電子書籍版!「幸せな恋がはじまるCDブック」

サンマーク出版より、「幸せな恋がはじまるCDブック」が電子書籍で復活!ピアノレイキ音源ももちろんダウンロードできます!どんな本かって? 以下の動画で内容も音源も確認できます!

 

『しあわせな恋がはじまるCDブック 橋本翔太』

kindle: amzn.to/2yla10T

kobo : bit.ly/2jdXd9H

 

動画

www.youtube.com/watch?v=fGW9Om6s9u0

 

 

A41F812D-462B-4F8D-9F93-E28F913BAF2B.jpg

 

 

….

How To Start A Happy Relationship (幸せな恋がはじまる) is now avaliable for sale from 9th November 2017 as an eBook.

 

 

This book is a guide to start and maintain a healthy and loving relationship. 

 

This book is also accompanied with my therapeutic music tracks that you can enjoy. 

 

Book is written in Japanese. 

Music is universal.

 

kindle: amzn.to/2yla10T

 

 

、、、

我的电子音乐书《name of the book?》于2017119日开始发售。

 

书介绍了如何开始以及建立一段愉快、健康的爱情关系,同时提供了情侣之间的音乐治疗方案。

 

我相信即使这是一本日文书,你和你的伴侣同样可以从音乐中享受到疗愈的能量。

 

kindle: amzn.to/2yla10T

kobo : bit.ly/2jdXd9H

 

 

 

 


朝が辛い人の改善は「アミノ酸」と「のび」ガバッと起きない

朝が辛い、朝気持ちが落ち込む、朝身体が重い、朝がとにかく辛い。
そんな人たちに試して欲しいのは、枕元にアミノ酸とビタミンB群。そして常温の水。


朝不調で悩んでいる人は、


朝起きた時には、辛くて、そんなの飲む気にもならない、という人がおおいでしょうから、

あらかじめ、枕元に、水と、容器から取り出したサプリメントを置いておきます。

コーダサプリメントで、
アミノ酸5粒
ビタミンB群3粒

を、起き抜きの空腹時で構わないので飲みましょう。量が多くて、分けて飲むのが大変な場合、アミノ酸2、ビタミンB群一つぶでも構いません(慣れてきたら増やしましょう)


これで十分もしないうちに、心も体も楽になっめきます。

ただ、その間に横になってると二度寝してしまいますから、そのときに、ひたすら寝床で何度も「のび」をしてください。

ぐぐーっと、両手をあげたり、身体をひねったり、猫になった気分で、ゆっくり、一つの動作を長めに「のび」をします。


うーん

とか

ふぁー

とか


声を出して、伸びるとより効果的です。


朝が辛い人は、ガバっと起きるのをやめてみましょう。


ガバっと起きれることがよいことだ、健康だみたいなのがありますが、

脳への栄養をいれて、
寝床でダラダラとのびをして、

起きる準備をしてからゆっくりおきる。
このほうが1日の体調もよいんです。

ガバっとおきると、1日不調だったりすることがあります。


コーダサプリメント

のび、


試してみてください。


コーダサプリメント
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/


栄養で、搾取されない人になれる

●譲るのをやめる。「優しい」は自分の身を削ることじゃない


とある南アジアの先進国(この時点でバレてるがあえて伏字)にいます。この国には何度も来ているのですが、つくづく思うのは、割と多くの人が譲らないんですよ、道を。道だけじゃない、あらゆる場所で。

二人しか通れない道を歩いていて、向こうからカップルやら、夫婦やら、友達連れやらが来るとしますよね、すれ違うのは目に見えてわかるのに、どかないんです。本当に譲らないんですよ。動かないの。え? ここ二人しか通れないよね? ね? と思うんですが、どかない。たまにどく人もいるけど、こちらの通る道を見事に考慮していない。ひどいと、すれ違いざまに舌打ちされたり。笑

もうね、あらゆる場所でそうです。電車もバスも、降りる人が先、というのがないし、入り口を塞ぐようにスマホいじっているし。

他には、混み合っている、例えば新宿駅みたいなところでも、このスペースじゃ、すれ違えないだろうが! というところに、ガンガン攻め込んで来るんですよね。

僕の視点からズバリ言えば自分のことしか考えてない。


最初は、気を使って譲っていたんです。よけてました。そうやって長いこと教育されてきたし、日本ならそれが当たり前だから。譲り合いの精神ってやつです。でも、ある時から、なんで、こちらがいつも譲らなきゃいけないんだ? とやってられない気持ち、怒りに変わりました。

