Q&A よくある質問

よくある質問をご紹介いたします。

コーダサプリメント全般について

q
日本製ですか?
a
橋本翔太の監修、プロデュースによる日本製です。静岡の工場【GMP工場(薬事法にもとづいて厚生労働大臣の定めた、医薬品などの製造及び品質管理の基準)】にて製造しています。ご安心ください。

q
コーダサプリメントの特長はなんですか。
a1.日本人の体質に合うように研究・開発を行っています。 2.心の問題の症状改善につなげる高品質材料にこだわっています。 3.吸収率や相乗効果を考えた天然物由来の混合体で作っています。1粒の濃度がぎゅっと高いため、高単位で効率のよい摂取が可能です。 4.国内のGMP工場(薬事法にもとづいて厚生労働大臣の定めた、医薬品などの製造及び品質管理の基準)にて製造しています。
q
市販のサプリメントと何が違うのか?
a栄養療法の現場で使われるような、品質と濃度の高いサプリメントです。実際患者であった橋本翔太が、自らの身体を使って数値の変化などを調べ、特にメンタル面の改善に効果をしっかり発揮するように開発されたサプリメントです。体験者にしかわからない、微妙な変化や効果の結果など、細部にまでこだわりました。また、コーダサプリメントをご利用の方には、具体的なご質問やご相談にも、橋本翔太が随時お答えしています。
q
このサイトも、本(大丈夫、あなたの心は必ず復活する)も読みましたが、どれも都合のいい話に思え、信じられません。はじめてみて、がっかりしたくないのですが。
a
長文になってしまいましたので、⇨こちらをご参照ください。

コーダサプリメントや栄養療法に関するご質問

q
ヘム鉄のサプリは、お茶やコーヒーと一緒に飲んでもいいでしょうか?
a
はい。無機鉄のサプリメントや、病院で処方される鉄剤の場合、吸収率が悪く、お茶やコーヒーのタンニンが吸収を阻害することがございますが、ヘム鉄ジェントルフェリチン対策は、それらの影響を受けませんので、摂取の際に注意いただく食べものはございません。

q
ヘム鉄を飲むと、便が黒くなります。大丈夫ですか。
a
ヘム鉄ジェントル フェリチン対策を摂取いただくと、便が黒くなることがございます。これはしっかりとヘム鉄が摂取できている証拠なので心配はいりません。吸収し切れなかった分が、排泄されて黒くなるため、あまりにも黒くなるようであれば、摂取量を減らしてください。ただし、黒い状態が続いても、なんら問題はありません。むしろ、フェリチン値が80ng/mlを越えるまでは、便が黒くなるくらいを目安に、しっかりと摂取いただくことを奨励しております。

q
こんにちは。今コーダサプリのアミノ酸を購入して待っているのですが、私は今統合医療内科というところに行っていて検査を20万ぐらいで色々受けたのですがカンジダ除菌や重金属の蓄積のための治療などを勧められています。

ですがその病院は血液検査はあまり重視してなく鉄なども調べなかったりしています。一応マルチビタミンと亜鉛は処方されているのですが、私は自分で色々調べたりして絶対鉄やビタミンB群やタンパク質も不足しているからこんなにしんどいと思ってこちらで購入させてもらいました。

カンジダ除菌や重金属の排出等もお金がけっこうかかる感じなのですが、サプリだけで体調不良が改善するのは難しいと思いますか?>_<  その病院の医師が鉄やタンパク質、ビタミンB等をあまり重要視してる感じや処方しないので不信感があります。今はH社というところのマルチビタミンと亜鉛等を飲んでいるのですがそこまで改善されている感じはありません>_<

同じような検査もされた橋本様に1度質問してみたくメールさせていただきました。長々と文章失礼しました。

a

まず、マルチビタミンなんですが、栄養療法において、特にメンタル面の改善においては、ほぼ、役に立たないと思ってください。コーダサプリメントも、あえてマルチビタミンは作っていません。

なぜかというと、一粒の中に、複数の栄養素を入れるということは、それだけ、各栄養素の絶対容量が減る、ということです。

うつやパニックなどの心の回復や、無気力、不安、イライラ、不眠の改善、さらにやる気アップ、や感情の安定のためには、圧倒的な量のビタミンが必要です。しかも優先順位があります。

