がでないとき、
傷つくのが怖くて行動できないとき、躊躇しているとき、
迷っているときは、

どこかで、あっけなく人は死んでしまうことを、思い出さなければならない。と思いました。
僕自身、それを思い出しながら、毎日を、生ききることができれば、と今回強く思いました。


特に、迷っているときは。勇気が出ないときは。

死、という、タイムリミットがあるからこそ、終着駅があるからこそ、
その前までに、やりたいことが見えてきて、人は頑張れるんだと思うんです。
勇気が湧いてくると思うのです。


*****
先日書いたビタミンDのこと。残り1月31日までです。
www.shotablog.com/article/432906988.html

 


ビタミンD不足で、くる病再来 メンタルも左右するVDの効果

VD 5,790円⇒2999円! 秋冬の準備を!

●ビタミンD不足で、くる病再来 メンタルも左右するVDの効果

yahooニュースでも取り上げられていましたが、いま、子供のくる病が、
ここにきて増えています。(戦後ほぼ消えたといわれていました)

くる病とは、簡単に言うと、ビタミンD不足による、骨の発育不良です。
ビタミンDは、カルシウムを取りみ、骨の発達と強度に必須です。
背骨が曲がってしまったりするので、ほうっておくと発育に深刻な影響を与えます。

日本小児内分泌学会は2013年、
くる病を正確に診断するための小児科医向けの手引をつくりました。

つまりこの数年、ここにきて、ビタミンD不足が深刻になっています。

子供はくる病などのような、はっきりした表に出てくる症状がでますが、
大人のビタミンD不足は、

・免疫低下により風邪などをひきやすくなる
・体調を崩しやすくなる
・秋冬のメンタルの落ち込み、うつっぽい感じ
・花粉症やアレルギー症状

などによって、現れます。

そして、子供よりもさらに、大人のビタミンD不足が目立ってきているのです。

■理由は、日光浴をしなくなったから。
ビタミンDは、日の光を浴びれば体内で自動生成されますが、

その条件は、半そで半ズボンで、太陽の位置が一番高い時間帯に
15~20分を週3回程度、が目安です。

この条件を満たす現代人は、大人も子供も、ほぼ皆無です。

皮膚がんやシミのもとになる日焼けをさけること、
日焼止めを塗ることはもはや常識ですよね。

残念ながら、
日焼止めを塗った状態では、日光浴をしても、ビタミンDは生成されません。

■かといって、今は2015年、紫外線をじかにあびる勇気のいる人は少ないはず。
まして子供の弱い肌ではなおさら危険です。

この近年の猛暑の中では、
20分、太陽に照り付けられて日光浴、なんてのんきなことを言っている間に
熱中症になってしまいます。(実際先日、群馬県の友人(男性)が、プールで日焼けをして熱中症で入院しました)

ビタミンDを身体でつくる一番のチャンスの夏がこれですから、
他の季節につくられるわけがありません。

食品からとればいいといいますが、ビタミンD含有食品代表の干しシイタケなどは、
工場の乾燥ではなく、天日干しのものでないと、ビタミンDは含まれません。

食べ物からも難しいんです。

■そこで、サプリメントなんです。
日焼けの害と天秤にかけてまで、ビタミンDを体内で作る必要などなく、
サプリメントで摂取すればいいんです。

実際、小児のくる病の治療も、ビタミンD強化の粉ミルクなどで行われます。

■もう、夜は秋の気配がしてきましたね。これからやってくる秋や冬に、
メンタルの落ち込みを改善し、かつ気温の変化で風邪などをひきづらい身体、免疫を高めるために、
ぜひビタミンDを今から摂取して準備してください。

実際、インフルエンザも、ビタミンDを摂取した小児グループと、しないグループでは、
幼稚園でインフルエンザにかかってしまった率がかなり違うという臨床実験が報告されています。

ただし、
ビタミンDは、免疫をあげてくれますが、
サプリメントを飲み始めたら、すぐに上昇するわけではないんです。

少し時間がかかります。

準備をするのなら、夏の終わりの今からはじめてもらうことがとても大切です。
花粉症やインフルエンザの対策まで考えるのなら、効果をしっかり出すためには、
今はじめるのがギリギリです。

■冬場の落ち込みもビタミンDを摂取するだけで改善されることがわかってきました。

ただこちらも、ビタミンD濃度が上昇していくには時間がかかるため、
早めの準備が必要です。

今回、夏の終わりのビタミンDキャンペーンとして、

●このブログをお読みの方は、以前、初回限定ですでにお買い上げいただいた方も、再度、初回限定で購入いただけます。
●5790円⇒4380円 がさらに、 ⇒3749円になります。
●さらに、5袋以上で1袋プレゼント、8袋で2袋プレゼントします。1袋あたり2999円になる計算です。

1袋で一ヶ月もつ、大容量です。
10ヶ月つづけていただくと、確かな体感を得られます。
秋口の今から、気温がおちつく5月末まで、ちょうど10ヶ月です。

この機会にぜひ試してみて下さい。

★なお、すでにビタミンDの定期購入をされている方は、9月の引き落とし分より、1袋 4590円⇒3749円 にてご提供します。特に変更手続きなど必要ありません。

なぜこんな大幅なキャンペーンをしているかといういと、
ビタミンDは特に最近の栄養療法では必ず血液検査をして濃度を調べる、
初期でも重視される栄養素になったにもかかわらず、

摂取している人がまだまだ少ないからです。
どうしても、地味なビタミンだと思われているんですね。

あなたの心と身体の不調は、ビタミンD不足によるものかもしれません。
この機会にお試しいただきたいと思っています。

注文はこちら
shotashop.com/?pid=80173498


心のアミノ酸で、身体までスリムに!