譲るとは、譲り合い、というお互いの行為によって成り立つわけで、一方的に気を使い譲るのは搾取されてるのと同じです。あなたの庭を荒らされるのを許してるのと同じ。


もう、どっと疲れてしまうんですよ、道を歩くだけで。よけているのに、それでも肩がぶつかったりするし。歩くのにいつも気をつけないといけないし。明らかに「こちらの領域」に踏み込んできていて、こちらが譲っているのに、それでもぶつかってきて、かつ、謝りもしない人たち。

なんで、自分が優しくしてあげなきゃいけないんだと。そう、踏み込ませてはいけない、こちらが守るべきテリトリーに彼らは土足で侵入し、お前がどくのが当たり前だろ、と、したり顔でタックルしてきます。


最初は、エクスキューズミー?(にっこり) ってやってたんですけど、そもそも、エクスキューズミー? で話がわかる人じゃないからこういうことになっているんだということもわかってきました。だって舌打ちして返してくるんだもん。自分:エクスキューズミー?(にっこり) 相手:ちっ(ものすごい不快な顔)


それで、まだなれないんですけど、もう譲るのをやめよう、これは譲るのをやめるトレーニング、他人を気遣うのをやめるトレーニング、自分の領域を守る練習、自分を第一に自分を大切にするトレーニングなんだと思って、相手のためによけないことにしたんです。

相手がガンガン来るので、もうぶつかるだろうな、とわかるので、体の芯を意識して歩きます。もう、見事にどっか〜んってぶつかって来るんですけど、こちらも鍛えてますから、僕は揺らがないんですよね。だから、もういいや、ガンガンぶつかってこいや、タックルの練習台になったるわ、こちらはよけないぞ、と。(なんか田舎のヤンキーみたいですが、相手を威嚇してるのではなく、こちらのテリトリーに踏み込んできた相手を受け入れない、ということです)


お年を召された方は別ですよ。


背後や、相手が気づいていない場合は、こちらも最大の配慮と、Excuse me? を使いますが、●明らかに前方から歩いてきており、向こうの視界に自分が入っている、●あるいは目が合っている、●向こうもこちらの存在に気づいている、けれども、譲り合いの精神がない人には、こちらが一方的に譲るのはやめることにしました。


もうね、日本人でいういい人(という刷り込み)やっていると、消耗してしまうんです。つまり僕にとっての、いい人、とは、


●自分という存在を第一にしないで、必要以上に相手に譲ることを美徳とする価値観の下に醸造されてます。

こんなこと(譲らずぶつかる)、今までの人生で、したことないですし、相手に気をつかう、相手がおかしくても、こちらが譲ってあげる、ニコニコ笑ってすます、許す、ということを美徳として生きてきたので、その逆をやることは罪悪感もあり、気分は悪いのですが、それでも、ここから結構学んでるんですよ。それは、


●自分は自分。自分を一番大切にしてあげないと。譲り合いの精神は大切だけど、自分を削ってまで、摩耗してまで、相手に譲ることは一切ない。


という、至極、当たり前の感覚。


●自分がしなきゃいけないのは、いつだって、自分を第一に考えること。日本ではそれがわがまま、自分勝手、と言われてしまうことが多いのですが、自分以外に自分を大切にしてくれる人なんていないんですよね。


わがままになる、ということではなく、自分の身を削ってまで、自分のテリトリーを相手に明け渡さないということです。


自分の領域は主張する、自分の通り道を主張する。自分の身を削ってまで、相手に譲らない。自分の安全、安心、権利、主張は、自分が一番に守ってあげる。


この当たり前、結構、僕たちは苦手な気がするんですよ、だって子供の頃から、相手に譲り、自分を犠牲にしても、周囲と同調し、相手に優しくし、場を乱さないことが、最大の美徳と教えられてきたじゃないですか。


だから、


●自分を大切に、って聞く割には、自分の身を削っても相手に尽くせ、場を乱すな、という、ものすごい圧力がありません? 「自分を大切に」って、居酒屋のトイレにも貼ってあるので、擦り切れて、もうよくわからない言葉になっていると思うんです。


だって、自分を大切に、って言いながら、自分を大切にすると、わがままだ、他人のことを考えろ、空気を読め、って言われるし。その人が「気遣いの数直線バランス」のどこにいるのかにもよりますが、真ん中の中庸、にたどり着くためには、相手に譲り、自分は二の次になりがちな人ほど、譲りすぎるくせを直さないと、疲れて切ってしまうし、ひどいと、その優しさ(という歪んだ価値観がベースにある幻想なんですが)につけこんで来る人間も出てきます。

それは、あなたが優しいとか、いい人だから、と綺麗にまとめることもできますが、言い方を変えると、


●自分を大切にできない、自分を自分で守ってあげられない人だということ。


特に日本人を長くやっていると、その中でも、心理学やスピリチュアルを学ぼうと思った背景がある方は、他人に気を使いすぎしてしまう、自分に自信がないので、いつも他人優位になってしまう、他人の目が気になる、そんな悩みを抱えた人が多いと思うんですね。