例えば、ビタミンEAは、摂取できればそれに越したことはないですが、心の回復の視点で考えると、

ビタミンB
ビタミンD

に比べるて、優先順位はグン、と下がります。ビタミンB群は心の回復にはダントツの一位です。加えて、

ヘム鉄
亜鉛、
アミノ酸も非常に大切なわけですが、

マルチミネラルのサプリメントで考えると、カルシウムなどの、メンタル回復においては、優先順位の低いものが含まれるために、心のための必須のミネラルの絶対量が足りなくなります。アミノ酸も、スポーツに特化したものではなく、心の回復のために、各種アミノ酸を調整したものが、コーダサプリメントです。これは、全て、私の闘病から培ったものです。病院の先生は、患者ではないですし、心の回復の過程をくぐってきた訳ではないので、治療方針に納得ができないことが多々あり、それがコーダサプリメントや栄養ボディ療法の制作へと繋がりました。

さて、

マルチビタミンを、例えば必要なビタミンBが満たされる量まで、大量に摂取できれば問題ないのですが、そうすると、結果的にコストが高くなります。なぜなら、マルチビタミンの方が、制作費がかかるからです。制作費がかかるということは、必須のビタミン量に対して、値段が高くなるということです。 組み合わせられる素材も限られますから、しっかりした質のものが入っているとは限りません。

マルチビタミンは、各種ビタミンを揃えるよりも、一本で安く済む気がしますが、結果的に、改善にはほど遠い、薄まった容量を高い値段で摂取することになります。

一見手軽で面倒のなさそうなマルチビタミンなんですが、栄養療法の観点からだと、圧倒的に不利なんです。面倒でも、単体のサプリメントを根気強く摂取しないと、時間とお金の無駄になってしまいます。

_______

さて、重金属とカンジダ菌ですが、こちらも、優先順位としては後半に当たると橋本は考えます。糖質制限と高たんぱく質の食事、そして充分な量のサプリメント、腸内フローラ改善とそのためのサプリメント摂取を続けたあとで、それがしっかり習慣化した後に、体調の様子をみて、必要であれば取り組んでも充分間に合います。食事やサプリメントのおかげで、結果的に重金属が排出され、カンジダ菌も改善した方も多いんです。

橋本翔太も重金属の除去を経験したことがありますが、結果的には、腸内フローラの改善と、高タンパク、糖質制限、サプリメントの活用で改善していきました。個人差があるので一概には言えませんが、個人的には、何よりも大切なのは、食事と栄養素、腸のバランスを整えることです。

(ただし、歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメします。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、レジンなどの白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。なお、そのセラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(保険治療外で6万円~くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。)

カンジダ除菌に関しては、どこかで行っても良いと思いますが、それも、サプリメントと糖質制限の後、まずはある程度心が回復してきてからでも良いと思います。カンジダの餌になる、糖質をカットする糖質制限と、腸内フローラの改善で、かなり状態がよくなる人も多く、治ったという人もいるようです。

栄養療法が広がるにつれて、いろんな意見のドクターが出てきていますが、どう考えても、利益主義のドクターもいるように私には見えてしまいます。ドクター自身が、心の病で苦しんでいるわけではないので、患者の本当の苦しみや、経済面での苦慮についてまで、全く想像ができず、患者さんの不調に漬け込んで、保険外の検査や治療をどんどん勧めてくるドクターが多いのは残念ながら事実です。

