栄養療法の最大のポイントは根気です

今月、中国本土で、【大丈夫、あなたの心は必ず復活する 角川中経出版】が
簡体中文に翻訳されて発売されます。

中国サイドからオファーがきたのですが、
文化の違う国で、心理系の本が翻訳されることはめずらしいそうで、
それだけ、内容に共感を呼ぶことができたこと、誇りに思います。

この本が、多くの方のお役に立てれば、心が元気になるきっかけになってくれれば、と
心から祈っています。

◆そのために、中国語で自己紹介サイトを作り、
中国からもコーダサプリメントを買えるようにしたりと、色々準備してきたんです。

まず、中国語の翻訳といっても、信頼できる人が見当たらないし、
中国本土の友人もいない。

やや途方にくれるも、ダメもとで、英語の先生をしているイギリス人の友達に
中国人の先生がいないかときいたら、なんと、一人いて、紹介してもらえたんです。

その中国の彼が、さらに優秀な翻訳家を紹介してくれて(日本語通訳1級、翻訳家です)
僕も参加して、ものすごいスピードで翻訳して、

いざ、サイトを公開! という時点で問題がああ。。。

top_image 2.jpg

中国本土では、サイトのチェックの都合で、

日本にサーバーがあると、
タイムアウトなどで、ほとんど見れないことが判明。。。

グーグルも、フェイスブックも、ユーチューブも見れないんですよね。
そうか、日本とは環境が違うんだ・・・。と気づいたわけです。

いや、なんとなくは、知ってましたけど、我が身のこととは考えていませんでした。

あわてて、中国本土にサーバーを置けないか探すも、
現地法人に加えて、政府の認可が必要で、二ヶ月かかることもあると判明。

一方で、香港なら、本土サーバーほどではないけれど、
だいぶいい、ということで、今度は香港のサーバーを契約し、
引っ越しをしました。

ところが、今度はこの香港のサーバーに、データーのアップが
なかなかできない。。。

ウインドウズにしたり、マックにしたり、osかえたり、
ネット環境変えたり、あらゆることをしてもだめで、

昨日、やっと、つながる方法がみつかりました。

一方で、
使用予定だった、フォームなども、全部日本にサーバーがあるため、
全部作り直しです。。。

新しい事は、
一筋縄ではいかないですね。

僕は、独立する前から、歌の活動のために、
サイトだけはヒーヒー泣きながらも、自分で作ってきたので、
そこそこ知識があります。

今も自分で、全部更新してますし、デザインの監修もしています。

しかし、当時は当時で、てんやわんや、でしたもん。

今は、中国語決済画面が、ちゃんと中国語で表記されるかを、
本土で見れるかテスト中です。

そう・・・。本土で見てもらうには、
中国本土にいる誰かと連絡をとらなければなりません。
しかも、実験に協力してくれる人が。

台湾、香港、シンガポール、タイに友人はいても、
中国本土にだけは、誰も知り合いがいない、と改めて気づき、

これもダメもとで、香港とシンガポールの友達に、連絡したら、
本土に住む友人をそれぞれ紹介してくれました。

これから、その友人の友人のみなさんの協力を経て、
サイトを再構築してまいります。。。

◆しかしまあ、なんだろう、
せっかく、このレシーブ、決まったぜ!と思ったのに、
速球で、打ち返されて、やられてしまう、の繰り返しの状態です。

でも、考えてみると、何か新しいことをはじめるときって、
だいたい、こんなもんですよね。

打ち返されたレシーブを、それでも拾って、もう一度トライする。
やるしかないんですよね。

そうしないと、そこで終わってしまいます。

◆一筋縄ではいかないんです。

でもね、めげずに、トライ&エラーしてると、いつか、パカっと開くんですよ、
本当に。

僕が独立したての頃、その頃は、yahooのビジネス登録というのに
登録されると、SEO(検索の優位性)が一気によくなるので、

それを絶対成功させることが、まず、大きな第一歩の時代がありました。

ところが、この審査基準が、あいまいで、よくわからなくて、
見事に、最初の審査は落ちてしまったんです。

審査の金額は、5万円。

極貧の僕にとって、最後の5万円でした。

真っ青です。どうしよう。どうしよう。。。
再審が一週間後にあり、それが落ちたら、今回の5万円の意味がなくなってしまう。。。

そこから、本をよくよんだり、
ビジネス登録に成功した方(そこまで親しくない)に連絡して
ご迷惑かけるも、指導いただいたり、

なんとか、マズイと思われるポイントを修正して、
無事、審査に通ったのでした。

審査に通ったことで、お客さんの検索でもヒットするようになり、
これは大きな飛躍につながりました。
あのとき、再審査をあきらめなくてよかったです。

++++
歌が上達しない人は、短期間でうまくなると思っている人です。
短期間でうまくなったら、世界はプロの歌手だらけですよ。
つまずきながらも、階段を登るように、上達していくわけです。

料理だって、最初から3つ星の味が出せるわけありません。
ダイコンですら、ろくにむけないでしょ?