残念ながら、僕も含め、親や周囲の顔色を伺いながら生きてきた人は、そういう傾向にあります。その時は、そうするしか生きる道がなかったから。仕方ない。


でも、今は違う。あなたが一番大切にしなきゃいけないのは、親ではないです。配偶者でもない。自分です。
I come first. です。 だから今から、ちょっとずつ、自分の守るべき領域を削ってまで他の誰か(それが家族であっても)に譲り与えるのはやめてみてください。

ちなみに、相手に悪気がない、で、許すのもやめましょう。


相手に悪気がない、と判断するのは、あなたの怒りを建設的な方向に向けるのには役立ちますが、相手に悪気がないから、あなたの領域に侵入していいわけではありません。


むしろ悪気がない分、逆にタチが悪いこともあります。


悪気がないから、あなたの尊厳、精神的なテリトリーに踏み込むことが許されるわけではありません。


英語だと、バウンダリー(境界線) というのですが、 こちらの領域に踏み込ませない、というテクニック、に通じます。このバウンダリーはまたご紹介しますね。


日本がいい、というつもりはないし、日本の譲り合いの精神が素晴らしい、とのたまうつもりもありません。文化の違いもあるだろうし、今回のテーマはそこじゃない。


日本でも同じこと。
あなたの領域、通り道、に踏み込んで来るやつに、あなたが道を譲る必要はないんです。あなたの領域、あなたという存在は、あなたしか守れません。


踏み込んできたやつを、殴ったり、怒鳴ったりする必要はありません。

ただ、譲らず、ぶつかってきても静かに跳ね返せばいい。相手に、踏み込ませないでください。あなたの領域に踏み込ませない。そう決めてください。


あなたが身を削って相手のために譲るのは、それであなたが苦しくなるのなら、美しくもなんともない。

あなたを尊重しない人間を、あなたの領域に入れないでください。そう決めるだけで、相手はあなたのテリトリーに踏み込みづらくなりますし、踏み込んできても、あなたの決心が、その相手を跳ね飛ばします。


え?引き寄せの法則? あなたの内面は鏡で、だからそんな意地悪な人を引き寄せてしまうんだ、内面を整えろ?

いやいや、「自分を後にして相手に譲ってもいい。それはよいことだ」というおもいこみが、まさに引き寄せの元になっていて、それをぶちこわすために自分を守ることからはじめるんです。


そして、なんでもかんでも引き寄せ引き寄せ、自分原因にしないこと。全てが自分原因で考えると、押しつぶされますよ。もっとシンプルにしましょう。


●嫌な奴に、ニコニコする必要はない
●あなたの領域は自分で守る


相手が肉体的、精神的にあなたのテリトリーに侵入してくるのを拒否しなきゃだめなんですよ。


静かに、でも断固として、相手に侵入させない。


物理的に、僕は鍛えてますし、コアもあるので、ぶつかってきた相手は跳ね返されてしまいます。でもそれは、僕が、自分の領域は譲らない、と決めて歩いているから。

今までは

●ぼーっとして歩いてきたから
●侵入を許さないと決めないで歩いてきたから
●相手の動きに翻弄されてきたから


いつもよけてあげて、相手にどんどんつけ込まれて、自分は疲れてしまっていたわけです。

●相手に優しくするということは、あなたの身を削ることではありません。


なお、相手を跳ね返すのには、渦を使ったグラウンディングが非常に効果的で、「気」の使い方、意識の向け方で、そもそも、そういう相手が近づいてこなくなることもわかってきたのですが、これの後日談はまた改めて、


●バウンダリー と ●グラウンディング の話をまた書きます。


1 自分を大切にする感覚
2 相手に侵入させないエネルギーの強さ

、、、、、

これらはまずは身体がら脳が資本ですから、鉄、ビタミンB群、アミノ酸に亜鉛の栄養素でつくられます。腸内環境も気をつけてください。腸内が整うだけで、吸収ものよくなって、心がぶれやくなりますから。(栄養ボディ療法にある通りです)
supplement.reiki-de-kirei.com/coda/

もう半分は心理療法、メンタル面のアプローチでつくられるわけですが、

一人でできて
難しいテクニックがいらなくて
改善に導いてくれる


のに役立つのが、「気」のワークです。詳しくは本編のブログ後半を参考にしてください。

www.shotablog.com/article/454047239.html

 

あなたを尊重しない人にまで、あなたが気を使ってはいけません。
あなたが一番大切にしなきゃいけない人は、あなたです。

You Come First!

 

 

 

 

 

 


 

本当に好転反応はあるのか? どう起こるのか?