私の回復の過程から言えることは、とにかく、基本を続けること。

1糖質制限と高タンパク質の食事

2心の回復に必須のビタミンとミネラルの、しっかりとした量の摂取

3腸内フローラへのアプローチ

この3点、特に栄養素の摂取ですね、これは最優先、かつ必須事項です。コーダサプリメントで作っているサプリメントは、心の回復のための、最優先ビタミンとミネラルなので、参考にしてください。

supplement.reiki-de-kirei.com/coda/


q
コーダサプリメントのビタミンB郡複合、ヘム鉄ジェントル、心のニュートリショナル亜鉛、心のアミノ酸を定期購入させていただいています。飲んでいるのは20歳の息子なのですが、便秘になることが増えたので、鉄サプリが原因?かと思いまして一度やめてみたら、良くなったというのでまた再開しましたが、また便秘気味になるようなのです。鉄サプリが原因なのか、たまたまなのかよく解らないのですが、鉄サプリで便秘になることはありますか? 又、その場合解消方法はありますでしょうか?乳酸菌はサプリで摂っています。宜しくお願い致します。
a
ヘム鉄ジェントルのコーダサプリメントですが、便秘の原因になることはないのですが、その解消法をご提案いたしますね。まず、乳酸菌サプリメントの摂取はぜひ続けていただきたいのですが、その際、コーダサプリメントの「心とメンタルの腸内フローラサプリメント」を推薦させてください。橋本も一般の乳酸菌サプリメントや、栄養療法病院でのの超高額、腸内サプリメントを試してきましたが、それらの市販の乳酸菌サプリメントは効果がよくわからず、また病院処方のサプリメントではとてもではないですが価格的に継続できるものではありませんでした。
 
しっかりと効果が出て、続けやすい価格で、かつ日本人の腸に合ったものを作ろうと研究を続けた結果、長野県で特許をとった菌を見つけました。そこから腸内フローラ活性のサプリメントが誕生します。日本人のための、「心の回復に特化した」、腸内フローラサプリメントです。腸内のバランスが整うまでにはある程度時間がかかるのと、サプリメントなどの栄養素の吸収が圧倒的によくなるため、掛け算でサプリメントの効果が上がり、心の回復や無気力やだるさの改善が進みます。また、腸内環境とメンタルの関係は特に最近の栄養療法では、取り組むべき項目として必須になってきていますので、腸内フローラサプリメントはとても大切です。
 
 
 
 
さて、肝心の便秘の解消なのですが、油分が足りないと思われます。
日本人は油を避ける傾向にあるのですが、メンタルの活性化においても、油の摂取はとても大切です。脳は油の中に浮いているので、普段からどんな油を摂取するか、がとても大切です。
 
 
1 バターを多めに食べる
2 ココナッツオイル(もしくは亜麻仁油)をコーヒーや味噌汁などに混ぜて(もしくは直接)食べる
3 調理する際に、オリーブオイルを多めに使用する
 
 
まずはこの3点を試してみましょう。(サラダ油を含め他の調理用油は避けてください)さらに、上記の油よりも圧倒的に上質で、体の脂肪として蓄積せず、かつメンタルの活性化(脳のエネルギー源に即なります)につながる、直接、ティースプーンで飲みたい油があります。摂取の仕方も含めて、詳しくは以下のビデオ講座で紹介していますので、参考にいただけたら幸いです。
 
 
この油で、その日には便秘が改善します。ただし、分量調整が時に難しく、時にお腹が緩くなりすぎる場合もあるので、その対策もご紹介しています。

q
ブログでヘム鉄はビタミンCと一緒にと書いてありましたが?
a
ビタミンCを同時に摂取していただくと、鉄分の吸収率が上がります。ヘム鉄ジェントルフェリチン対策と一緒に、1000~2000mgのビタミンCを摂取いただくことを奨励しています。ただし、ビタミンCをそれだけ摂取するのは大変なので、市販のサプリメントを使ってください。ビタミンCだけは、合成でも天然でも、質に差異はありません。安価なものでもかまいませが、1粒あたりの分量が少ないことが多いので、量を調節してください。

q
ヘム鉄と一緒に摂るビタミンCは何がいいですか?
a
薬局で売っている、アスコルビン酸というビタミンCの原粉をおすすめします。アスコルビン酸とは、ビタミンCの別名称です。