佐賀県にお住まいのMさんから、ご質問と感想をいただきました。

******

いつもお世話になっております。
お忙しい中、お手数ですが、サプリメントの飲み方につ
いて、質問させて下さい。

今日、ビタミンDを注文しました。

ビタミンDは、太陽を浴びればいいから、必要ないかも・・・
と考えておりましたが、そう簡単にはいきませんでした(笑)

今は、ヘム鉄、ビタミンB,ビタミンC,アミノ酸、
を摂取しており、今回で全部のサプリにお世話になる
ことになりました。

まだ商品も届いていないのに、せっかち君で申し訳ない
のですが(笑)

①ビタミンDも、食中か食後の摂取ならば、C,B,
ヘム鉄と一緒に摂っても問題ないのですよね?

②お茶、コーヒー、ホットミルク、ココアなど、
何の飲み物で飲んでも問題ないですか?

③私は、サプリを中身を出して飲んでいます。
寝る前に、Bとアミノ酸を飲むときに、まずいので、
ホットミルクで飲んだことがあります。
問題ないですか?

以上です♪

私は、ビタミンBは9ヶ月、ヘム鉄は8ヶ月が経過
しました。飲み始めてすぐぐらいに、好転したかに
思われましたが、それから一旦低迷して、今度は

ジワジワと効いてきているように感じています。
本当にゆっくりなので、効いてるのかな?
と疑問に思ったこともありました。

しかし、飲む前と比べてみたら、ああ♪そうか♪
って感触です。

アミノ酸においては、適当に飲んでいますが(笑)、
一番の驚きは、間食が減ったことでした。
なので、嫌でも痩せます(笑)

ようやく良い兆しが現れてくれましたので、ビタミンD
で、追い風を!!と思いまして注文しました。

身体をこわして退職して、3年がすぎました。当時から
溝口先生や姫野先生の栄養療法の本と出合い、読んで
ましたが、意識ももうろうとしていたので、全然頭に
入ってきませんでした。

しばらくして、再読してその素晴らしさに気づき、
色々探して橋本さんのブログへたどりつきました。

今思えば、まるで何かに導かれたかのようでした。

運命の出会いだったのだと思っています。

地方に住んでいるので、そちらへは行けませんが、
今後とも、お世話になります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

橋本様、スタッフの皆様、一足早いですが、今年も
お世話になりありがとうございました。

お体ご自愛くださり、よいお年をお迎えください。

***********

ご利用ありがとうございます。橋本翔太です。
そうですか、姫野先生や溝口先生のご著書をよまれているのですね。

僕の著書、【大丈夫、あなたの心は必ず回復する(角川中経)】
の第四章では、栄養と心の関係性について書きましたが、

この章は、管理栄養士の大柳珠美先生にお手伝いいただきました。
一緒に読み合わせ、赤入れしていただき、確かな内容になっております^^

当方のサプリメントが御役に立てて嬉しいです。
早速おこたえしますね。

①ビタミンDも、食中か食後の摂取ならば、C,B,
ヘム鉄と一緒に摂っても問題ないのですよね?

はい、まとめて摂取してください。
食事と一緒がベストなタイミングです。

②お茶、コーヒー、ホットミルク、ココアなど、
何の飲み物で飲んでも問題ないですか?

問題ありません。

③私は、サプリを中身を出して飲んでいます。
寝る前に、Bとアミノ酸を飲むときに、まずいので、
ホットミルクで飲んだことがあります。
問題ないですか?

はい、問題ありません。
中身を出して飲む方も多いようですね。

サプリメントは、のみはじめ、最初は変化にはっきり気づくことが多いですね。
その後、

サプリメントを飲んでいるのに、結局変わらないような気がしたり、
大して変化してないのでは、ないか?と思うのは誰もが通る道です。

僕もそうでした。

でも、確実に身体は応えてくれます。
本当はずっとよくなっているのですが、良い状態になれてくると、
それが当たり前になって、変化してないような気がしてくるのもひとつの原因です。

しかし、
ある日、ふと、あれ、こんなに元気になっている、
こんなにうたれ強くなっている、と気づく日がきます。

必要な栄養が満ちてくると、身体が、満足するので、
お腹がすかなくなり、痩せる方もおおいです。

お腹がすくのは、身体が栄養を欲しているから。
でも、なんの栄養がほしいのか、までは、僕たちはわかりません。

そこで、関係のない糖質やケーキ、ご飯などを食べてしまうから、
胃はふくれるのに、脳が必要としている栄養素は足りず、

まだ空腹の信号を送り続け、お腹がすく、満たされない、
ということがおこります。

本当に必要な栄養素が満ちてくると、特に脳に、心に必要な栄養素が満ちてくると、
自然と不要な食事が減り、無理しなくても、自然に体重がおちていきます。

この調子で、健康でスリムな身体もゲットしてください^^

ビタミンDは、じわじわときいてきます。楽しみにしていてくださいね。

ありがとうございました。

橋本翔太