●好転反応

って、結局本当にあるんでしょうか、ないんでしょうか。
好転反応とは、東洋医療の考え方なのですが、要は毒出し。デトックス反応です。

良くなっていく過程で悪いものが出るため、一時的に不調になることを指します。(なお栄養療法では、好転反応は起こりません。サプリメントは食品ですし、栄養療法的アプローチ、食事を改善して栄養を補うことは、浄化や毒出しとは全く違うアプローチだからです)


気の流れ(エネルギー)が整う、意識の変革、気づきによる解放など、
心と環境が次のステップへとレベルアップする時に、好転反応が起こることが多いです。


レイキでも好転反応については説明します。様々な形で現れてくるので、好転反応かどうかの見極めも大切になります。橋本はある時期から好転反応という言葉を使うのをあえて避けてきました。なんでも好転反応だと言って、好転反応のせいにして、セラピストが逃げてしまう風潮が大きくなっていたからです。それで好転反応がすごく怖がる人も出てきました。


東洋系やスピリチュアル系では、なんでもかんでも、不調がおこると好転反応、猫も杓子も好転反応、好転反応だから我慢しましょう、好転反応なのでこの後よくなります。そんな無責任な発言をする方も多く、そのせいで実際に体調を崩し、治療が遅れたケースを聞くこともありました。何でもかんでも好転反応で済ませようとするのは無責任です。


じゃあ好転反応って、あるのかないのか。


あります。いろんな出方があります。好転反応かどうか、の見極めですが、

1 出す症状が出ている
2 症状が辛すぎない

の2点がポイントです。症状自体が非常に苦しい場合は、好転反応ではなくたんに体調を崩しているだけの可能性が高いので、然るべき医療行為を受けてください。

精神面での飛躍や、状況が良くなっていく、まさに好転していく上で出てくる身体に起きる好転反応について、今日はよくある好転反応をご紹介します。


それは、

鼻水(膿が混ざる)
せき(膿のあるたんが混ざる)
下痢(痛みはないことが多い)

の3点で、これらは順に起こります。長いと一ヶ月くらいでしょうか。
ちょうど体の上から下へと抜けていく感じで、鼻、せき、お腹、と順次反応があることが多いです。

鼻水と咳には膿が混ざることが多く、鼻をかむと黄緑色、痰を吐くとやはり黄緑色で膿が混ざっています。蓄膿症の症状が出た、ということではなく、本当に膿出し、が起こるんですよね。


橋本もなんども経験がありますが、鼻をかんだ時など、びっくりするくらい、どろ、っと膿が出てくることがあります。精神面での変化、環境の変化、飛躍の前や後に、こういうことが起こることが多く、面白いのは変化が起きる前に、好転反応が先に来ることが少なくないということです。


いずれも、好転反応かどうかのポイントは、症状が辛くない、ということです。少しぼーっとしている、軽い風邪のようなだるさはある、程度の、日常生活に差し支えない形で、表出してくるのが好転反応です。(なお、好転反応についてのさらに詳しい説明は、橋本式レイキのベーシックに記述してあります。http://www.reiki-de-kirei.com/reiki/guide.html#reiki4

 

 

先月はハンガリーを中心に、ヨーロッパを回っていたのですが、その間、最初は鼻水から始まり、痰がからむ咳、そして下痢と、一通り、久しぶりに好転反応だなぁ、という状態が、3週間ほど続きました。辛くないけど、鼻水、咳に、膿はでる。という感じで。

この時、鼻水や痰は、すすったり飲み込んだりはしないで、必ず出す、出し切ることが大切です。せっかく、鼻水や膿や痰になって、体の外へ排出しようと身体が頑張ってくれている訳ですから、それを体の中へ戻してはいけません。

 

なので、ず~~~~~っとティッシュが手放せませんでした。(ヨーロッパのポケットティッシュって、日本でいう紙ナプキンのような、とても硬いやつしかないんですよねぇ。)

加えて、そんなに頻繁に起こるものでもないので、単純に体調を崩しやすい人は、栄養面に問題があることも疑ってください。橋本も、スピリチュアルのみ取り組んでいた時は、体調を崩すことが多く、全て好転反応なんだ、と思っていた時期がありましたが、コーダサプリメントで扱うビタミンとミネラルをしっかり摂取し、高タンパク、低糖質で、心を安定させる食事とサプリメンテーションを実践するようになってから、風邪や下痢などの体調面もすっかりよくなりました。単純に、栄養不足で免疫力が下がっていただけだったんですね。


ですから、全てを好転反応だと思うと思考停止して、他の原因がわからなくなります。単純に栄養不足で、湿疹や倦怠感が出ているのに、そうとは知らずに好転反応だという説明を信じて、東洋的なアプローチしかしない人も多いのですが、それは問題の根本から目を背けているのと同じです。