q
コーダサプリメントのヘム鉄飲んでますが、フェリチンが増えない(もしくは減っている)です。なぜですか。なお主人は最初から150もありました。なのでサプリメントは必要ないですか。
a
フェリチンは、貯蔵鉄を表す一方で、炎症マーカーとしても反応するため、例えば脂肪肝や腸の炎症でも数値があがります。よって、数値が高い=貯蔵鉄がある、とは限りません。特にサプリメントなどを飲んでいないのにやたら高い方は炎症が原因です。身体の炎症がおちつき、やっと本来のフェリチンスチが出てくると、たった7ng/mlしかなかった方もいます。その後、やっと本来のフェリチンが増えていくので、サプリメントを飲み始めても、炎症が収まったあとに増えた結果、思ったよりも数値が増えていなかったり、むしろ下がっていたりすることがりあります。詳しくはこちらのブログにかきました。ご覧ください。

q
ヘム鉄とビタミンBを購入いたしました。最近2袋目を開けたところにおいがとても強く感じられます。1袋目の時は感じなかったのですがなぜでしょうか。保存は冷蔵庫でしています。
a
サプリメントのビタミンB群やヘム鉄は、特に湿気をすうことで、においが強くなります。冷蔵庫に入れた場合、露がアルミの袋内に発生し、かえってしけってしまうことがあるようです。品質的に問題はありませんが、保存は風通しのよい、冷暗所をおすすめしております。直射日光や冷暖房がじかに当たらない室内の戸棚などでしたら大丈夫です。

q
橋本翔太先生のHPやブログを読んで、フェリチンでサイトを検索してみたりして最近の体の調子の悪さや気持ちの状態がまさに栄養不足の症状にぴったりだなぁと思います。ヘム鉄のほうなら副作用はないのかな、と思うのですが、サプリメントをとるというのに慣れていなくて少し心配です。クライアントの方で、数値を調べてもらった方はいるでしょうか? 調べてもらいたいと思うのですが、病院で検査するというのがなんだか敷居が高くて勇気が出ないので、お話を聞いて参考にしたいです。
a
フェリチン数値はできれば、みなさんには調べることをおすすめしていますし、多くの方が調べてらっしゃいます。産婦人科や内科で調べてもらえます。なお、サプリメントは食品と同じです。足りない必要栄養素を特定の食品で補うことと同じことだと考えてみてください。

q 去年の11月にフェリチンの数値を測りました。その結果が先日出まして、なんと15.3ng/mlしかありませんでした。自分自身そこまで低いとは思ってなかったので、ちょっとショックでした。そこで、コーダサプリメントを試してみたいと思っているのですが、とりあえずヘム鉄ジェントルフェリチン対策から始めるのがよいのでしょうか?それとも全種類そろえたほうがいいのでしょうか?だったら栄養ボディ療法のテキストもつけたほうがお得?と迷っています。
a
フェリチン、低かったですね。まずは80ng/mlを目指し、それをキープしましょう。フェリチン数値があがると、心も身体もいろいろと変化しますよ。橋本翔太が推薦する方法は、これを機会に栄養ボディ療法で食事をみなおし、サプリメント一式のセットではじめることをおすすめします。あるいは、【ヘム鉄・ビタミンB・アミノ酸】の3点だけでも、はじめていただくと、ヘム鉄だけよりも身体と心に効果は現れやすくなります。なぜなら、ヘム鉄が低い場合、身体の他の部分もかなりガタがきているからです。ヘム鉄だけ低くて、後は良好、問題無し、ということはありません。ヘム鉄の低さは、他の心のための栄養素の不足のシグナルにもなります。メンテナンスできていない家で例えますと、ヘム鉄が低いのを、柱にシロアリが巣食っている状態だとします。
シロアリだけを退治しても、雨漏りがしたり、壁紙がカビていては、家の状態はいいとはいえません。シロアリを駆除すれば、柱がもげて、家ごとくずれることは防げますが、快適な家にはまだほど遠いですよね。フェリチンが低いと、柱が壊れて、家がくずれるように、メンタルにも身体にも大きな影響がでますから、まずはここを補充すべく、ヘム鉄のサプリメントは必須になります。その上で、食事改善と他のサプリメントも試していただけると、他の問題点である、雨漏りを塞ぎ、壁を新しくするように、体調の向上とメンタルの安定をいち早く体感いただけます。