いくら頭の中に、素敵な料理人の自分のイメージがあっても、
そこに一気にいけるわけないんですから。

栄養療法に食事療法だってそう。
今まで、30年以上、40年以上、自分の体質には合わない食事方法をして、
栄養不足のまま何十年もやってきて、

それを数週間とかで、回復させようとか、そうは問屋がおろしません。
身体がそんなに簡単に変わってしまうなら、誰も苦労しないでしょう。

身体の細胞が全部入れ替わるのにだって、相当な時間が必要です。
そのあたりの話は、栄養ボディ療法のサイトにたくさん書いてきたとおりです。

◆新しいことをはじめたときは、
特に最初は、一筋縄ではいかないんです。

これでうまくいくだろう、っていうのが、
ことごとく、打ち返されて、やり直しになることは、
珍しい事ではありません。

つまずいて当たり前、なんです。
うまくいきそう、というときに、コケてしまうんです。

スノーボードだって、滑れるようになった頃に、
がっつり、ひどい転び方をするもんです。

これって結構当たり前なのに、
どうして、それを忘れて、ちょっとやってみただけで、
できない! て投げてしまいがちなんでしょうね、僕らは。。。

◆教員時代にも感じていたんですが、

勉強できる生徒って、最初からうまくいくわけない、っていうのを
わかっているんですよね。

だから、ちょっとやって、できなくても、落ち込まない。
だって、すぐにできるわけないから。
すぐに結果がでるわけないから。

だから落ち込まないで、また問題を解きなおす。
この地味~な作業で、成績があがっていきます。

勉強を投げてしまう子は、
ちょっとやってみて、
あるいはその子なりにやったつもりになって、

でも、思うように成績がでなくて、

つまんない!
くだらない!
自分頭わるいし

などと言いはじめるんです。

自分頭悪い、という割には、たった数回で100点とろうという発想。
矛盾してますよね。

一筋縄ではいかないのが当たり前、と思っていると、
ちょっと困難にぶつかっても、
思うように進まない日も、

必要以上に落ち込むことがなくなります。

落ち込む前に、さらに前進しようとするクセがつくので。
そうなると、エネルギーがもれなくなるので、

問題解決が早くなります。
あ、あの人にきいてみよう、とか、次のアイディアが浮かんだりすることもあります。

単純なことなんです。本当はね。

できない、才能がない、自分はもうだめだ、という人にかぎって、
ちょっとやればうまくいく、という幻想を抱いているんです。

自分はやればできる、というのも、マヤカシです。

やっても、そうは簡単にいかない。
でもやり続ければ、できるようになる、が正解です。

ちょっとでもやれば、自分はできる、は幻想です。
もちろん、やらなきゃ、何にもはじまりませんが、

やってみたところで、そうそう簡単に、
思うようには行かないもんなんです。悲しいけど。

ちょっとやって、うまくいくなら、世界はプロだらけ、
健康人間だらけですよね。

でも、そういうもんなんだ、
一筋縄でいくわけない、
そうわかっていると、

別にがんばらなくても、ねばりがでてきます。

一筋縄ではいかないけど、そんなもんだと思って、
だらだらでも続けていると、結構、結果でたりするんです。

ねばり、が大切だったよなあ、いつだって、
新しいことをはじめるときは。。。なんて、
あの頃の、てんやわんや、しながらも、前進できていた自分を思い出して、

中国語のサイト製作に取り組んでいる橋本でござます。

+++++

新 心のアミノ酸誕生! パッケージも新しくなりました
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-03/

今、リクエストをたくさんいただいた、
栄養療法のための亜鉛を作っています。来月末くらいまでに、形にできそうですよ。

亜鉛は、女性に不足している方がすごく多いんです。
圧倒的に、女性のみなさんから、亜鉛のリクエストをいただき、製作に踏み込みました。
オーストラリアで得た知識も詰まっているサプリになります。

ご期待ください!