糖質制限はキケンなの?!

◆糖質制限はキケンなの?!

最近僕が、本に書いたり、セミナーでお話している、
脳と栄養素と食事の話。

その食事でポイントになるのが糖質制限なのは、ずっと解説してきたとおりです。

うつ
パニック
不安、不安神経症
やる気がでない
疲れやすい
無気力
いつまでも悲しい
朝起きられない

そして
ひどい時には自殺まで考えてしまう(希死念慮がある)

などの心が原因で起きている不快な症状、
これは、糖質制限をすることで劇的に回復する可能性が大いにあります。

なぜなら、血糖値の安定が、心の安定につながっているからです。
詳しくは(大丈夫、あなたの心は必ず回復する(角川中経)の第四章をご覧ください)

この糖質制限、一時期とても流行った分、
アンチ糖質制限の本や情報もたくさんあります。

糖質制限はキケン
糖質制限で寿命が縮まる
糖質制限はしてはいけない

など、目にするようになりました。

それで、不安になった方から、質問で、糖質制限って大丈夫ですか?
という質問もいただくのですが、

まずは、三ヶ月やってみたらどうですか?

と僕はいいたい。

少なくとも、今、メンタルの不調で困っているなら、やる気が出ないのなら、
そんな人は、迷わず試してほしいです。

三ヶ月きちんとやれば、メンタル面の改善を感じられる方は多く、
体調が良くなったと感じる方も多いんです。

そもそも、数年前までは、一切、こんな話をしてこなかったのに、
急に栄養だの食事だの橋本翔太が言い出したのは、
自分が、しっかり体感、体験したからです。

心の回復に、大いに役立つことを自ら、体感してしまったからです。

ですから、
やりもしないで、不安がらないでください。

アンチ意見の方は、果たしてどこまで糖質制限を実際にやってみたか、疑問です。

机上の論ではなく、実際に取り組んでみたのかどうか、
それなりの期間、やってみたのか、聞いてみたいです。

そして実際に、糖質資源によって、その方が体調を崩したのか、
そこも知りたいところです。

◆そもそも、この現代に生きていて、糖質制限って、なかなかできないんですよ。

・ドレッシング
・ケチャップ
・煮物の煮汁

など、調味料にすでに多くの糖質がありますし、揚げ物だって衣は糖質です。

意識的に、ご飯や麺類、甘いモノの糖質をカットしても、
糖質の摂取量がなくなってしまうわけではありません。

むしろそれはかなり難しいんです。

◆ですから、
まずは、やってみてほしんです、メンタルのための糖質制限。

ただし、ダイエット目的の糖質制限と、メンタル回復(脳機能回復)の糖質制限は、
内容ややり方が、異なります。

メンタル回復目的のためいは、カットした糖質を補う以上のたんぱく質の摂取が必要です。
油・脂も摂取が必要です。

メンタル回復の方は、むしろ体重が減ってしまわないように、
糖質をカットした分、たんぱく質を摂らないといけません。

体重過多で悩んでいる方でないかぎり、
体重が減り過ぎないように注意してください。

ふすまパンなども、マーガリン使用のモノが多いため、
メンタル回復が目標の方は気をつける必要があります。

こんな風に注意点がいくつかあります。
このあたりはまた詳しく書きたいと思います。

◆なお、一生、糖質制限をしなければならないのか? という質問は、
イエスであり、ノーです。

サプリメントで栄養が満ちて代謝が整ってくると、
そこまで厳しい糖質制限をしなくても、体調が整ってくるようになります。

橋本翔太も、以前は、一切糖質を摂らない生活をしていましたが、
サプリメント摂取に伴う回復によって、

食後に少しデザートを食べたり、ご飯を昼間や運動まえに茶碗半分たべたり、
果物をたべたり、は問題なくなってきました。

さすがに、空腹時にスイーツやジュースを摂取することはなくなりましたが、
前よりもだいぶゆるく、糖質制限をおこなっても問題がなくなりました。

このあたりは、実際の体調や、取り組み具合によっても、個人差があるところです。

早速、心の回復に特化した糖質制限をはじめとした食事方法、やり方、知りたい方は
栄養ボディ療法1 を活用してください。
supplement.reiki-de-kirei.com/nutrition/nutrition-01/