q心のアミノ酸を、空腹時の間食として飲むように書いてありますが、今まで間食として食べていた、ナッツ、チーズ等は食べなくても、心のアミノ酸だけでよいのですか。
a
アミノ酸は空腹時のほうが吸収の効率がよいため、空腹時をおすすめしております。(他のサプリメントは食後か、食事と一緒に御召し上がりください)また、アミノ酸摂取の一番の目的は、たんぱく質(つまりはアミノ酸)補給です。心と脳の安定ホルモンの原材料になります。アミノ酸は吸収が良すぎて、またすぐに空腹になってしまうので、血糖値安定のための補食にはそこまで向いていません。(しかし持ち運びが楽で、保存温度や場所にとらわれず、気軽に摂取できるのは便利です)血糖値安定のためには、消化に時間がかかるもののほうがよいので、ナッツやチーズは、続けてください。

1.血糖値を安定させること。2.脳と心の栄養を補給すること。この2つが心の回復のためには重要なポイントになりますが、心のアミノ酸は 2の部分をしっかり補い、かつ1にも作用してくれる、と捉えてみてください。ただし、サプリメントに全て頼っても、食事がおそろかになってはいけませんので、ナッツやチーズの補食、糖質制限して動物性たんぱく質を摂取することが引き続き重要です。

q先日、ヘム鉄ジェントルの初回お試しを購入しました。とても良かったので今度は、ビタミンB群のお試しをさせていただこうと考えたのですが、一度ヘム鉄のお試しをしている場合、他のサプリメントの初回お試しをすることは、もうできませんか?そして、ヘム鉄4袋、ビタミンB群8箱を定期購入にした場合、どうしたらいいですか。値段も知りたいです。
a
初回限定価格は、各サプリメントごとに、初回購入の方に適用されます。ビタミンB群でもどうぞご利用ください。ヘム鉄を4袋の場合は、ヘム鉄定期購入の2袋セットを2個、ビタミンB群を8袋の場合は、ビタミンB群の定期購入の2袋セットを4個ご注文いただくことになります。ご注文の際、個数を選べますのでヘム鉄なら、ヘム鉄2袋セットを2つご注文いただくようなイメージです。料金は送料無料になるかも含め、その際自動的に計算されますので、どうぞ、実際にショッピピングサイトのカートに入れていただきご確認くださいませ。

決済・定期購入について

q
コーダサプリメントの定期購入ですが、何ヶ月か購入し続けないといけないのですか。サプリを飲む回数が減ってきたら一旦休止はできますか。その場合、手続きはどのようにしたらいいですか。
a
何ヶ月続けないといけないという決まりはなく、個人の体調がどのくらい回復してきたかによって調整していただきます。回復までの摂取量と、それを維持していくための摂取量は異なります。例えばヘム鉄は、フェリチン濃度が80ng/mlを超える前と、超えた後では、1日の推奨量が異なります。詳しくは各サプリメントの説明ページをご覧ください。目安量を記載しています。サプリメントの摂取量が減ってきましたら、それに合わせて定期購入の量を減らすことが可能です。一旦休止はできません。一度解約いただくことになります。量を減らしたい場合、一度現在の定期購入分をご解約いただき、再度、少量分の定期購入をお申し込みください。定期購入の解約方法は以下の質問をご参照ください。

q
コーダサプリメントの定期購入を今月1回お休みにして、来月からまた開始にできますか。
a
定期購入はペイパルによる自動引き落としのため、一度お休み、ができません。申し訳ございません。よって、ご自身にて一度ご解約いただき、お休み後、再度ご都合のよろしいときに、再注文という流れになります。この際ご注意いただきたいことが、定期購入商品の一部が、消費税増税やキャンペーン終了、原材料高騰など合わせまして、値上がりしています。値上がり前に定期購入をご注文された場合は、値上げ後も値上げ前価格で販売しておりますが、一度ご解約いただき、再度注文された際は、新しい価格が適用されますので、そちらだけ、どうぞご注意ください。

q
定期購入を解約したいのですが、どうすればいいですか。
a
定期購入の解約は、カード決済会社のペイパルにて、ご自身のアカウントで行っていただく必要がございます。当社では個人情報保護法にのっとり、変更することができません。解約の仕方は簡単です。詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。(なお、定期購入の金額がキャンペーン終了につき以前のご注文時よりも値上がりしている場合がございます。その場合、一度ご解約いただき、再度ご注文いただく場合、以前の割引価格が適用になりませんので、ご注意ください。)www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-016/