ここでもやはり、栄養という、体の基礎ができていることが大切になります。気などのエネルギーワークは、栄養を整えながら取り組んでこそ、効果が発揮されます。


特にレイキをはじめとする気のワークでは、感情の安定や、感情のしこりの解放など、効果がわかりやすいながらも、好転反応は穏やかに出て来るのが一般的です。橋本式レイキのセルフヒーリングでも、気だるさや、鼻水などの症状が出た後に、体調、心の状態、あるいは現実の状況が変化していくことが多いです。

栄養療法を開始して、身体と心に手応えを感じ始めた方の次のステップとして、


レイキのセルフヒーリングに興味がある方は、まずは、セルフヒーリングシリーズのCDで取り組んでみてください。初心者の方には、短いセットの2分30秒メンタルセルフヒーリングがオススメです。 レイキを習得していない方でも、ピアノレイキ音源で気の流れを活性化し、セルフヒーリングを体感していただけます。

shotashop.com/?pid=30105174

 

 

========================
感想はこのメールにお返事ください。
いつも大きな励み、糧になっています。
橋本翔太が必ず読ませていただきます。 お待ちしております^^

発行者 株式会社nemoffice
お問い合わせ http://www.reiki-de-kirei.com/info/contact.html
各公式サイト案内 http://pianosh.com/
=================================================
このメルマガ(広告なし)をぜひお友達にもおススメしてください。登録・解除は以下へhttp://www.reiki-de-kirei.com/profile/melmaga.html


栄養以外の身体のアプローチ 浄化。ホーリースプリングプール

IMG_9435

栄養の記事からずれます。


色々自分でも体験してきましたが、やっぱりエネルギー、気の流れって、あります。

身体の栄養が足りなくなると、当然、生き物個体ときたのエネルギー、気の流れも滞りますし、

 

単純に、毎日を生きてると、外部から負のエネルギーを浴びることって、やっぱりりどうしてもあるんですよね。

仏陀のように、怒りなど、全く他人の影響を受けないようになれればいいのですが、凡人はなかなかそうはいきません。

 

何か対処していかないと。


拙著にも書いてますが、

寝る前には、シャワーなりお風呂なり、入りましょう。疲れていても。むしろ疲れている時ほど、シャワーで洗い流すのが大切。それが身体だけではなくエネルギーの、浄化になるので。


イライラするとき、落ち込んでいるとき、気持ちが晴れない時も、栄養以外の身体のアプローチとして、水(お湯)を浴びる、ということをしてみてください。

落ち込んでいるときなんかはとくに、シャワーなんて浴びる元気がないから、こまってるわけで、それはよくわかります。


それでも、えいやっと、浴びるのです。そうしたら、断然ラクになるから。


神社の手水
イスラム教のウドゥ
滝行
そして以下のホーリースプリング、

全部、身を清める浄化であり、ネガティヴなエネルギーも水が流してくれるんです。

それを日常でも取り入れるのは、単純にシャワー、入浴で良いんです。

ムスリムの友人も、ストレスによるイライラ、不安や悲しみを感じてる時で、祈る時間や気力がないときは、ウドゥ(水で身を清める一連の手順)を行うそうです。

、、、、、


この前、バリに行った時の禊の様子。

.albumtemp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーリースプリングウォーターテンプルという、バリはウブドにある、お寺で、禊をしてきました。

水はすごく冷たく、入るのは勇気がいります。神聖な場所なんですが、理解のない観光客が土足で水に入ってきたりしてるのはとても残念。


実際に中に入ってるのはバリ人が多く、僕も友人の手引きがなければはいれませんでした。


男性も女性もサロンをまといます。あらかじめ然るべき格好できている地元の人も多くいます。


この湧き水を左から右へと、順に浴びていくのですが、

.albumtemp

面白いのは、途中二箇所、陰の場所があって、生きてる人間はそこで祈ったり水を浴びてはいけないです。

死体を清める場所なんです。


特に目印もなく、突然その二箇所の場所があるのですが、何も知らずに僕はそこで水を浴びようとして、隣にいた地元の女性に

Stoooooop!!!!

と、止められました、彼女が止めてくれたおかげで謝って隠の場所で水をあびたり、祈ることなく住むことができました。


本当に大きな声で止めてくれたので、絶対やっちゃいけない行為だったんだと思います。

とにかく、心が不調なときは、シャワーを浴びてください。

また、ただあびるのではなく、水がネガティヴなエネルギーを洗い流してくれてるイメージも大切です。本当に気持ちが整ってくるから不思議。でも、これだけ各地で儀式としておこなわれているわけだから、当然のことなのかもしれない。

寝る前にシャワーや入浴で一日あびたエネルギーを洗い流すこともとても大切です。水で流さずにそのままねてしまうと、疲れも抜けません。

 

栄養以外なも身体からアプローチできるメンタルサポートって沢山あります。

 


銀歯がある人、要チェック! 心の不調は銀歯かも 重金属の蓄積、重金属除去の前に。副腎疲労・アドレナルファティーグ

栄養療法をやっていると、重金属の除去を提案されることがあります。
 
 
橋本翔太自身の経験では、まずは、栄養と食事をしっかりとることから初めて、そのうちに重金属が流れていくこともあるので、その上で調子が改善しない時に、検査をする形でもいいと思っています。
 
心の回復の基本は、
 
1糖質制限と高たんぱく質の食事と血糖値の安定
2サプリメントで心の栄養素をしっかり補充
3腸内フローラの改善
 
の3点です。
 
 
ただし、一点だけ。
 
歯の治療で、銀歯がある方。しかも、昔治療して、しばらく詰め物を変えていない方は、詰め物を、変えましょう。
 
 
歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメしています。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、レジンなどの白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。見た目もいいですし、それで心の不調の原因が取れるかもしれません。
 
なお、そのプラスチック素材の詰め物は、セラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。こちらから聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(保険治療外で6万円~くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。
 
 
重金属の蓄積、重金属の除去がきになる方は、まずはお口の中をチェックです。
 
 
 
 
 
 

 


マルチビタミンは効くのか? 重金属の除去は? カンジダ除菌は? 検査が高いし治療も高い。栄養療法の基本とは。

 
 
 
_____
 
ご質問をいただきました。とても大切な話なので、シェアさせてください。
 
 
大阪府大阪市 T様 30代女性
 
こんにちは。今コーダサプリのアミノ酸を購入して待っているのですが、私は今統合医療内科というところに行っていて検査を20万ぐらいで色々受けたのですがカンジダ除菌や重金属の蓄積のための治療などを勧められています。

ですがその病院は血液検査はあまり重視してなく鉄なども調べなかったりしています。一応マルチビタミンと亜鉛は処方されているのですが、私は自分で色々調べたりして絶対鉄やビタミンB群やタンパク質も不足しているからこんなにしんどいと思ってこちらで購入させてもらいました。

カンジダ除菌や重金属の排出等もお金がけっこうかかる感じなのですが、サプリだけで体調不良が改善するのは難しいと思いますか?>_<  その病院の医師が鉄やタンパク質、ビタミンB等をあまり重要視してる感じや処方しないので不信感があります。今はH社というところのマルチビタミンと亜鉛等を飲んでいるのですがそこまで改善されている感じはありません>_<
 
同じような検査もされた橋本様に1度質問してみたくメールさせていただきました。長々と文章失礼しました。
 
 
 
 
_________
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。ご質問ありがとうございます。一患者として、闘病してきた経験から、お話しますね。
 
 
まず、マルチビタミンなんですが、栄養療法において、特にメンタル面の改善においては、ほぼ、役に立たないと思ってください。コーダサプリメントも、あえてマルチビタミンは作っていません。
 
 
なぜかというと、一粒の中に、複数の栄養素を入れるということは、それだけ、各栄養素の絶対容量が減る、ということです。
 
うつやパニックなどの心の回復や、無気力、不安、イライラ、不眠の改善、さらにやる気アップ、や感情の安定のためには、圧倒的な量のビタミンが必要です。しかも優先順位があります。
 
例えば、ビタミンEやAは、摂取できればそれに越したことはないですが、心の回復の視点で考えると、
 
ビタミンB
ビタミンD
 
に比べるて、優先順位はグン、と下がります。ビタミンB群は心の回復にはダントツの一位です。
 
 
 
加えて、
 
ヘム鉄
亜鉛、
アミノ酸も非常に大切なわけですが、
 
マルチミネラルのサプリメントで考えると、カルシウムなどの、メンタル回復においては、優先順位の低いものが含まれるために、心のための必須のミネラルの絶対量が足りなくなります。アミノ酸も、スポーツに特化したものではなく、心の回復のために、各種アミノ酸を調整したものが、コーダサプリメントです。これは、全て、私の闘病から培ったものです。病院の先生は、患者ではないですし、心の回復の過程をくぐってきた訳ではないので、治療方針に納得ができないことが多々あり、それがコーダサプリメントや栄養ボディ療法の制作へと繋がりました。
 
 
さて、
 
マルチビタミンを、例えば必要なビタミンBが満たされる量まで、大量に摂取できれば問題ないのですが、そうすると、結果的にコストが高くなります。なぜなら、マルチビタミンの方が、制作費がかかるからです。制作費がかかるということは、必須のビタミン量に対して、値段が高くなるということです。 組み合わせられる素材も限られますから、しっかりした質のものが入っているとは限りません。
 