q
ペイパルとはなんですか?
a
ペイパルとは、カード決済会社のことです。一般にどのお店でも、カード決済会社を通して、決済を行います。ペイパルもその決済会社のうちのひとつです。今、世界的に利用され、信頼度も高い決済会社のひとつとなっているため、当方でも定期購入などで、ペイパル決済を取り入れております。

q
局留めはできますか?
a
はい、全国の郵便局での局留が可能です。局留の場合、取りに行き忘れで返送されてしまうことが多く、その点をご注意ください。

栄養ボディ療法 講座について

q
よくある、糖質制限の本や、栄養療法の本と何か違うのですか。
a
一番の違いは、橋本翔太はもともと、患者だったということです。医師でもなく、栄養士でもないため、専門資格はもっていませんが、機能性低血糖症、潜在性鉄不足、ビタミンB群やビタミンD不足による、セロトニン不足のためのうつ、パニックをわずらいました。よって、この講座では、患者であった橋本翔太が、どうやって回復していったのかを、きれいごと抜きで学んでいただきます。たとえば、こうしたほうがいい、というやり方があっても、それが長期実践には、現実的でなかったり、あるいは、同じ糖質制限でも、ダイエット目的と、メンタル回復目的では、そのあり方が大きく異なることがあります。栄養ボディ療法では、心の回復、メンタル面に特化した、栄養療法、であるとともに、運動、筋肉をつけていくことの重要性にまで発展し、強い心をつくるための総合的な身体作りを目指す講座です。

q橋本さんあなた医者でもないのに、栄養とかサプリメントとか指導する資格あるんですか。
a
確かに、ドクターや管理栄養士としての国家資格はもっていません。しかし橋本翔太は、メンタルの問題で相当苦しみ、それを食事とサプリメントで回復させた、実践者であり、体験者、経験者です。大学院で心理学を学んでいますから、その最中をモニタリングし、記録をつけてきました。よって、これからはじめる方の気持ち、途中で出てくる問題、メンタル状態、回復過程で起こる浮き沈みの問題、摂取すべきサプリメントなど、体験をもとに指導することができます。実際に、知識として知っていたり指導してもらうのと、実際に取り組むことの大変さ、とくに不調を抱えての食事やサプリメントの実践は、本当につらく、やめたくなるときがあります。そのような状態も、実際に橋本翔太自身が経験してきました。

逆に、栄養療法扱うドクターは、自身が患者であったり、経験者であることはまれです。中には、健康保険が使えず自由診療である栄養療法に目をつけて、お金のために、栄養療法を取り入れるドクターも少なからずいますし、そういうドクターに傷つけられた経験もあります。


食事やサプリメントを摂取する側、治療を受ける側の立場を痛いほど体感してきましたので、そこからシェアできること、御役に立てることは山のようにあると自負しています。


ただし、橋本翔太の得意分野は、うつやパニックなどのメンタルの問題、美容やダイエット、アンチエイジング、心の問題、やる気がでない、などの気分障害に限ります。栄養欠損で起こる問題、低血糖症で起こる問題は、アトピー、アレルギー、心臓の疾患、内蔵の問題、文字がかすむ、など、肉体面に強く現れる方も多くいらっしゃます。その場合は、他の栄養療法を専門とされる方にご相談いただくことをおすすめします。なお、肉体面の問題をお持ちの方でも、使用される基本のサプリメントは同じことが多いので、ご自身に必要なコーダサプリメントをご活用ください。

q
教材は何回か送られてくるのでしょうか。質問などは、どのようにすればいいのでしょうか?食事の材料などは、簡単に手にはいるものでしょうか。ひとりでできるか心配です。
a
教材は一度の配送でお届けします。疑問点などは、お問合せフォームより何度でもご質問いただけます。食事の材料や内容は、いかに普段の食事から変えていくか、どんな工夫をすればよいか、に重点を置いています。難しい食材や調理を学んでいただくものではありません。お一人でも充分取り組んでいただける内容となっております。