マルチビタミンは、各種ビタミンを揃えるよりも、一本で安く済む気がしますが、結果的に、改善にはほど遠い、薄まった容量を高い値段で摂取することになります。
 
一見手軽で面倒のなさそうなマルチビタミンなんですが、栄養療法の観点からだと、圧倒的に不利なんです。面倒でも、単体のサプリメントを根気強く摂取しないと、時間とお金の無駄になってしまいます。
 
_______
 
さて、重金属とカンジダ菌ですが、こちらも、優先順位としては後半に当たると橋本は考えます。糖質制限と高たんぱく質の食事、そして充分な量のサプリメント、腸内フローラ改善とそのためのサプリメント摂取を続けたあとで、それがしっかり習慣化した後に、体調の様子をみて、必要であれば取り組んでも充分間に合います。食事やサプリメントのおかげで、結果的に重金属が排出され、カンジダ菌も改善した方も多いんです。
 
 
橋本翔太も重金属の除去を経験したことがありますが、結果的には、腸内フローラの改善と、高タンパク、糖質制限、サプリメントの活用で改善していきました。個人差があるので一概には言えませんが、個人的には、何よりも大切なのは、食事と栄養素、腸のバランスを整えることです。
 
 
(ただし、歯の治療の際に、銀歯にした方で、心の不調がある方は、詰め物の変更をオススメします。それが重金属の蓄積の原因になっている場合があるからです。特に昔に治療した歯は要注意。(アマルガムという素材が一番問題です。)今は保険治療で、白いプラスチック素材の詰め物を入れてもらえます。なお、その保険のきくプラスチック素材だと、セラミックや金の詰め物と比べて儲からないので、プラスチックでの詰め物を嫌がる歯医者も多いです。聞かないとそういう治療を教えてくれない、やたらとセラミックを勧めてくる(セラミックは保険外治療で6万円〜くらいします)、そういう歯医者さんは、やめましょう。)
 
 
カンジダ除菌に関しては、どこかで行っても良いと思いますが、それも、サプリメントと糖質制限の後、まずはある程度心が回復してきてからでも良いと思います。カンジダの餌になる、糖質をカットする糖質制限と、腸内フローラの改善で、かなり状態がよくなる人も多く、治ったという人もいるようです。
 
 
栄養療法が広がるにつれて、いろんな意見のドクターが出てきていますが、どう考えても、利益主義のドクターもいるように私には見えてしまいます。ドクター自身が、心の病で苦しんでいるわけではないので、患者の本当の苦しみや、経済面での苦慮についてまで、全く想像ができず、患者さんの不調に漬け込んで、保険外の検査や治療をどんどん勧めてくるドクターがいるのはとても残念です。患者としては、藁をもすがる思いで必死で取り組んでいるのに。
 
 
私の回復の過程から言えることは、とにかく、基本を続けること。
 
 
1糖質制限と高タンパク質の食事
2心の回復に必須のビタミンとミネラルの、しっかりとした量の摂取
3腸内フローラへのアプローチ
 
 
この3点、特に栄養素の摂取ですね、これは最優先、かつ必須事項です。コーダサプリメントで作っているサプリメントは、心の回復のための、最優先ビタミンとミネラルなので、参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
橋本翔太
 
supply.jpg

 


糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。

糖質制限や、心のための栄養療法中に起こる、便秘の解消法について。心のための油とは。
 
 
ご質問いただきましたので、ご紹介させてください。
 
 
 
______
 
神奈川県足柄下郡 Y様
 
 
コーダサプリメントのビタミンB郡複合、ヘム鉄ジェントル、心のニュートリショナル亜鉛、心のアミノ酸を定期購入させていただいています。

飲んでいるのは20歳の息子なのですが、便秘になることが増えたので、鉄サプリが原因?かと思いまして一度や
めてみたら、良くなったというのでまた再開しましたが、また便秘気味になるようなのです。

鉄サプリが原因なのか、たまたまなのかよく解らないのですが、鉄サプリで便秘になることはありますか? 又、その場合解消方法はありますでしょうか?
 

乳酸菌はサプリで摂っています。宜しくお願い致します。
 
 
____
 
 
橋本翔太回答
 
 
こんにちは、橋本翔太です。当方のサプリメントのご活用ありがとうございます。
息子さんにご活用いただいているということで、早速お答えしますね。
 
ヘム鉄ジェントルのコーダサプリメントですが、便秘の原因になることはないのですが、
その解消法をご提案いたしますね。
 
 
まず、乳酸菌サプリメントの摂取はぜひ続けていただきたいのですが、その際、コーダサプリメントの「心とメンタルの腸内フローラサプリメント」をを推薦させてください。
 
 
橋本も一般の乳酸菌サプリメントや、栄養療法病院でのの超高額、腸内サプリメントを試してきましたが、それらの市販の乳酸菌サプリメントは効果がよくわからず、また病院処方のサプリメントではとてもではないですが価格的に継続できるものではありませんでした。
 
しっかり効果の出て、続けやすい価格で、かつ日本人の腸に合ったものを作ろうと研究を続けた結果、長野県で特許をとった菌を見つけました。そ子から腸内フローラ活性のサプリメントが誕生します。日本人のための、「心の回復に特化した」、腸内フローラサプリメントです。
 
 
腸内のバランスが整うまでにはある程度時間がかかるのと、サプリメントなどの栄養素の吸収が圧倒的によくなるため、掛け算でサプリメントの効果が上がり、心の回復や無気力やだるさの改善が進みます。
 
 
また、腸内環境とメンタルの関係は特に最近の栄養療法では、取り組むべき項目として必須になってきていますので、腸内フローラサプリメントはとても大切です。
 
 
 
 
さて、肝心の便秘の解消なのですが、油分が足りないと思われます。
日本人は油を避ける傾向にあるのですが、メンタルの活性化においても、油の摂取はとても大切です。脳は油の中に浮いているので、普段からどんな油を摂取するか、がとても大切です。
 
 
1 バターを多めに食べる
2 ココナッツオイル(もしくは亜麻仁油)をコーヒーなどに混ぜて(もしくは直接)食べる
3 調理する際に、オリーブオイルを多めに使用する
 
 
まずはこの3点を試してみましょう。(サラダ油を含め他の油は避けてください)
 
 
 
さらに、上記の油よりも圧倒的に上質で、体の脂肪として蓄積せず、かつメンタルの活性化(脳のエネルギー源に即なります)につながる、直接、ティースプーンで飲みたい油があります。摂取の仕方も含めて、詳しくは以下のビデオ講座で紹介していますので、参考にいただけたら幸いです。
 
 
この油で、その日には便秘が改善します。ただし、分量調整が時に難しく、時にお腹が緩くなりすぎる場合もあるので、その対策もご紹介しています。
 
 
 
 
橋本翔太
 
 
______
 
 
しつこいようですが、心のためのアプローチ、引き寄せの法則から、心理メソッド、スピリチュアル全般や認知療法に到るまで、体と脳の状態が整っていないと、効果が出ません。これは橋本翔太自身が体験済みです。
 
 
いくら、波動をよくしよう、気分よくなるように努力しようとしても、栄養が足りていないと、また血糖値が安定していないと、いくら頭で努力しても体が言うことを聞いてくれないのです。
 
 
生理前の落ち込みをコントールできなかったり、眠気が気合いではどうにもならなかったり、高熱がある時にはネガティヴになるの同じです。願望実現のためのメソッドも、体に栄養が満ちていないと、いくらメンタルや波動のアプローチをしても効果が出ません。波動も自動的に下がります。
 
 
そして、その効果をしっかり体感いただくために、ぜひ、コーダサプリメントを活用してください。
これで本当に脳と心が変わり、心の問題が改善し、人生がよくなっていきます。
 
 
 
 
supply.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

 


朝ごはん糖質制限でうつ改善。糖質食べたいならその後はウォーキングで血糖安定を

糖質制限 卵

糖質制限 卵

糖質制限が基本になってから、朝ごはんは卵。温泉卵にして、最近は7個食べてます。


何もここまでしなくてもいいですが、糖質制限で、心の調子が良くなるのは僕の身体を通して、クライアントさんを通して実証済みです。

シカゴのウォルマートで、卵60個で4.5ドル!!

 

490円くらいです。

日本なら10個入り二パックで500円弱なのに!!!

日本でも売って欲しい。

なお、心のために糖質制限をしている方で、どうしても甘いものが食べたい、あるいはラーメンがやめられない、そんな人は、

食べてすぐに、ウォーキングなどで体を動かしてください。

糖質が血糖に影響を与えるまえに、さっさと燃やしてしまうのが、ポイント。

橋本も、トレーニング前、中、後は、糖質とっています。

 

E195FD4A-9473-4A4D-9443-4676029CA66A(シカゴのジムにて)

でも、ここまで回復したのも、かなり厳しく糖質制限した時期があったからこそなんですけどね。

糖質制限は、数年取り組むと、心の不調が改善してきて、多少糖質を食べても平気になってきますよ。

特にサプリメントを取り続けることで、かつ、腸のバランスを整えていくことで、体質が改善されるからです。

栄養療法のサイトご覧ください。

supplement.reiki-de-kirei.com/